トップページ

MOH: Warfighter情報まとめページがオープン!

新情報加筆・修正大歓迎!

MOH2010の時に採用した「発売前情報まとめページ」のMOH: Warfighter版を新たにオープンしました。
アクセスは「こちら」からできます。

最新情報
ゲーム情報
2012/3/9 New!
イベント情報

・2011年12月11日
MOH: Airborne日本語字幕MOD「v0.22 Beta」リリース!

ダウンロードページはこちら

MOH2010日本語翻訳作業に関するお知らせ:2010年11月20日

日本語翻訳作業の効率化のため、PC英語版MOH2010の英語字幕のデータファイルが必要となっています。
詳細は海外版MOH2010字幕日本語訳計画をご覧下さい。

メダル オブ オナー インフォメーション@WIKI -メダル オブ オナー シリーズ総合情報集積サイト-

当サイト「メダル オブ オナー インフォメーション@WIKI -メダル オブ オナー シリーズ総合情報集積サイト-」は
EAの看板タイトル「メダル オブ オナー」シリーズの総合情報サイトです。
wikiとは、現在当サイトをご覧になっている皆様が自由に編集や追加ができるというもので、当サイトは皆様のご協力の下で成り立っております。
どなたでも簡単に編集ができますので、間違っているところを見つけたり新情報を入手した時などは遠慮せずどんどん修正、追加をしていって下さい。
なお、荒らしについては編集規制を行うなどで対処します。

最後に、編集をされている皆様、本当にありがとうございます。

管理人:MOHI管



最新情報

ゲーム情報

2012年3月9日 - GameFrontの不都合について

(抜粋)
旧FileFrontことGameFrontは、閉鎖騒ぎ -> 買収 -> DL速度ガタ落ち -> リネーム後にDL速度もトップクラスまで復活、という激動を経て今に至るわけだが、2月の頭くらいから日本からのアクセスを弾いているようだ。

(抜粋)
どうやら完全なアク禁ではなく「生HTMLは読みこんでやるがスタイルシートその他は読み込んでやらねーよ」という中途半端な状態になっている模様。画像はもちろん肝心のゲーム用のファイルをDLすることもできない。

事情が分からないのだが、何らかの理由で日本にサービス利用させるわけにはいかないが、SEO的な理由かなにかで、アクセスを遮断して完全に接続を絶ちたくはない…という状態なのか?

追記:
メールで「GFが日本を遮断しているのはひまわり動画が寄生していたから」という情報をもらった。そういえば5年前には、ニコニコがYouTubeに寄生してアクセス遮断、という事件があったが。

(MOHI管)
GameFrontとその関連サイト(Medal of Honor Filesなど)の不都合がなかなか改善されないので調査をしてみたのですが、そのような背景があったのですね。
私もMODなどのファイルのダウンロード以外にもMOH: Airborne日本語字幕MODDeutscher Angriffなどのアップロード先として活用しています。
IP偽装をすれば通常通りアクセスできますが、普通にアクセスできないのは不便なので早く規制解除をして欲しいところです。

GameFrontのファイルを日本からは落とせなくなっている問題
http://sub.game-damashi.com/weblog/2012/02/14/2439/(GAME LIFE | 海外ゲーム専門 Webマガジン)
ひまわり動画の解説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A%E5%8B%95%E7%94%BB(Wikipedia)



2012年3月7日 - MOH: Warfighterのトレイラーが公開、限定版や発売日なども判明

  • 字幕やっつけ翻訳
Our brothers say they aren't even human...
我々の兄弟は、彼らが人間ではないと言う...

That they breathe water and change shape...
彼らは水中で呼吸し、姿を変化させる...

They can see in the dark and are always watching...
彼らは闇の中でも目が利き、常に監視している...

As in they are shadows with nothing to stop them.
そのような彼らの影を止めることはできない

  • 後半で表示される部隊名
Tier 1:Tier 1 Operator(アメリカ)
SEAL:United States Navy SEALs(ネイビーSEALs:アメリカ)
GROM:Grupa Reagowania Operacyjno-Manewrowego(緊急対応作戦グループ:ポーランド)
SFOD-D:1st Special Forces Operational Detachment-Delta(デルタフォース:アメリカ)
SAS:Special Air Service(イギリス)
JTF2:Joint Task Force 2(統合タスクフォース2:カナダ)
OGA:Other Government Agency(中央情報局(の別名):アメリカ)
FSK/HJK:Forsvarets Spesialkommando/Haerens Jegerkommando(国軍特殊作戦コマンド/陸軍猟兵コマンド:ノルウェー)
S SOG:Swedish SOG(スウェーデン)
SASR:Special Air Service Regiment(オーストラリアSAS:オーストラリア)
KSK:Kommando Spezialkraefte(特殊コマンド:ドイツ)
GRUPPA ALFA:Управление "А" ФСБ(アルファ部隊:ロシア)
ROKN UDT:대한민국 해군 특수전여단(韓国海軍特殊戦旅団:韓国)

