※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


のびたが目を覚ましたのはそれからまもなくのことだった。
ドラ「のびた君、安静にしてたほうがいいよ、君は負け続けて
ストレスが溜まってるんだ。」
のび「ジャイアンにあんな負け方したらじっとしてられないよ。早速だけど
今ジャイアンはどこにいると思う?」
ドラ「知らないよ。それに、悪いけど君のポケモンじゃジャイアンには勝てないよ。
もっと強くしなくちゃ。」
のび「分かった・・・そうする・・」
かくしてのびたとドラえもんは次のジムを目指すことにした。
だが、のびたが自転車に乗れないせいで2人は一路、
テンガン山に向かうことになった。

テンガン山内部
のび「ここを抜ければヨスガシティだよねー!」
ドラ「うん・・そうなんだけど、それにはちょっと長い洞窟を
抜けなきゃいけないんだ。」
のび「構わないよ。ぼくだって金銀の『つながりのどうくつ』を抜けられたし。」
のびたの自信と逆にドラえもんには不安がよぎる。つながりのどうくつって
ほぼ1本道だったような・・・
だがその瞬間、ドラえもんの前に黄金色のポケモンが姿を現した。



ドラ「り・・・リーシャン・・・!!何て愛らしいポケモンなんだ!!」
ドラえもんはマッハでボールを投げた。
のび「なぜにヒールボール?」
のびたの素朴な疑問もドラえもんには聞こえていない。ただただ捕まえたリーシャンに
愛を注いでいた。
ドラ「ああ、金色に輝くその体!美しい紅白の綱!そして何より!!
その体を揺すると流れ出るメロディ!!
どれを取っても最高!まさにぼくのためにいるようなポケモンではないか!!!」
のび「どうしちゃったんだドラえもん。」
ドラ「はっ!すまないのびたくん。ぼくとしたことがついリーシャンの美しさに
見とれて・・・それでは参ろうか。」
のび「(ウザ・・・)う・・・うん!行こう!」

のびたとドラえもんは洞窟を進んでいったが、急にどこからか冷たい風が吹いてきた。
ドラ「さ・・・さぶい、のびたくん、ちゃんとマップの指す方向どおりに進んだの?」
のび「え?ぼくが?マップを見とくのはドラえもんの仕事だったじゃないか。」
ドラ「そうだったっけ?リーシャンを見てて忘れてたよ。」
行く手に出口が見えた。
のび「マップを見てないのか・・・ならあそこの出口はどこに繋がっているの?」
ドラ「ハクタイ側から入って行きつくところは、207番道路、カンナギタウン、
216番道路・・・」
まさか・・・嫌な予感を振り払い、二人は出口を抜けた。



206番道路
ジャ「ギャハハハハハ!!のびたの奴、『ぼくだけの力で』とかいってやがった!
ドラえもんに頼らないと何も出来ない貧弱野郎が・・・あー腹いてえw」
のびたのポケモンを倒し、更にレベルアップしたジャイアンはあの山男にも
勝てそうな気がしていた。
ジャ「俺のバッジはまだ1個か、それにしても汚れてるな。」
自分のトレーナーカードのバッジが黒ずんでいることに気が付いたジャイアンは
とりあえずバッジを擦ってみた。
ジャ「おお、何かキュコキュコ音がするぞ。でも全然きれいにならないな・・・・・・」
ジャイアンは泥だらけで冒険しているからバッジも汚いのだが、
そんなことも構わずジャイアンは擦り続ける。
ジャ「うおおおおおお!!」
ジャイアンの腕がこうそくいどうする。(ちなみに彼はこの手つきで
DSのタッチ画面を使えなくしたこともある)
そして・・・

カキン!

バッジがトレーナーカードから外れ、地面を転がっていった。
次の瞬間、バッジは一瞬だけ宙に浮き、206番道路を横切る川に飲み込まれてしまった。
ジャ「コールバッジが・・・」
ジャイアンは余りのことに呆然と立ち尽くすことしか出来なかった。



ドラえもんとのびたの眼前に広がっているのは見渡す限りの雪原。
のび「うう・・寒いよ、ナナカマド博士に貰ったマフラーを巻こう。」
ドラ「どうしてこんなところに出ちゃったんだろう、216番道路・・・雪景色だね。」
元はといえばドラえもんが地図を見ることを怠っていたせいで
ここに着いてしまったのだが、
のびたはそんなことは気にならなかった。
のび「ほら、行くよドラえもん!」
ドラ「何?うわっ!」
何をするかと思えばのびたは雪玉を投げてきた。
ドラ「もう、のびたくんは緊張感がないなあ。」
のび「いいじゃん。この道路に行き着いちゃったのは仕方ないことだし、
それにぼく雪なんて久しぶりだよ!」
やっほーぅ!と走っていくのびた。このマイペースが彼の良いところでもあり、
悪いところでもある。

