有希 「ルリ、その格好ははしたない」
ルリ 「私だってハメを外したいんです」
レイ 「Tシャツに下着……
そう、オトナになったのね。ルリ」
ルリ 「そこ、変な想像をしない」

 


「 肌 Y だ と ! ? も、もももももも問題ない
 全てはシナリオどおりだユイも喜ぶ」

 

 

「…碇、そ れ は 本 当 だ な ?」

 

後日肌Yの老人が保護されたという…

”It's”
恥をかかせおって…orz

 


 

――答えは得た、大丈夫だユイ、俺はこれからも頑張って逝くから


「何気に良い台詞だが、鼻から出た鮮血が品位を落としているぞ?碇」


ゾクッ
「どうした、凛?」
「汚された汚されちゃった…どうしようアーチャーorz」
「凛…」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー