綾波「今日、碇君に夕食を申し込まれたわ」

ルリ「アキトさんのところで食べるんですね」

有希「・・・(読書中)」

綾波「そう」

ルリ「それだったらとりあえず服は着ていってくださいね」

綾波「碇君はこっちのほうが喜ぶと思うわ」

ルリ「止めてください。アキトさんに変に思われてしまいます」

有希「・・・(読書中)」

綾波「そう・・・」

ルリ「有希姉も準備をしてください」

綾波「ねぇ、包帯はしていった方がいい?」

ルリ「迷惑するのは私の方なんですよ」

有希「・・・(新しい本を手に取る)」

ルリ「有希姉。制服のままでいいので手早くお願いします」

綾波「ねぇルリ、下着を黒で統一してみたのだけれど・・・どうかな」

ルリ「・・・」

有希「・・・(読書中)」

ルリ「あ゛ーーー。きーーーこーえなーいーーー」

綾波・有希「( ゚Д゚ )・・・」

ルリ「こっちみんな」

綾波編


綾波「碇君・・・」

シンジ「綾波じゃないか、あれ?一人だけ?」

綾波「・・・・・・」

シンジ「ど、どうしたの。何か怒ってる?」

綾波「二人は後から来る・・・」

シンジ「そ、そう・・・じゃあとりあえずアキト兄さん呼んでくるから、待ってて」

綾波「・・・」

シンジ「水、いる?」

綾波「・・・」

シンジ「綾波・・・」

綾波「・・・」

シンジ「・・・」

綾波・シンジ「・・・・・・」

シンジ「な、なんか使徒とかこないと話す事がないね」

綾波「私は二人目」

ルリ編


ルリ「あ、アキトさん」

アキト「ルリちゃん?どうしたの一人で」

ルリ「うちの姉達は馬鹿ばっかですから。アキトさんは買い物ですか?」

アキト「ちょっと卵きらしちゃって、シンジに任せてきたけど大丈夫かな」

ルリ「・・・」

アキト「・・・うん?」

ルリ「レイ姉がお邪魔してるので、ちょうどいいかもしれません」

アキト「あー・・・ハハ。ちょうど良かったかもね」

ルリ「(・・・うらやましい)」

アキト「じゃあゆっくり帰ってやるか。弟のためにも」

ルリ「そうですね・・・」

アキト「んっ」

すっと目の前に手が差し出される。
ルリ「あっ・・・・・・。いいんですか?」

アキト「嫌だった?それなら止めるけど」

ルリ「そ、そうじゃありません。急だったので少し驚いただけです」

きゅっと握り返す。アキトさんの手は、私の手よりも随分と暖かかった

ルリ「・・・こんなに気を回すなんて、アキトさんらしくないですね」

アキト「ルリちゃんちょっと照れてる?」

ルリ「姉についてだけです」

有希編


有希「・・・・・・(読書中)」

有希「・・・・・・(読書中)」

有希「・・・・・・(読書中)」

有希「・・・・・・(読書中)」

有希「・・・・・・(顔を上げる)」

ピンポーン。その音に惹かれる様に玄関へ向かう。
有希は分かっていた。
これまでの経過から経た知識によって、姉と一緒に来ない私を気遣い、その人物がここへ来るであろう事を。

別に彼をここまで来させる事に、なんら意味がある訳ではないが、なんだろう。私自身にも分からない不測の思考回路だが、こうしてしまっているのだ、仕方が無い。後で統合思念体に、理解しえる回答の申請でもしようと思っている。

ドアノブを音もなく回し、力をこめるとゆっくりとドアを開いた。

「どうも」

そして、呼び鈴を鳴らした主は、いつものあの紳士的な笑顔をしてそこに立っていた。

古泉「少しお話したい事」
有希「帰って」





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー