アカネが最初に出してきたポケモンはピッピ。
自称「かわいいポケモン使い」の名に違わず、妖精ポケモンを使ってきた。

「よし、行け!」
対して、のび太の一番手は新たな仲間のカラカラであった。
どうやら前の持ち主は相当な使い手であったらしい。
昨日の午後辺り、新しい主人への怯えが取れ始めたカラカラはまさに一騎当千の活躍を見せていた。
ちなみに、バトルが大好きだったウパーは少し寂しそうだったが、諦めてトゲピーの相手をしていた。
もちろんウパーを使わなかったわけではないが。

「よし、バトル開始やでぇ!」
ジムリーダー自ら開始宣言を行い、バトルが始まった。
カラカラを見据え、アカネはにんまりとした表情でピッピにこう指示する。
「マジカルリーフ!」
まさかのマジカルリーフ。全く予想もしなかった事態だ。
マーブル色の妖しい光を放つ葉がカラカラへと次々に降り注ぐ。



意表を突かれて慌てるのび太もホネこんぼうを指示するが、ピッピはぐらつかない。
カラカラはマジカルリーフをあと1発耐えるか耐えないかといったところだろう。
現在手持ちで最高レベルなのはウパーだが、マジカルリーフ持ちにウパーをぶつけるなどご法度だ。
草技を受けてウパーが苦しがる様子はコガネへ来る途中で見たが、もう見たくはない。
ウパーが出せないとなると……このままでは…………

そうしている間にもホネこんぼうとマジカルリーフの打ち合いは続いている。
カラカラは2発目のマジカルリーフさえもギリギリで耐え、葉の間をかいくぐってこちらもピッピに2発目の殴打を食らわせた。
しかし、次を耐えることは不可能だ。それくらい、傷だらけで立っているカラカラを見ればのび太にだって分かる。

もう仕方がない。のび太は意を決した。アイツを使うしかないのだ。

もう一度ホネこんぼうを使うこと叶わず、マジカルリーフを浴びて倒れたカラカラをのび太は目を伏せながらボールに戻す。
お前はよく戦ってくれたよ、ありがとう……
だからこそ、負けられない。天は味方してくれるだろうか。

「行けっ! トゲピー!!」



「うわっ、トゲピーやんかあ! ジョウト地方にはおらんやっちゃでぇ~!? かわいいなぁ……」
アカネの言葉を聞きながら、のび太は唇を引いた。対ピッピ、ここが正念場だ。負けられない。
一応ウパーの力を借りながらトゲピーのレベル上げを行ってはいたが、正直言うとここは運が必要だ。

バトルの様子を固唾を呑んで見守るしずかも、事態の深刻さを感じ取っていた。
のび太からものすごい集中力を感じる。自分の好きなことをしているときの、あの集中力だ。
普段なら声のひとつもかけるところが、気迫に圧されて口が開かない。
これが、のび太。これがポケモンへの愛情。しずかはそれを目の当たりにすることになった。

そんな挑戦者たちの状況をよそに、アカネが再び口を開いた。
「……せやけど、勝負は勝負やで。相手がトゲピーかてうちはジムリーダーや。
 ピッピ、眠らせるでぇ! うたう!」
アカネの指示に従い、ピッピは目を閉じ、歌い始めた。なんとも奇妙な歌声がジム内に響く。
「天使のキッス!」
歌声の催眠作用などどこ吹く風、トゲピーは無邪気に歌い手の許へと跳ねていくと、その頬へ口付けした。
突然の出来事、そしてキスに込められた魔力でピッピは混乱してしまった。
ピッピの体力は既にレッドゾーン、自分を攻撃すればそのまま自滅だ。

「あ~、しまった……最後、バクチに出るしかなさそうやな! ピッピ、ゆびをふる!」
アカネが額を押さえながらも最後の指示を出す。
のび太もトゲピーにゆびをふるを指示した。何しろこちらには攻撃できそうな技がこれしかないのである。

チッチッチッ……

二匹のポケモンが同時に指を振る。どうやらピッピは混乱の影響なく安全に技が出せたようである。
ここからは何が起きるか誰にも分からない。
しずかがつばを呑む音が聞こえた。そして一瞬の沈黙……



