12話 

のび太視点

「ケガは大丈夫かい? 静香ちゃん」
「ええ、大丈夫よ・・・  それより・・・」
静香ちゃんは話を続けた。
「話したいことがあるの。  いいかしら? 」
僕は一瞬戸惑い
「うん、解った。 良いよ」


―――数分後

静香ちゃんは全てを話した。

自分が情報収集の為にマグマ団と少しばかり手を組み
こっそり通信していたこと―――

自分達のすぐ近くに敵が2人居るということ―――

僕なら信頼して話せるということ―――

その敵はアクア団であること―――

「本当にそうなのか! 静香ちゃん! 」

静香は黙ってうなずき
「残念だけど本当よ。 気をつけなければいけないわ」

「えーと、じゃあとりあえず味方にはマグマ団って事でおk?」
「ええそうよ。 あの人たちは味方よ」

「じゃあ出木杉達を止めなきゃ! 」
「その必要は無いわ。 既に作戦は終了している。」

静香がそう言った数分後に出木杉がマツブサを連れて戻ってきた。



「まさか君がこんな事まで考えていたなんて・・・
マツブサが明らかに手を抜いてたからやっと解ったよ・・・」

「ごめんなさい、すこし皆に半信半疑だったから・・・」
静香ちゃんは僕たちに謝った。

「別に気にしないよな? 出木杉?」
出木杉もそれにうなずいている。
「で、とりあえず静香君が考えている僕たちの身近に居た敵は誰だい?」
出木杉が質問する。


「あなた達なら信頼できるから話すわね。 
まずミツル、コレは間違い無いわ。  それともう一人は・・・」


「な・・・まさか・・・本当なのか! 静香ちゃん! まさか・・・まさか・・・」

「あくまで可能性の問題よ・・・でもそれならいろいろと納得できる点があるわ」



――――ドラえもん視点


アクア団の声が聞こえる。

どうやら僕たちを捕獲しに来るみたいだ。

「ドラえもん、どうすんだ? 」
安雄が僕に聞いて来る。

「大丈夫さ、ぬかりは無いよ・・・『かたずけルァッカヮー』」

「さあ、これで安心だ。  さあ、行こうか」

アクア団がこちらに近づいてくる、こちらには気づいて無いようだ。
だが一人のアクア団が近づきこちらを見ている。
そしていきなりラッカーが剥げて行った。

「な・・・コレは『ラッカーおとし』なんで・・・」

そして僕達はアクア団に捕まえられてしまった・・・



のび太視点

「見つけたら捕獲しろォーーーーーッ!」

「まずいな・・・どうやって脱出するのだ?」
出木杉が静香ちゃんに質問する。
「ウフフ、ドラちゃんが残してくれたメタモンでも使いましょう」
出木杉がハッとし
「テレポート・・・か」

そして僕たち4人は海底洞窟から脱出することが出来た。

だが他の皆はどこにいるか解らない―――



――――???
「ドラえもん、まさか君が・・・」
「そうさ・・・そのまさかさ! 君が気づくなんて驚いたよ」

「1ついい事を教えてやるよ。 この世界で死んでも元の世界に強制送還されるだけさ。 
よかったなぁ 皆生きてて 」

「でも、最後の生き残りは1つ好きなことが出来るようになっている! 」

「ドラえもん! 君って言う奴はぁぁぁああぁぁああぁぁぁぁぁぁ! 」―――――



「ハァ・・・ハア・・・・・・夢か・・・」
でも何だったんだ?あの夢は・・・妙にリアルだった・・・
既に体験してあるような・・・あの夢は・・・



まぁ、罠の可能性もあるがいくか。

いやまてよ・・・

「のび太君! 悪いけどパシリに言ってきてよ。」

「なんでだよ、出木杉」

「30円あげるから」

「いいよ任せな!!」

・・・コイツ馬鹿だろ  ※馬鹿です
「とりあえず、フエンタウンまで行って来てくれ」

「何を買うの?」

「それはこの紙に書いておいた。」
僕はパシリにおつかいの紙を渡した。

「どれどれ、『ひぐらしのなく頃に祭カケラ遊び』・・・お前これ・・・」

「大丈夫、予約しておいた。因みにその証明書はフエンタウンにメモを置いておいたから」

「うん、わかったよ。」

のび太は フエンタウンに 高飛び した。


・・・計画通り!!