「君たち、ぼくとバトルしないか?」
のびドラ「はあ・・・」
道を半分ほど進んだところでのびたとドラえもんは
エリートトレーナーに捕まってしまった。



この寒い環境にポケモンを慣れさせるためにもバトルはしておく必要がある。
二人は承知した。
エリ「じゃあ行くよ!ハピナス!」
のび「よおーし!カラナクシ!」
ドラ「え・・・ちょっと待って!」
ドラえもんが今まさに技を指示しようとした両者にストップをかけた。
ドラ「すいません、ちょっとお伺いしますが、そのハピナスは何レベルですか?」
ドラえもんはレベルの差がありすぎることを恐れていた。
考えてみれば序盤の道路でハピナスなんか出て来るわけが無い。
エリートトレーナーの答えは・・・
エリ「35だよ。」
思ったとおりだ。ドラえもんはバトルをやめさせ、他の手持ちを見せてもらった。
ルクシオLv33 ケーシィLv30 ゴーリキーLv36
まさか・・・ぼくたちは物語の流れに逆らってとんでもないところに来ちゃったんじゃ・・・
そんな考えが頭に浮かぶ。
のび「どうしたのドラえもん。中止したせいであのエリートトレーナーが
怒ってどこか行っちゃったよ!」
ドラ「のびたくん・・・ぼくたちは、強いトレーナーがいる道路に迷い込んじゃったんだ。」
のび「うん、そんなこと分かってるよ。あのナナカマド博士も言ってたろ、
『旅のルートは人それぞれだ―――自分だけの旅を楽しんで来い』って!
誰と争うわけでもなく自由に旅していいんだよ!」



ドラ「そうかあ・・・そうだよね!」
ぼくとしたことがのびたくんに説得されちゃった。
まあこの雪景色をもうちょっと楽しもうか。
だけどまだ一つ聞かなきゃならないことがある。
ドラ「自分だけの旅もいいけど、トレーナー戦はどうするの?まさかまともに戦うの?」
のびたはまたもや『知らなかったの?』という顔で振り返った。
のび「ぼくはトレーナーと戦って勝った回数のほうが少ないから、これぐらい慣れてるよ。」
ドラ「じゃあ、トレーナーと目を合わせるたびにお金が取られていくの?
嫌だよそんなの~」
ドラえもんとのびたは同居するほどの仲だが、のびたのペースに合わせるほどの
心の余裕はドラえもんにもなかった。

夜も更けて、二人は凍えながらロッジ『ゆきまみれ』に到着した。
ロッジの山男「いらっしゃい、何もないけどゆっくりして行ってよ。」
山男の言うとおり、ロッジというよりはむしろ山小屋だったが、
二人はとりあえずベッドに腰掛けてストーブに当たった。
ドラ「すみません、ここからキッサキシティまではどれくらいかかるんですか?」
山男「キッサキ?君たちキッサキからここへ来たんじゃないのか・・・
ここからキッサキへは、広い雪原を通らなきゃいけないぞ。
おまけに年中吹雪が吹いてるし、 君たちみたいな装備じゃ途中で凍えちゃうよ。」

口を開く気力もうせたのか、しばらくその場はしらけた。
ドラえもんの道具が使えればどうにかなるが、
ドラえもんはこのゲームを始める時点でポケットを封印していた。
のび「ドラえも~ん、ここはやっぱり・・・」
ドラ「だめっ!このゲームはポケモンなんだから、道具を使っちゃルール違反だよ。」
のび「道具じゃないよ。ここの近くに草むらがあっただろ?
あそこに炎タイプがいればな~・・・なんて」
山男「炎タイプなんて生息してないぞ。この地方ではポニータがちょっといるだけだ。
ガーディとかブビィが出てきたなんて話も聞くが、あまり期待しないほうがいい。」
山男の宣告にまたひとつの希望が失われた。だが、道を切り開いたのも
またやまおとこだった。
山男「何なら、俺の車でキッサキまで送ってやろうか?」
のびたの顔の血の気が戻る。
のび「やった~!ありがとうございます山男さん!
よし、山男さんが車の準備してる間にポケモンを育てとこう、
ドラえもんもおいでよ!」
のびたは勇んで外に出て行った。山男はしみじみと
山男「なんだかんだ言ってやっぱり子供は風の子なんだなあ。」
と思っていた。