(抜粋)
本作では、プレイヤーは Tier 1 の一員として世界を股に掛けたテロとの戦いを繰り広げていくことになる。フィリピン・Basilan (バシラン島) の 過激派組織 Abu Sayyaf (アブ・サヤフ) の拠点から人質の救出をおこない、ソマリア海岸の「海賊の町」では、ソマリア最大のイスラーム勢力 Al-Shabaab (アル・シャバブ) を攻撃するなど、Medal of Honor Warfighter は、世界の紛争地域において実在するイベントが用意され、経験できる唯一のゲームと位置付けている。

(抜粋)
GDCのイベントで待望のトレイラーが封切られ、北米リリース日が2012年10月23日に決定した『Medal of Honor: Warfighter』。新たに公式サイト上では、初回限定版となる“Limited Edition”の情報や、3点のオフィシャルスクリーンショットが公開されています。

公式ダウンロードストアOriginや一部小売店で予約可能というLimited Editionには、通常アンロックするのに40時間相当を必要とするマルチプレイヤー用クラス「U.S. Navy SEAL Tier 1 Sniper」のDay Oneアクセス権が同梱されているとのことです。

(MOHI管)
Official Xbox Magazineではマルチプレイでは様々な国のTier 1部隊(=特殊部隊?)が登場すると報じられていますが
この動画で名前が出た特殊部隊がそれに該当するのかは不明です。
しかしながら、同誌で報じられた「イギリス、オーストラリア、ドイツ、ポーランド」に該当する部隊はあります。

限定版に付属するマルチプレイのアンロッククラスの名前を見て思ったのですが、もし各登場チームごとにクラスをアンロックする必要がある場合、
「U.S. Navy SEAL Tier 1 Sniper」はSEAL側のチームでプレイしている時でしか選択できないのでしょうかね?

メダルオブオナー最新作、ウォーファイターは10月23日発売
http://news.militaryblog.jp/e307032.html(ミリブロニュース)
『Medal of Honor: Warfighter』の公式ショットや限定版情報が公開
http://gs.inside-games.jp/news/323/32300.html(Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト)



2012年3月3日 - MOH: Warfighterのイメージスキャンが新たに掲載

Official Xbox Magazine最新号に掲載されたMOH: Warfighterのイメージのスキャンが新たに海外サイトで掲載されました。
こちらには以前リークされた時のスキャンでは確認できなかった部分があります。
画像は下記URL先で確認できます。

New Medal of Honor: Warfighter scan arrived
http://www.gamepur.com/news/7211-new-medal-honor-warfighter-scan-arrived.html(Gamepur)



2012年2月25日 - MOH: Warfighterのイメージスキャンがリーク、他新情報

Official Xbox Magazine最新号に掲載されたMOH: Warfighterのイメージのスキャンがリークされました。
画像は下記URL先で確認できます。

First Medal of Honor: Warfighter images
http://gamingeverything.com/15768/first-medal-of-honor-warfighter-images/(Gaming Everything)

(抜粋)
■ シングルプレイヤー、マルチプレイヤー共にDanger Closeが開発。

■ Frostbite 2.0を採用。

■ 発売は2012年10月を予定。

■ 引き続きTier1オペレーターの物語が描かれる。

■ 物語は本物のTier1オペレーターによって書かれており、おおよそ史実に沿っている。

■ 開発には24人以上のオペレーターが参加しており、知識やフィードバックを提供している。彼らは前作に大いに満足したため支援を申し出た。

■ マルチプレイヤーには様々な国のTier1部隊が登場(イギリス、オーストラリア、ドイツ、ポーランド)。

■ マルチプレイヤーには1発の銃弾で死ぬようなハードコアモードも搭載。

■ Co-opモードはあるが、フルキャンペーンではない。

■ マルチプレイヤーにはまた違った仕掛けがある。

■ ゲームの物語は単にミッションだけでなく、オペレーターの個人的な問題にも焦点を置く。その1つの例はオペレーターとその妻との張り詰めた通話。

■ 前作のメインキャラクターが再登場。

■ あるミッションは台風によって洪水になったフィリピンのイザベラを舞台にしている。Danger Closeは本作は史実がベースになっていると強調、マイケル・ベイ監督映画のようにエッフェル塔が爆発するなどのシーンの登場は望んでいない。