次の瞬間、バトルステージ全体にものすごい衝撃が加わった。
いったい何がおきたのか。
赤い玉と白い玉がぶつかった―――少なくとものび太にはそう見えた。

やがて、赤い玉―――ピッピが地面に倒れ伏し、その後方で魂が抜かれたように尻餅をついているのは白い針玉、のび太のトゲピーである。
「良かったあ~……あんなに運の悪いぼくが……」
あまりの状況に動けなくなっているトゲピーを直接のび太は抱きかかえに行ったあと、ゆっくりとボールに戻した。
アカネも同様に気を失ったピッピを撫で、声をかけてボールに戻す。彼女の口の端は少しゆがんでいた。


ピッピの出した技は「きあいパンチ」、トゲピーの出した技は「しんそく」であった。
きあいパンチを出す際に高まる気合いとしんそくを使う際の高速の空気の流れが先ほどのような状況を作り出したのだろう。
トゲピーはその幼さゆえにたいていの技を食らえば即戦闘不能であったに違いない。
それでいて出た技は相手に対して確実に先手を取るしんそくであった。

どうやらのび太には幸運の女神が舞い降りたようである。
ちなみに、奇しくもトゲピーの特性は「てんのめぐみ」であった。

のび太はトゲピーを戻し、バトルは仕切りなおしとなる。
「つ、次は負けへんからええもん! ……ミルタンク、出番や!」
ゲームでは誰もがトラウマになったというアカネのトレードマーク、恐怖のポケモンが出現した。
プレイしていないのび太はそんなこと知る由もないが、目には目を、切り札には切り札を、だ。
のび太は腰のモンスターボールに手をかける。
「ウパー、負けるなよ!」



「のび太さん!」
先ほどのバトルの緊張感で震えていたはずのしずかがこちらへ駆け寄ってきた。
「ちょっと耳貸して!」
のび太は首を傾げたがしずかのあまりの剣幕に素直に指示にしたがった。
アカネはそれを見ながらも意に介さない様子でミルタンクがくるくる踊っているのをみて笑っている。相当な余裕だ。

5分後。
「で、もうええんか?」
二人の内緒話が終わったのを見届けると首の間接を鳴らしながらアカネが言う。
のび太はむっとした表情でこう返答した。
「うん、絶対に勝ってやる!」
「勝てるもんなら勝ってみい! ほな行くで!」

「ミルタンク! メロメロや!」
メロメロ……しずちゃんの言ったとおりだ。アカネは♂ポケモンに対して初手で必ずメロメロを使ってくる。
そしてウパーの性別は♂、ミルタンクから発せられる独特の魅力にウパーはフラフラと頭を振っている。
これがメロメロ状態だ。
ウパーはのび太のマッドショットの指示を受け付けることが出来ず、そのままミルタンクの攻撃がめぐってきた。
「まるくなる!」
ミルタンクが体を丸め、その防御力を上昇させる。
(どうしよう……このままじゃあしずちゃんと一緒……)



しずかはアカネが先ほど自分が負かした様子を事細かに話してくれた。
メロメロで相手の攻撃回数を減らし、確実にまるくなるをしたところでミルクのみ、こうして仕込み段階で減らされた体力を回復。
そして威力2倍のころがるで相手の手持ち全てを一気に叩き潰す。
しずかは攻略法を見出せないままでいたが、最後の一言がのび太に勇気を与えてくれた。
「のび太さん、さっきのバトルを見てて思ったわ。
 あなたならやれるはずよ。弱点を見つけられると思うわ……」
本当に弱点など存在するのだろうか……? しかし、見つけられるかどうかに勝負がかかっているだろう。
しずちゃんが見ているし、あんなことまで言ってくれたんだから負けられない。
幸い百貨店でミックスオレを買いだめしておいたおかげで、回復は十分に行える。

のび太の決意に同調するかのようにウパーはメロメロ状態を振り払って今度こそマッドショットを命中させた。
幸運にも急所に当たったにもかかわらず、空しくもそのダメージはミルクのみで回復されてしまう。
アカネの顔が徐々ににやけてくるのが分かる。本当に恐ろしいのはここからだ、といわんばかりに。


