邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ パメラ・ローゼンクロイツ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:パメラ・ローゼンクロイツ(パメラ・ウィンストン)
眼: 「聖眼・天乃川」
種族: 人間
性別: 女


中の人:七束さん ◆vWcjDfdwqE
年齢:9歳
一人称: パム
二人称: お爺ちゃん・お母さん・お姉ちゃん・お兄ちゃん
口調: 幼女

容姿1:水色を基調としたエプロンドレス
    不思議の国のアリスみたいな感じ
容姿2:119cm 20kg
装備: 銀色のアンクレット・ブレスレット

使用技:本来の眼の能力は「見た物、事象等を具現化する能力」
    しかし、この眼は本来、パメラの物ではなく
    かつての婚約者であったウィンストンの眼を受け継いだものである
    受け継ぐ際、眼自体がパメラの魂によって変質してしまったため
    その能力は「知っている菓子などを0から生み出す能力」へと変わっている

    パメラの手によって生み出された菓子には、
    怪我、病などの治癒効果があり
    ある程度のものならたちどころに治してしまう

職業: 七束学園・特殊学級所属(だが、戦時中のため学校には通っていない)
戦術: 無し

設定:今から数百年前に「清教徒革命」に巻き込まれ、19歳で命を落とした娘
   だが、当時の恋人であった「ウィンストン」に不完全な反魂法により「9歳の頃」の姿と記憶で蘇生され
   それから、ウィンストンと共に、土地を転々としながら生きてきた
   新しい土地に行くたびに、「それまでの記憶」をウィンストンに消されながら

   七束島での戦争により孤児となってしまい
   黒薔薇ベーカリーに保護され、その後、養子となって今を過ごしている

    パメラがつけているアンクレットとブレスレットは延命の為の物で
   もし、これを外してしまった場合、パメラの命はその場で尽きることとなる
   もっとも、パメラの魂と結びついてしまっているが為に、まず外れるものではないのだが

   実は、前々世においては「夜都賀波岐」の娘としてこの世に魂を受けた
   肉体的な面ではなく、魂での「親子」となる
   もちろん、現在においてもその関係は変わってはいない
    だがパメラ本人はそのことを知らないし、
   本人に、夜都賀波岐の口から語られることも無いだろう