■ 一部が崩れるアパート、舞い散る紙、揺れるシャンデリアなど、Frostbite 2によって戦闘はより現実味のあるものになる。

■ 状況によっては複数の選択肢がある。例えば人質救出の際、人質がいる部屋のドアの前に立ったプレイヤーはドアを蹴破る、C4で爆破する、手榴弾を投げ込む、フラッシュバンを使用といった事が可能。

■ 同セクションでは出血した仲間を抱えて、2人の人質と共に都市からの脱出を試みる。ここでは何らかの時間的なプレッシャーがあると示唆されているが、詳細は不明。

(MOHI管)
「エッフェル塔が爆発するなどのシーンの登場は望んでいない」は「コール オブ デューティ:モダン・ウォーフェア3」のことも指していると思われます。
MOH2010では「コール オブ デューティ:モダン・ウォーフェア2」に対抗すると公式に表明していましたが、今作でも相当対抗心を燃やしていることでしょう。

海外ゲーム誌OXMから『Medal of Honor: Warfighter』の詳細が幾つか明らかに
http://gs.inside-games.jp/news/320/32086.html(Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト)



2012年2月24日 - シリーズ新作「MOH: Warfighter」正式発表、北米で2012年10月発売予定

(抜粋)
本日Electronic Artsは、メダル・オブ・オナーシリーズの最新作となる『Medal of Honor: Warfighter』の情報を初公開しました。

公式ブログには一点のアートワークが掲載されたのみで、詳しいゲーム内容は明らかになっていませんが、海外マガジンなどの情報によると、今作では特殊部隊“Tier 1 Operators”の物語が再び描かれ、前作に引き続きDanger Closeが開発を担当するとのこと。

また、ゲームエンジンには『Battlefield 3』のFrostbite 2.0が採用される他、マルチプレイヤーモードを内部開発(前作はマルチプレイのみDICEが担当)するといった情報も伝えられています。

『Medal of Honor: Warfighter』は2012年10月に発売予定。Official Xbox Magazine最新号には本作の更なるディテールが掲載されるそうなので、続報が見つかり次第お伝えします。

Frostbite 2.0を採用!『Medal of Honor: Warfighter』の情報が初公開
http://gs.inside-games.jp/news/320/32057.html(Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト)



2012年2月7日 - MOH新作は3月6日に発表か

(抜粋)
先日も2012年内発売の噂が立つなど続々と情報が飛び出している『Medal of Honor』最新作ですが、新たに海外サイトKotakuがElectronic Artsより受け取ったと見られるプレスイベントの気になる招待イメージを披露しています。この招待イメージにある鮫のイラストは昨年『Battlefield 3』の製品パッケージに封入されていた予告チラシのものと一致しており、このイベントにて『Medal of Honor』最新作に関するなんらかの発表が行われる可能性が高そうです。このイメージによれば、EAのプレスイベントは3月6日に開催予定となっています。

『Medal of Honor』最新作は3月6日に発表か、EAが同日にプレスイベントを実施
http://gs.inside-games.jp/news/317/31779.html(Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト)



2012年1月28日 - 海外サイトで『最高のオープニングステージ』の一つにMOH史上最大の作戦が選出される

(抜粋)
■Medal of Honor Frontline
今となっては視覚的に少し寂しいが、初代Xboxの強力なグラフィック面は当時のリリース時点では信じられない出来だった。

(MOHI管)
PS2日本語版が発売する少し前に海外ではXbox版とGC版が発売しています。
MOH史上最大の作戦は私が初めてプレイしたMOHシリーズですが、あのステージは思い出深いです。

海外サイトが選ぶ『最高のオープニングステージ』10選
http://gs.inside-games.jp/news/316/31641.html(Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト)



2012年1月25日 - MOH2に求められるもの、そして発売日の噂

(抜粋)
2010年10月に発売となったミリタリーFPS『Medal of Honor』。シリーズ初の現代戦となり大きな期待を持たれていましたが、発売後の海外レビューは少々残念な結果となってしまいました。そこで海外サイトCVGは現在開発中とされている続編『Medal of Honor 2(仮題)』に、何を求めているかをまとめています。

