※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

休日のある日・・・
「ママ、今日はやけに2階が騒がしいね。」
「当たり前ですよ。今日はのび太が友達を大勢連れてきてるんですから・・・」
「さてはまたポケモンをやっているな・・・どれ、ちょっと様子を見てみるか。」
そう言うと野比のび助は立ち上がり、2階にある息子の部屋へ向かった。

今この町ではポケットモンスターというゲームが大流行している。
近所の子供達のほとんどはこのゲームを持っていた。
そしてのび助も先日息子ののび太にゲームを買ってくれとねだられた。
もちろん最初は断ったが、それでもしつこくねだってくるのび太に、
とうとう折れて「じゃあ今度のテストで40点以上取ったら買ってやる」と言った。
すると驚くことにのび太はそのテストで56点を取った。
これには母の玉子ものび助も驚いたが約束は約束だったので、
のび助はのび太にDSとポケットモンスターダイヤモンドを買ってあげたのだった。

のび助はのび太の部屋にあがった。
「やぁみんな、ポケモン楽しんでるかい?」
「あっパパ・・・」
部屋にはのび太、のび太の友達のジャイアン、スネ夫、しずか、出木杉、
そして猫型ロボットのドラえもんがいた。
今はスネ夫とジャイアンがポケモンバトルをしていた。
残ってるポケモンはそれぞれ1匹ずつ・・・スネ夫がレジアイス、
ジャイアンがガブリアスだった。
「よしっ、レジアイス、冷凍ビームだ!」
「お、俺のガブリアスが・・・」
「また僕の勝ちだね。」
「く、くそぉ~・・・また負けた。」



「ねぇ、スネ夫。君のレジアイスってポケモン、
見たことないんだけど・・・どこで手に入れたの?」
のび太が初めて見るポケモンに興味を示し、スネ夫に尋ねる。
「なんだよ、のび太。レジアイスを知らないのかよ。
こいつはエメラルドバージョンから連れて来たんだよ。」
「エメラルドバージョン?」
「ゲームボーイアドバンスのソフトのことだよ。
DSのダブルスロットに差し込むことによってアドバンスからDSに
ポケモンを連れてくことができるんだ。」
出木杉が補足する。
「へぇ~・・・そうなんだ。僕もエメラルドバージョン欲しいなぁ・・・」
のび太はのび助に目をやる。
「お、おい・・・パパはこれ以上は買ってやれないよ・・・」
「じゃあドラえもん、エメラルド買って~!」
「買ってあげることはできないけどポケモンの世界に連れていくことはできるよ。」
「え?どういうこと?」
全員が一斉に尋ねる。
「こういうことさ!」
そう言うとドラえもんは四次元ポケットの中から『もしもボックス』を取り出した。
「さ、みんな早くもしもボックスに入って・・・」
ドラえもんはみんなをもしもボックスに入れた。
そしてもしもボックスの受話器を取り、こういった。
「もしもここがポケットモンスターエメラルドの世界だったら!」
ドラえもん達がもしもボックスから出るとそこは美しい自然が広がっていた。



「うわぁ~、綺麗ね・・・」
「本当だね。」
しずかと出木杉は感激した。
「おい見ろよ、あそこに野生のポチエナがいるぞ!」
「ジャイアン!あっちにはジグザグマが!」
ジャイアンとスネ夫も本物のポケモンを見て、感激した。
「綺麗な自然だねぇ、のび太君・・・あれ?」
ドラえもんは驚いた。
そこにいた人物はなんと野比のび太ではなく、野比のび助だった。

「パ、パパさん!何でここに・・・」
「何でって・・・君が僕をもしもボックスに入れたんじゃないか。」
「しまった・・・のび太君と間違ってパパさんを連れてきちゃった・・・」


──その頃現実世界ののび太は・・・
「しくしく・・・ひどいよドラえもん・・・
僕とパパを間違えて連れて行くなんて・・・」



「ドラえもん!今から僕を現実世界に戻すことはできないのかい?」
のび助がドラえもんに尋ねる。
「現実世界に戻る方法はこの中の誰かがチャンピオンになるしかないんだ。」
「チャンピオンってなんだい?」
「だ、だからそれはそのぅ・・・」
ドラえもんとしずかと出木杉はのび助にこの世界のルールを簡単に話した。
「なるほど・・・つまりジムバッジというのを8つ集めると、四天王に挑戦できるんだね?」
「そういうことです。そして四天王を倒した人がチャンピオンになるんです。」
「ジムバッジを8個集めるにはどれくらい時間がかかるんだい?」
「そうだな・・・早い人でも大体1ヶ月くらいかかるかも・・・」
「そんな!明日は仕事だっていうのに・・・どうしよう・・・」
「その点は大丈夫。この世界と向こうの世界では時の流れが違うから・・・」
「どういうことだい?」
「向こうの世界の1日はこっちの世界では大体100日くらいなんだよ。
つまり100日以内にゲームをクリアできれば、パパさんは仕事に間に合う。」
「なるほど・・・つまり100日以内にこの中の誰かが四天王を倒して、
チャンピオンになればいいのか・・・」
しばらくみんなが黙っているとジャイアンが口を開いた。
「なぁ、早くポケモンを貰いに行こうぜ。」
「そうだね。ここで黙ってても拉致があかないし・・・」
彼らはオダマキ研究所へと向かった。