メロメロ状態で左右にふらついているウパー目掛けてミルタンクが攻撃態勢をとった。
「ミルタンク、行くでぇ! ころがるや!!」
ついに出た!
ピンクと黒のツートンカラー、巨大な車輪と化したミルタンクがウパーを襲う。
しかしまだまだダメージは小さい。ウパーはほぼ無傷で立ち上がった。
ころがるは岩タイプの技。タイプ不一致で効果イマイチとあればダメージの小ささは当然である。
起き上がりざまに打ったマッドショットは見事にミルタンクに命中し、体力をわずかに削った。



「おお、なかなか打たれづよいんやな、あんたのウパー。まあ、ここからはそんなことも言っとれへんけどな!
 ミルタンク! そのままころがり続けるんや!」
しかし、ミルタンクはぬかるみに嵌まって動きが鈍っている。そこに今度はどろばくだんが飛んできた。
……ぬかるみ?
「しまった! マッドショットや! アレで素早さが下がったんやな! 追加効果……忘れとったわ。
 まあ構へん、そのままころがる!」
このままころがるを受け続ければ確実に負ける。ウパーとの約束を破ってしまう。
しかし、追加効果といえば……そうか、それが弱点だ!
逆上がりは苦手だけど、ひらめきに関しては天才的なのび太の頭脳がミルタンクの弱点を見定めた。
しずちゃんの二の舞にはならなくて済みそうだ。
しかし、これではウパーに負担が……

そんなのび太をよそに、ぬかるみから脱出したミルタンクはどろばくだんにびくともせずにウパーを襲ってくる。それもさっきより速いスピードで。
攻撃を受けたウパーは少しぐらついた。そしてそのままぼーっとしている。メロメロ状態で動けないのだ。
「ウパー! 大丈夫か!?」
「だんだんウチのペースになってきたでぇ! ころがる!」
ミルタンクの回転はさらに加速している。これを食らえばせっかく見つけた弱点も……
しかし、ミルタンクは大きな音を立ててジムの壁にぶつかり、そこで回転は停止した。
それを見ながらのび太はほくそ笑んだ。
「しゃあないなぁ……でもウチの有利はかわらへんで!」
「……。ウパー、どろばくだん!」
のび太はミルタンクの弱点を手に取るように把握してしまった。
普段ののび太ならばここで調子に乗って態度が一変するところだろう。
しかし、ウパーへ負担を強いることを考えるとそうも言っていられない。
ミルクのみで体力を回復しているミルタンクへどろばくだんを放ち続けるよう、のび太はウパーに指示した。



試合開始から3時間半が経過。バトルが始まったのは午前10時過ぎだったので、お昼はとっくに過ぎていることになる。
バトルステージでは泥まみれ、かつ擦り傷まみれのウパーとミルタンクが息を荒げていた。
試合は文字通り泥仕合となり、お互い決定打を与えられないまま試合が続いてきたのだった。
「もうそろそろ……決着つけても……ええ頃やで……」
初夏のものといっても良いほどの西日が強烈に差し込み、ジム内の気温はかなり高くなっていた。
アカネも立っているのが辛くなっているらしい。のび太は既にへたれ込んでしまっている。
そしてしずかは何もいえないままジムのベンチに腰掛けてバトルを観戦し続けていた。その表情にも疲労がにじみ出ている。
「ミルタンク、ころがるや……!」
しかし、ミルタンクはころがるの体制をとることが出来ない。
「しもた! ころがるまでPP切れ……」

「アカネさん、ぼくの勝ちですよ……」
のび太は作戦を思いついて以来3時間必死で考えていたかっこいいセリフを口にした。
実際は床にへっぴり腰で倒れていてちっともかっこよくはないのだが。
「あなたのミルタンクの弱点は攻撃技がひとつしかないことと……
 そしてその攻撃技はタイプ不一致で効果今ひとつ、あたり続けなければ決定力の出ないころがるであることなんです。
 ぼくはマッドショットでミルタンクの素早さを下げたあと、さらにどろばくだんで命中率を下げました。
 ころがるは3発目くらいまでで終わってしまえばぼくのミックスオレでの回復が間に合います。
 メロメロで動けないときもありましたが、それはちょうどよく時間稼ぎになってころがるのPPはさらに減る。
 つまりバトルの最初からあなたは自滅への道を歩んでいたというわけですよ!
 もうミルクのみのPPも尽きているはずです。
 ぼくの勝ち、やっと、勝ち……ウパー、トドメのマッドショット!」
ウパーが何とか立ち上がり、猛烈な量の泥をミルタンクへと浴びせかける。
風前の灯となっていたミルタンクの意識もついには飛び……。



