邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ ダブルブリッド

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルブリッド

魔界『幻想界』における、似通った種族の獣人らの交配種。元々獣人自体が神獣と人間のハーフなので、獣人同士のハーフは『 ダブルブリッド(二重雑種) 』と呼ばれる。例としては、ライカンスロープパナウスダブルブリッド 、など。他にも鳥系、竜系、精霊系などの『ダブルブリッド』が存在する。
ダブルブリッド 』は非常に希少種であり、また、幻想界における幻の村『アゼル』に住んでいるため、魔術師はおろか獣人でさえその存在を知るものは少ない。

種族平均強さランク:A~S



外見

  • 人間形態…通常の人間と変わらない。
  • 獣人形態…両親種族の特徴を受け継ぐ。
  • 獣形態 …両親種族のどちらにも変化可能。


身体能力

ダブルブリッド 』は基本的に両親種族の長点のみを引き継ぐので、その能力は種族平均して非常に高い。例えばドラゴン族の平均ランクがS~SSであることと鑑みてもらえればよく分かるだろう。
しかし、致命的な弱点として、不規則周期でただの人間に強制変化してしまうという習性がある。交配種同士の血が争い、互いに打ち消し合ってしまい、残った人間の血が強く押し出されるためだ。

種族的特徴

種族の存在自体が殆ど知られておらず、『 ダブルブリッド 』たちもまた殆ど外部との積極的な交流を行っていない。
ダブルブリッド 』はとどのつまり欠陥持ちの『雑種』であるからして、一般に血筋が尊重される幻想界では『雑種』は嫌われ者なのだ。従って、幻の村『アゼル』に暮らす『 ダブルブリッド 』は、親集落から追放されたか、命を狙われて逃げてきた者ばかりで占められている。
これらの理由をして、『 ダブルブリッド 』は閉鎖的な社会を築き上げるに至っている。
また、団結を高めるための一環として、アゼル村の住人は元々の姓を捨てて須らく「 ダブルブリッド 」の姓を名乗っている。