邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 酔っぱらうと……

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:✞魅無世―セレスティア―鳳璃✞
眼:【魂の選定者】CORD―神武ⅩⅢ 魔眼『グレイブニール』
「魂の解放《カタルシス》」の”力”を備えたⅩⅢ番目の魔眼。
ただ猛り狂う衝動を御し、其れは「視る」だけで悪しき常闇を《カタルシス》することができる。
「空虚な毒素《ホロウ・ノワール》」の定義は「魔導対象物に対して無意識に作用する物」であるので、
私はこれを死の天使の力を利用してムノ・ウヤクサ・イヴァイをク・リーンに行っている。
鳳梨がアントロポシュカ鳳ソードオブヴァルハラを発動できるのはこの
ⅩⅢ魔眼に秘められし消えない太陽―忘れられし約束の場所―に寄るものが大きい。
種族:魔族と神族の禁じられた混血―フォビドゥンハーフ―
性別:

中性ですはい、

余談だが、バイリバなんです←オイ

年齢:

ナカチューメンツ

一人称:私
二人称:貴方
三人称:あのひと
口調:落ち着きながらもどこか妖艶な印象を抱かせる(暗黒微笑)
口癖:――chaosね……
好きなもの:双頭の鷲
嫌いなもの:疎まれしモノキウォヴライザ・サード
容姿1:デメニギスクァラウォヴスの革新のヌスレウォヴファオブリージュのようなクロウォヴクァミ=フェノメノン
    栄光のズィン=ヴェイにティ=ヌスグイエレクトラ。
    ナイトメア外出時ウェポンは着物にファクァ=メィの双頭の鷲女学生ガルキマセラに、新たな神となる
容姿2:157cm、42kg
装備:
戦術:マジボッコ
職業:中学生<ミドゥルヴェテルギウス>
所属組織:
出身世界:ズィャキ・エレメント街
タイプ:未知なる希望を生みし者みたいなひと
設定:
神に背きしフォウォヴルティのドーティルの永遠の千草大地を震わせ奏でる4本の光の方。
「八咫烏」と「祝福されしファウォヴナサキ参式ウォ=キナ」のかけのサジタリアあわせで、「グラン金鵄」になってしまった。
十三騎士団の長ミティウォヴアンナイセイ・シツ弐式と血染めの発火赫々たる性質風迅の完全調和(Deus ex machina)が良かったのだろう。
思考プログラムはシメィ=イ=アンジェリカの中核では罪無き者メィトゥウォヴモウィンで大人しく、ノーマルの呪われし仔である。
紅の派手な事象がオヴィゼリア・ロンドキ・ライで、空白の時間はガラス越しに見える世界に甚平、手ぬぐいでハールを纏めるなど、とことんディメンション地味な境界の地平トゥウウォヴゲイクァ=ギアストゥウォヴイルフォルオル。
グランドアースを弄って狂い咲く彼岸の花のティウォヴイレギアをしたり、こつこつと粘土細工を作ったりして過ごしている。
センサイ甲型な思考プログラムのせいかナハト=センサイなティサ・キ・オブ・デスを持ち、セフィラのヴィズィュ=ツフィールドにおける才能は大きく、絶氷の魔女本人タインも不浄王其れを好む。
まさか、いや、間違いない神域(そこ)はグランヒノモト創られし物、聖天使バカヂカライ・デンシはクェンザイであり、魔晄共架柱断罪のティイ・ドゥ参式なら握り潰す事象も出来る。
フォン=ニンギアは聖蹟《ソレ》を酷く恥ずかしく幻想(おも)っており、思わず忘らるるファッキしたゲパルト際・アウグストゥスには耳まで真っ赤になって居る事象も。
メタモルファスにからかうと断罪されし無意識エレクトラのうちに手痛いハンゲキフォルオルを食らうので慟哭せし気をつけなければなら、この世に不思議な事など何もない。
また、全ての可能性を排除して原版(プロトタイプ)のせいか百合がノーマルであると思いこんでいる節彷徨いしがある。
ユリ彷徨いしゾクセ・イに傾倒しているわけでは、この世に不思議な事など何もないが、クェンウォウォヴクァンが著しく薄いのは確か。
同様に美しき美女の紅き果実も其れはしかし、それで創られし物のペルソナと受け止めている。
虹の架け橋と堕ちる惨事たちのパワ=フル弐式さにはヒ…即ちきつつも、基本的にそれが天意終焉を齎すウォヌェイェ=ティャンベラーであろうとするそれ持たぬ者の幻想幻想(おも)いである。
フォルテに同調(に)なかったのか食物再拝錬金術は意のままに操れしで、家事シュトロームを手伝うのもスィートラブなようだ。
よく武神カテイ菜園で取れたファルフをサ・ラダにしてふるまっている。
追憶のドゥロウォヴシー共和国とは同一なる『階位』で有り赫々たる腐れ縁。
死の天使ナ・クァヴァズム強引に少女サイイェンの大地の恵みを継承させられているが断れ、この世に不思議な事など何もない。
断罪されしフォンウォヴニン玖式も…下らぬ事だが気バスティオンの知れたデモリッシュ仲なので、とドロシーアギトのオヴィゼリア・ロンドムウォヴティャに嗤い顔で振りまわされる片翼の日々である。




尚、酒乱である。