スレ131より

7 :名無しさん@HOME:2008/11/21(金) 10:20:11 0
バブルの頃wwwwに別れた元夫から実家経由でロミオめいた手紙が来た。

別れた経緯は
バブルに浮かれたご時世、収入激増、ボクチャンすごい!キャッホー!!
女の子にもモテモテ、ケコーン早まったか。
若い女の子に出会う、うわ、理想!
この子にする!!古いの(私)はもういらない。
お金あげるから出て行って。

これが結婚してから1年目~2年目に起こりました。
当時はきつかったけど、その後、私は再婚して子供も生まれて
もう、「あんな時代もあったのね・・・」だったのですが・・・。

手紙の内容はトメさんだった方が入院されていて、
私に会いたがっているので見舞いに来てくれないだろうか?
と言う内容でした。
お見舞いに行くのはやぶさかではないのですが、結びの文章
「お互い、大人になり(当時奴は30過ぎていた)これからの人生を見つめなおして、
過ちを訂正してもいい頃ではないでしょうか?」
当時、妊娠したプリンちゃんに私がなんかする、と妄想に駆られて
今で言う『接近禁止』みたいな条項(ストーカーという言葉さえ一般的でなかった)を
弁護士さんに言って、強引に盛り込んだのはそっちでないですか?
その直後にバブルがはじけたけど、私の知ったことじゃない。
奴の職種は建設業。

8 :名無しさん@HOME:2008/11/21(金) 10:20:31 0

念のため、と奴の従兄弟に連絡取った。
彼が私の大学の先輩で、紹介者だった。
今でも、同じ職種なので(病院は別)、
消息(と言うか、お互い勤務先が変わっていない)は知っている。
で、聞いたのは、元姑さんが入院しているのは本当。
しかし、彼のその次のせりふで目玉ポーン
「ロメオ元夫、数年前にまた離婚、子供と嫁さん出て行かれて弱ってる。
仕事も、バブル後転々、今は夜のお仕事(詳細不明)。
私さんも、これから年取るし、一人で生きて行くのはしんどいし、
一回会って、もう一度旧交を暖めたらどうか、と思ったんだけど・・・」
ロメオが勘違いしたんはお前が原因か!!
私は10数年前に再婚して、子供もいる。
お見舞いには行くけど、ロメオにへんなことを吹き込むな、と釘をさした。
「え、だって苗字変わってない・・・・」
私の旧姓は日本でもベスト5に入っている。
たまたま、夫も同じ苗字だっただけ。

9 :名無しさん@HOME:2008/11/21(金) 10:21:16 0

後日、元姑さんのお見舞いにいった。
ちょっとまだらボケが入っているみたいで、私とプリンちゃんがごっちゃになってる。
「私も心細いから、戻ってきて・・・・」
イヤ、無理ですから。
でも、適当に話をあわせていたら、元夫登場。
帰ろうとすると、『話がある』と。
誤解していたことを謝ってくれるのか、と思ったら、
「お袋もああいってるし、つまらん見栄(再婚のことか?)をはらずに、素直に復縁に応じてはどうか?」
と持ち出された。
再び、目玉ポーン!
「寝言は寝て言え!」を実際に言う日が来るとは思わなかった。
このアホに10数年連れ添ったプリンちゃんに感心したよ。
早々に別れる理由を作ってくれた事に、初めて感謝した。

先輩に連絡を取り、『お前の従兄弟のアホに二度と近づくなと伝えろ!』と
びしょぬれのオブラートに包んで伝えて
(場合によってはお前ともども法的手段に訴えるぞ、とも)
自分のラッキーをしみじみと味わいました。