■ Danger Closeが開発するマルチプレイヤー
  • 『Medal of Honor』はDanger Closeがシングルプレイヤーを、マルチプレイヤーをDICEが担当した。これにより『Battlefieldライト』のようになり、キャンペーン及びオンラインでの一貫性が無くなってしまった。続編では首尾一貫した作品になって欲しい。
  • またCo-opモードやオンラインマルチプレイヤーでも利用できる画面分割プレイを搭載して欲しい。

■ 改善されたキャンペーン
  • 『Medal of Honor』のキャンペーンはそこそこ良かったが、『Modern Warfare』症候群であると感じられた。各ミッションでのアプローチにもう少し自由が欲しい。
  • アフガニスタン紛争の初期、空爆要請を行うために馬に乗って戦うグリーンベレー部隊がいた事をご存知だろうか。ゲームでこれを再現するのはおかしく見えるかもしれないが、少なくとも援護射撃や狙撃、ヘリコプターミッションとは違った何かがもたらされるだろう。

■ 物語を正しく伝える
  • 『Medal of Honor』のストーリーは“アナコンダ作戦”に基づいていたが、作戦中の多くの出来事はゲームのために書き直された。物語は史実に基づいて忠実に描くか、あるいはゼロからのフィクションを作成した方が良い。
  • 史実ではバグラム飛行場を確保したのはイギリスの海兵隊特殊部隊SBSであるし、オーストラリアの特殊空挺連隊SASRも戦闘で重要な役割を果たしている。『Medal of Honor 2』では多国籍の協力があった事を描いて欲しい。もしくは幾つかのミッションでイギリスまたはオーストラリアの兵士としてプレイできると良いだろう。

■ より多くの情動効果
  • 戦争は良くない事は分かっている。しかし『Medal of Honor』の中で描かれた戦争は私達にとってはまだ“綺麗”で“まっすぐ”だった。Danger Closeは戦争に関する多面性を持った深い物語を伝える機械を逃してしまった。
  • 市民の死傷者は多少物語への役割を果たすべき。「戦争は悪い!」と言うためだけではなく、結果を示すために。私達はゲームがモラルの多義性を探ることを望む。例えば民間目標への空爆要請を強いられる兵士の反応など。
  • ゲームでは無名の敵として登場するタリバン側の兵士も人間的側面を描いて欲しい。恐らく捕虜となった敵はタリバンに加わった動機を話すだろう。母国をアメリカの侵攻から守るため、あるいは家族が犠牲になったため。それは単純な“善と悪”という物語の概念を取り払うだろう。
  • 私達はゲームに登場する全てのキャラクター、チームメイトそして敵により多くの深さが欲しい。

(抜粋)
英国の小売店GAMEが同店公式Twitterにて、まだ正式には発表されていない『Medal of Honor』及び『Need for Speed』の新作について言及しました。現在そのツイートは削除されていますが次のような内容が書かれていました。

「EAのプレゼンテーションは素晴らしかった。『Medal of Honour』の新作と『Need for Speed 13』について話していました! EAは刺激的な一年を用意しています」

『Medal of Honor』の新作はエグゼクティブプロデューサーによって開発が確認されていますし、『Need for Speed』も毎年のように新作がでているので大きな驚きはありませんが、2012年の発売を示唆する情報は初かもしれません。

海外サイト: 私達が『Medal of Honor 2』に求めるもの
http://gs.inside-games.jp/news/315/31545.html(Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト)
噂: 『Medal of Honor』及び『Need for Speed』の新作が2012年に発売
http://gs.inside-games.jp/news/313/31381.html(Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト)



2011年11月19日 - Next Medal of Honor



Medal of Honor Teased in Battlefield 3 (IGN.com)
http://www.ign.com/videos/2011/10/24/medal-of-honor-teased-in-battlefield-3

(抜粋)
Hello everyone. This is a HUGE week for shooter fans around the world with the release of Battlefield 3 from our good friends and colleagues at DICE! Make sure to check it out. You might even find a little something Medal of Honor related in the Battlefield 3 game box. Here at Danger Close Games we have been extremely busy working on the next installment of Medal of Honor and can't wait to fill you in on all the details. For now, log in to the Tier 1 Central section of the website for a small hint of what's to come.