ミオシティにここ数日で何回目かの汽笛が響いた。
その音に驚き、水面のケイコウオが水に潜る。しずかはその光景をシンオウ丸の甲板から見ていた。
しず「どのポケモンも冴えないわ・・・強くて生理的に気持ち悪くならないポケモンっていないものねえ。」
しずかはミオシティジムリーダー、トウガンに勝った後、彼からこうてつじまの話を聞いていた。

トウガン「そこには私の古い友人がおる、彼なら珍しくて強いポケモンを持っていると思うぞ。」
珍しくて強い・・・ちょっと私の希望には見合わないけど、
珍しいポケモンに気持ち悪いポケモンは少ない。行ってみる価値はあるわね。

そんなことで今こうてつじまに向かってるのだけど・・・
しずかは甲板を見渡した。
こうてつじまに行く人って、ほんとにおっさんばっかよね・・・しかも暑っ苦しい。
「よう!おじょうちゃん、こうてつじまへは観光で行くのかい?」
うわ、話しかけてきやがった。きもいからこっちみんな。
「どうしたの?どこかからだの調子でも悪いの?」
お前が来たから悪くなったよ。とっとと消えな。
「だいじょうぶ?おじさんあそこにいるからいつでも声かけていいからね。」
・・・よし、去った。去り際に屁こいた音が聞こえたけど。



しずかが無言で作業員と戯れている間に船はこうてつじまに接岸した。
乗客がぞろぞろと船を後にし、しずかも汗臭さが散ってから慎重に地面に降りた。

島の外見は丁度氷山が固まっているという感じで、砂浜は無く、荒削りな階段が岩山の頂上まで続いている。
しず「こんなところにかわいいポケモンを期待するのは無理ね。
せいぜいブニャットよりゴッつくないやつが貰えれば上出来。」
しずかはため息をつき、石段をノロノロと登り始める。
この島はもう終わりね。しずかはこの色気の無い島を見ているとそう思えてきた。
名前もそうだけど、こんな所には誰も観光に来ないわ。茶色一色だし、民家も一軒しか無い。
鉱山として発展してきて、シンオウ丸もここに来る便が出来たけど、絶対そのうち廃止になる。
しずかは石段を登りきり、洞窟の中を覗いた。
ここの機械も大分壊れてる。妙に沢山の作業員が入っていったけど、
きっとあれはこの機械の片付けのため。さっきのぽつんと建っていた家もそうだけど、
きっとこの島の鉱山は閉鎖するんだわ。



洞窟の中はところどころに作業員の休憩所らしきものがある。
船の上であったやつもそこにいた。
「やあ、船酔いは治ったかい?」
いつの間にか船酔いで体の調子が悪いことになっていた。
「この洞窟は広いから迷わないようにネ」
殺意がこみ上げてくる。我慢するのよ私。

そろそろ海面と同じ深さまで潜ったと思ったとき、ひときわ広い部屋にでた。
この部屋にだけは作業員は一人もおらず、代わりに沢山のトレーナーが居た。
しず「ここは、トレーナーの訓練場になっているの?」
頭の中の疑問を声に出しただけの、独り言のつもりだった。
だが、答えは返ってきた。
「そうさ、この島はただの廃れた鉱山じゃない。
出てくるポケモンのレベルが高いから強いトレーナーがより高みを目指す場所として有名なんだ。」
しず「誰!?」
大声を出して大きなモーションで振り向く。相手を威嚇するためだ。
まさか暗闇の中でトレーナーにふいうちなんて事はないと思うけど足元にはブニャットを待機させておく。
誰か「驚いたな。まさか迷い込んできたような女の子に戦闘体制をとられるとは思わなかった。」
そういって暗闇から出てきたのは
しず「あなた…去年の映画に出てきた…アーロン!!」
若干いでたちは違っていたが、そこにはかってルカリオを教え子に持ったという、
伝説の波動の伝承者。アーロンが立っていた。



