邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 第三部

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 時系列は過去へさかのぼり、英雄達が語る大英雄らの『大戦』と呼ばれる物語である。

 大戦の舞台は幾多の異世界。
 異世界と見れば片端から混ぜちゃおうとするおじさん、読書によって強くなる腰羽巨乳、時をかける少女、などなどが黒幕である。

 一方、そんな悪役より多くのスポットを当てられているメインキャラクター達は、主に以下のようなものをめぐって青春時代を過ごしている。
 ――もう1人の自分、エクソシスト、コスプレ強化服、飛空艇、未来人、お稲荷さん、ヤンデレ――

 どういった愉快な生活を送っているのか、例として、13歳にして片手の指では数えきれないほどの子作りに励んでいる人物を挙げてみる。

  家業を継ぐの(というより家庭環境自体)が嫌になって家を飛び出し、某誌のマスコット的作家に就職した少年。
  しかしその本質は、文章より拳で語ることを得意とするコスプレエクソシスト。
  コスプレ服が負のエネルギーで暴走し、嫁達に月まで追いかけられたという経歴を持つ。

  HP、攻撃力、防御力が高く、近距離肉弾戦においてはトップクラスの能力を持つ。
  なんやかんやでもう1人の自分と1つになったことにより、早い段階から物理系スキル『せいけんづき』が使えるようになる。
  一部の敵には命中率が安定しないものの、習得時から終盤まで安定して大ダメージを与えることが可能。
  ボス戦では是非、ステータス上昇スキルと組み合わせて活用していきたい。
  しかし多くの攻略サイトにて、ムドー戦ではゲントの杖を振って回復に徹するのが良いとされる。
   リンドウは こしを ふかく おとし
   まっすぐに あいてを ついた!
   カプランに 1097の ダメージをあたえた!!


 さあ、魔王を脅すなり、寿命を売り払うなり、愛の力に目覚めるなり、悪の科学者の手先になるなりして、君も今日から変身ヒーローだ!