The Next Medal of Honor(Medal of Honor Blog)
http://www.medalofhonor.com/blog/2011/10/next-medal-honor



2011年4月1日 - EA内部より匿名で情報がリーク?MOH新作は南北戦争が舞台か(※エイプリルフールです)

(抜粋)
Medal of Honor series latest work of the Danger Close development that Mr. Greg Goodrich of Executive Producer made brightness by an official blog in February seems to report according to the anonymous leaked information published in game magazine "Radially Spoof" latest title of the United States in the place where it is War of the Rebellion.

Information is said that the person who introduced by him/herself as an internal person related to EA sent it, and the platform is three models, that is, similar former work PC, PS3, and Xbox360. I hear that development was advanced assuming, "The work consciously develops the one that it means this order that is honored now though the work considered Call of Duty: Modern Warfare 2 too much", and paying the maximum respect to those who receive it though neither details nor the release time, etc. were revealed. The announcement time is assumed to be "It is in time for E3 2011 in June is not understood".

As for cordon blue "Medal of Honor" of the U.S. Army that was the origin of the name of the series, the commemorative ceremony was held on the 150th anniversary in this year. The commentator of the magazine expects it in having chosen the war between the states in commemoration of the 150th anniversary.

(翻訳)
アメリカのゲーム雑誌「Radially Spoof」最新号に掲載された匿名リーク情報によると、2月にエグゼクティブプロデューサーのGreg Goodrich氏が公式ブログで明るみにしたDanger Close開発のMedal of Honorシリーズ最新作がアメリカ南北戦争を舞台にすると報じているようです。

情報はEA内部関係者と名乗る人物が発信したと言われており、プラットフォームは前作同様PC、PS3、Xbox360の3機種。詳細やリリース時期などは明かさなかったものの「前作はCall of Duty: Modern Warfare 2を意識し過ぎたが、今作は最も名誉あるこの勲章が意味するものを意識して開発している」とし、受章者に最大限の敬意を払いつつ開発を進めているとのことです。発表時期については「6月のE3 2011に間に合うかどうかはわからない」としています。

シリーズの名の由来であるアメリカ軍の最高勲章「名誉勲章」は今年で150周年を迎え、その記念式典も行われました。雑誌のコメンテーターは150周年を記念して南北戦争を選んだのでは、と予想しています。

(MOHI管)
過去に本格的に南北戦争を題材としたFPS作品は少ないものの「The History Channel: Civil War - A Nation Divided」や「The History Channel: Civil War - Secret Mission」などがありますが、事実となればこれまでのシリーズ作品も含めてFPSでは一線を画する異色作品となるでしょう。

New Medal of Honor in American Civil War?(GamersFrontLine.com)
http://pc.gfl.com/pc/medal_of_honor/03322011_%E5%98%98.html



2011年3月27日 - 名誉勲章制定150周年記念式典が25日にペンタゴンにて開催


(抜粋)
Today is the national Medal of Honor Day, marking the 150th anniversary of the award, bestowed upon the most courageous men and women of the United States Armed Forces. Here at Danger Close Games and Electronic Arts, we wanted to take the time to recognize all recipients of the Medal of Honor during today’s various ceremonies.

We’re not the only ones who are paying tributes to the recipients of the most prestigious award in the military – The Congressional Medal of Honor Foundation and Society is holding a formal ceremony at the Hall of Heroes in the Pentagon, hosted by Admiral Mike G. Mullen, USN, Chairman of the Joint Chiefs of Staff. Nearly 100 people were invited to attend, including senior military staff, civilian leaders, Pentagon officials, and over 30 recipients of the Congressional Medal of Honor.

The Medal of Honor was introduced in a bill in the U.S. Senate on December 9, 1861, and was signed into law by President Abraham Lincoln on December 21, 1861. The Award was first given out on March 25, 1863, when it was awarded to the six surviving members of Andrews’ Raiders: Pvt. William Bensinger, Pvt. Robert Buffum, Sgt. Elihu Mason, Pvt. Jacob Parrott, Sgt. William Pittinger, and Cpl. William Reddick.

Thank you to all the men and women of the armed forces who have served or are currently serving their country.