アーロン「アーロン?誰のことだい?私の名前はゲンだ。
万年この島に閉じこもっている変人のトレーナーだよ。」
ゲンと名乗る人物はしずかのアーロン説をあっさり否定してしまった。
しかし、しずかは別の可能性を考えていた。
トウガンさんが言ってた友人って、もしかしてこの人?
だとしたら、この人が『珍しくて強いポケモンを持っている人』なの?
アーロンじゃないとは言ってたけど、アーロンをモデルにして作られたキャラって事は間違いないわ。
ということは、この人の持っている強いポケモンって・・・・

ゲン「最近ここのポケモンの様子がおかしいんだ。
よかったら、ぼくと一緒に来て原因を突き止めて欲しい。」
この人と一緒に行動するイベントまであるのね。
これはもう、この人が珍しくて強いポケモンをくれる人と見て間違いなさそうね。
しず「分かりました、一緒に行きましょう。」
しずかはゲンと行動することになった。



ジャイアンは悩んでいた。
川に落としてしまったコールバッジのことについてだ。
ジャ「あのバッジはクロガネジムでしか手に入らないんだよなあ・・・
だけど、今から戻ってバッジを取りに行くのはちょっと嫌だな。
めんどくさいし、恥ずかしいし」
本当はスネオに見つかりたくないからだった。
スネオはもうクロガネにはいないだろうが、もしいたら・・・
その可能性を考えるとジャイアンの体が震える。彼自身は武者震いだと思い込んでいる。
しかし、ガキ大将の名を欲しいままにしていた一方で母ちゃんを恐れていたジャイアンは
本人も気付かぬ内に少し丸くなったのかもしれない。
ジャ「よし、コールバッジは諦めよう。なーに、もっとバッジを集めればいいだけの話だ!」
本心を前向きな言葉でごまかすジャイアン。
だが、ジャイアンも少しずつ気付き始めていた。。

ケンカでは金に勝てないことを。

先のことを考えれば、スネオは間違いなく将来勝ち組だ。
巨万の富を築きつつ、顔の広い父親のもとに育てば、スネオも自然とそうなるだろう。
そして、そうなればジャイアンは『スネオの友達』という形で
表面上はスネオの頼りにしている人
実際はスネオに金で踊らされてる奴隷
そんな未来が約束されてしまうのだ。



スネオを完全に俺の手下にするためには、
俺の力がケンカだけじゃないことを見せてやることが必要なんだ。
ジャイアンはこのゲームもその手段の一つと考えていた。
そのためには、スネオに遅れを取るわけには行かない。
ジムバッジを失くした事を笑われる、なんてもってのほかだ

ジャイアンにしては珍しく将来のことを見越したまともな考えだった。
だが、対策を考えるまでは頭が回らない。
ただ持ち前の実力を生かしてトレーナーとバトルをこなすことしか出来ない。
ジャ「オラオラー!道を開けろーー!!」
ジャイアンは無駄な考えを振り払いたくてがむしゃらに暴れまくった。
そして、テンガン山のふもとにたどり着いた。



ジャ「でっかい山だな・・・この中で迷ったら一生出て来られなさそうだ。」
どうせこの男なら壁を掘って出てくるだろう。
だがジャイアンは念には念を入れてあなぬけのヒモを入り口の看板に巻き付けておいた。
ジャ「よし・・・・・・行くぞ、モウカザル」
一応ポケモンを出しておくのも忘れない。
ジャ「うわっ、真っ暗だ。照らしてくれモウカザル。」
モウカザルが尻尾を振り回して火の粉をばら撒く。
ジャ「いいぞ、ところでここに人はいないよな?火の粉が燃え移ったら大変だ。」
誰かに向かって確認するように呟く。
誰か「いるぞ」
ジャ「うわッ!びっくりさせんなよ!まさかさっきの山男じゃないだろうな?」
ジャイアンはその人に向かって威嚇するような口調の問いかけをした。
すると、『誰か』は奥の暗がりからのっそりと出てきた。
誰か「小僧、このテンガン山をあまり荒らすな。
特に頂上は神聖な場所だ。決して近づくな。」
『誰か』はかったるい態度でジャイアンに注意を促した。
ジャイアンはカチンと来て喧嘩かポケモンバトルを吹っかけようとしたが、
『誰か』は洞窟から出て行ってしまった。
ジャ「誰だあいつ・・・今度会ったらただじゃおかねえぞ、
俺は好きなようにテンガン山を探検するからな」
モウカザルの火の粉はとっくに消え、
ジャイアンはしっかり握り締めていたはずのあなぬけのヒモも離してしまっていた。