「ひんし」状態となった。

「ま、負けた……うっ、うっ……うえーん、ひっぐひっぐ……ひどいよおー! そんなに痛めつけへんでもええやんかぁー!」
アカネはミルタンクを戻すのも忘れて火のついたようにわんわん泣き始めた。
4時間近くに及ぶ戦いのあとにどこにそんな元気があるのか。さすがはダイナマイトプリティギャルである。
しずかはゆっくりと立ち上がり、アカネの元に行くと優しい口調でなだめ始めた。

「勝った……」
一方、のび太は気の抜けたかのように大の字になって倒れていた。
勝利の美酒に酔いしれるどころではない。ただただ疲れ、いつものように昼寝を……
しかし、次の瞬間のび太は突如電流が走ったように跳ね起きた。その視線はウパーに釘付けになっている。
「あ……あ……」
口をぽかんと開けたのび太のようすアカネはしゃっくりあげるのも忘れて同じ方向を見つめた。しずかも同様だ。

ウパーの体が光に包まれている。

そしてその体は光に包まれたまま徐々に大きくなり……尻尾が伸び……手が生え……
おめでとう!ウパーはヌオーに進化した!

「やったー!!」
のび太は知らない間にヌオーに駆け寄っていた。
「よくやってくれたよ、お前は……これからもよろしくね、ヌオー」
ヌオーは鳴き声ひとつでそれに答えた。
そのぬめぬめした肢体をひしと抱きしめたまま、のび太は改めて自らのパートナーとあいさつを交わしたのだった。



ウパーの進化から数時間が経過した。
ここはセンター内、のび太の個室だ。コガネ2日目の日が暮れようとしている。
高層ビル群に隠れて部屋から夕日は見えないのだが。

「やっぱりダメかなぁ……何か他の方法を考えないと……」
そうぼやきながら、黄色いネズミの中から青いタヌキが現れた。……ドラえもんである。
人相書きとなってしまったドラえもんは姿を隠すために今日一日ピカチュウのぬいぐるみを着て行動した。
しかし、明らかに目立ちすぎる上にイタズラ好きの子供がちょっかいを出してくるわ前が見えなくてこけるわそしたら起き上がれないわ散々だった。
早く別の方法を考える必要がある、とドラえもんの頭脳は判断したのだ。
現在、のび太と二人で目下検討中である。



石ころぼうしは? とのび太が提案するが、ドラえもんは首を横に振った。
「ダメなんだ。 この世界では移動に関する道具は使えない、って言ったけどもうちょっといろいろ制限をかけてるんだ。
 設定をしたのはぼくだけど……万が一、誰かがポケットを盗んで悪用してもなるべく問題がないようにしてある。
 移動に関する道具や石ころぼうしの他には例えばソノウソホント、地球はかいばくだん、悪魔のパスポート、もしもボックス、透明マント……
 悪用されたら取り返しがつかなくなるものは禁止をかけてあるよ。
 モーテン星なんかは時間制限があるから身を守るのに使えるよう残してあるけどね」
ドラえもんは長々と説明するが、この制約で困っているのは実は彼自身である。
何とかしなくちゃならない、とドラえもんはうろうろしながら頭をひねっている。

うんうん言い続けるドラえもんに呆れたのび太は散歩と夕食に行くことにした。
アカネによるとこのところコガネシティは治安が悪いらしい。注意しなくてはならない。
そういえばカントーの警察官が応援に来て立ち往生しているんだっけ。
そんなことを考えながらのび太はとりあえず百貨店の屋上で風に当たることにしたのだった。


2時間後、ミートソースで口の端を汚したのび太が部屋に戻ってくると、そこではドラえもんがニヤニヤしながら座っていた。
「やあおかえり! いい方法が思いついたんだよ、協力してくれない?」