(翻訳)
本日はアメリカ軍で最も勇敢な男女に授与される名誉勲章の150周年を迎えます。Danger Close GamesとElectronic Artsは本日の様々な式典における名誉勲章の受章者に対する時間を取りたかったです。我々は軍における最も名誉ある勲章の受章者に敬意を表している唯一の人物ではありません。Congressional Medal of Honor Foundationとその共同体はペンタゴンのHall of Heroesで統合参謀本部委員長Mike G. Mullen海軍大将主催の元、式典を開催しました。およそ100人が出席に招待され、古参軍事関係者、民間の指導者、ペンタゴンの職員、及び30人以上の受章者が含まれています。

1861年12月9日にアメリカ上院の要求書により名誉勲章を制定し、1861年12月21日にAbraham Lincoln大統領が署名をしました。1863年3月25日にアンドリュース攻勢で生還したWilliam Bensinger二等兵、Robert Buffum二等兵、Elihu Mason軍曹、Jacob Parrott二等兵、William Pittinger軍曹、そしてWilliam Reddick伍長の6人に初めて与えられました。

軍に貢献した、また現在貢献している全ての皆様へ、ありがとうございました。

(MOHI管)
受章者の階級の内、原文の「Pvt.」が二等兵なのか一等兵なのかわからなかったためとりあえず二等兵としました。
6人の内、最も最初に受章したのはJacob Parrott二等兵で、南軍(アメリカ連合国軍)の鉄道を爆破した功績で受章しました。

The Medal of Honor 150th...(Medal of Honor Blog)
http://gs.inside-games.jp/news/269/26923.html



2011年3月6日 - 新型Unreal Engine 3の技術デモの直撮り映像がリーク


(抜粋)
Epic GamesがGDC会場で披露したUnreal Engine 3の最新技術デモ映像が、動画サイトなどにリークしています。“Samaritan”と名付けられたこの映像は、映画『ブレードランナー』を彷彿とさせる世界観で、ある一人の男性が謎の集団と戦うシーンを描いたもの。Unreal Engine 3の新たな機能が多数取り入れられており、CGではなくリアルタイムで描画されているということです。

GDC 11: Unreal Engine 3の最新技術デモ映像が動画サイトに掲載(Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト)
http://gs.inside-games.jp/news/269/26923.html



2011年3月2日 - 新型Unreal Engine 3がDirectX 11対応へ

(抜粋)
先日Epicのゲームエンジン「Unreal Engine 3」がGDCにて次世代クオリティのグラフィックを提示するとの予告が行われていましたが、本日GDC会場にてDirectX 11をサポートした新バージョンのUnreal Engine 3のデモンストレーションが行われ、同エンジンと無料版の「UDK」によるDirectX 11サポートが発表されました。

このサポートはテッセレーションを始めとするDirectX 11機能を含む物で、デモンストレーションはNvidiaのGTX 500をベースにしたグラフィックカードで動作していたとのこと。新機能の詳細やデモンストレーションの映像が公開され次第改めて続報をお知らせいたします。

(MOHI管)
Unreal Engine 3はエアボーンとMOH2010で採用されており、MOH新作でも同エンジンが採用される可能性があります。

GDC 11: 『Unreal Engine 3』がDirectX 11に対応、Epicのブースではデモも披露(Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト)
http://gs.inside-games.jp/news/269/26923.html



2011年2月20日 - Danger Close開発のMOHシリーズ新作の存在を認める

(Game*Spark 抜粋)
シリーズ3年振りのタイトルとして昨年10月に発売され、世界で500万本以上の売上を記録したMedal of Honor。開発元であるDanger Closeの求人情報から続編の開発が噂されていた本シリーズですが、その噂が本当である事をエクゼクティブプロデューサーがMedal of Honor Blogにて明らかにしました。

“はい、Danger Closeは目下Medal of Honorの続編を開発中です”

ブログの記事ではこの続編の詳細について一切言及されておらず、新たなシリーズタイトルが一体どのようなものになるのか、続報が待たれます。

(doope! 抜粋)
Goodrich氏は、昨年10月のMedal of Honorローンチ以来、多くのフィードバックを吸収し学習していると発言、次期タイトルを前に進められる事にとても興奮していると喜びを明らかにしています。また発表もそう遠くない様子で、FacebookやWebサイトの情報を頻繁にチェックしておく事を勧めています。

『Medal of Honor』続編が開発中-エグゼクティブプロデューサーが明らかに(Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト)
http://gs.inside-games.jp/news/267/26768.html
Danger Closeが新しい「Medal of Honor」タイトルの開発をスタート!Greg Goodrich氏が公式blogで報告(doope! 国内外のゲーム情報総合サイト)
http://doope.jp/2011/0217713.html
In Case You were wondering...(Medal of Honor Blog)
http://www.medalofhonor.com/blog/2011/02/case-you-were-wondering%E2%80%A6



イベント情報

記載なし