──オダマキ研究所・・・
「やあよく来たね。そこにモンスターボールが6つある。好きなのを選んでくれ。」
「よし!じゃあまずは俺から・・・行けっ、モンスターボール!」
ジャイアンはモンスターボールを手に取り、投げた。
するとモンスターボールからドガースが出てきた。
「げっ、ドガースかよ・・・」
「ははっ、ドガースなんてジャイアンらしいね・・・じゃあ次は僕が・・・出てこい!」
スネ夫が選んだモンスターボールからはケーシィが出てきた。
「げっ、ケーシィだ・・・」
ケーシィは「テレポート」しか覚えないので、最初のポケモンには不向きだった。
「じゃあ次は僕が・・・よし、このボールにしよう!」
出木杉が選んだボールからはミズゴロウが出てきた。
「ミズゴロウか・・・悪くないね・・・」
「出木杉の奴、ミズゴロウを当てるなんて羨ましいぜ・・・」
「次は私が・・・出てきて!」
しずかが選んだモンスターボールからはアチャモが出てきた。
「アチャモだわ・・・可愛い!」
そしていよいよ残ったモンスターボールは2個となった。



「パパさん、選ばないの?」
「ドラえもんから先に選んでいいよ。」
「そう?じゃあお言葉に甘えて・・・出てこい、僕のポケモン!」
ドラえもんが選んだモンスターボールから出てきたのはねずみポケモンのサンドだった。
「ね、ねずみ~!!」
サンドを見たドラえもんは気絶した。
「おや、この青狸君はねずみが苦手なのかい?」
オダマキ博士が不思議そうに尋ねる。
「ええ。どうやらそうみたいです。」
出木杉が答える。
「いよいよ僕の番か・・・」
のび助は最後に残ったモンスターボールを手に取った。
(緊張するなぁ・・・一体どんなポケモンが出てくるんだろう・・・)
のび助は手に取ったモンスターボールを投げた。
のび助のモンスターボールから出てきたのは、キモリだった。
「このポケモン・・・!可愛い・・・」
キモリはモンスターボールから出るや否やのび助のほうをうるうるした目で見てきた。
「な、なんて可愛いんだろう・・・」
そのままのび助とキモリはしばらく見つめ合った。
「おい、のび太のパパの奴、ずっとキモリのこと見てるぞ。」
「相当気に入ったみたいね。」
「さて、旅立つ君達にこれをあげよう。」
オダマキ博士は一行にポケモン図鑑とモンスターボール5個を渡した。
「さぁ君達の冒険は今ここから始まるんだ!気をつけていってくるんだよ!」
「ああ!じゃあ、行くぞドガース!」
「ケーシィ!僕達も行こう!」
「ミズゴロウ!楽しく旅しよう!」
「アチャモ!私達も行きましょう!」
こうして4人の少年少女達は旅立った。
(ね、ねずみ~・・・)
(ああキモリ、君は何て可愛いんだ・・・)
サンドを見て気絶しているドラえもんとキモリに見とれてるのび助・・・
彼らの旅はいつ始まるのだろうか、次回に続く。



現在の状況()内は覚えてる技
のび助 キモリ♀LV5(はたく、にらみつける)
ドラえもん サンド♂LV5(ひっかく、丸くなる)
スネ夫 ケーシィ♂LV5(テレポート)
ジャイアン ドガース♂LV5(毒ガス、体当たり)
しずか アチャモ♂LV5(ひっかく、泣き声)
出木杉 ミズゴロウ♂LV5(体当たり、泣き声)



──102番道路、いち早くここに来たジャイアンは1人の虫取り少年と戦っていた。
「ドガース、毒ガス!」
「どうしよう・・・僕のケムッソが毒状態になっちゃった・・・」
「今だ、体当たり!」
ドガースの体当たりがケムッソに炸裂し、ケムッソは戦闘不能となった。
「よっしゃ!これで7連勝だ!」
ジャイアンは102番道路でトレーナーを倒し、
ドガースのレベルアップと賞金稼ぎを行なっていた。
その頃101番道路のスネ夫は・・・
(参ったな・・・最初のポケモンがケーシィじゃなぁ・・・
他のポケモンを捕まえようにも、この辺にはポチエナやジグザグマが
いないしなぁ・・・)
スネ夫が悩んでいたとき、1人の若い青年がポケモンに技マシンを使っていた。
「よし、これでジグザグマが10万ボルトを覚えたぞ。」
「あのー、すみません・・・」
スネ夫が青年に話しかける。
「何だい?」
「サイコキネシスと目覚めるパワーの技マシンを持ってたりしませんか?」
「持ってるけど・・・それが何か?」
「できれば譲っていただけませんか?1万円で買うんで・・・」
「1万円だって!?よし、売った!」
スネ夫は青年からサイコキネシスと目覚めるパワーの技マシンを買った。
(よし、これをケーシィに覚えさせれば序盤の攻略が大分楽になる・・・)
ちなみにスネ夫のゲーム内での所持金は99万9999円だった。



その頃、103番道路のしずかは・・・
「アチャモ、火の粉よ!」
アチャモの火の粉が野生のキャモメに炸裂する。
「今よ、モンスターボール!」
キャモメを入れたモンスターボールが3回ほど揺れ、やがて揺れが止まった。
「やったわ!キャモメをゲットしたわ!」
「いやー、見事だよ。しずかちゃん。」
「出木杉さん!いつからここに・・・?」
「さっきからいたよ。声かけるのも悪いかなぁって思って、
君がキャモメを捕まえるのを見てたんだよ。」
「そうだったの・・・ところで、ポケモンの調子はどう?」
「絶好調だよ。そうだ。良かったらお互いの一番強いポケモンで
バトルしないかい?」
「いいわよ。」
こうして出木杉としずかはポケモンバトルをすることになった。
「行け、ミズゴロウ!」
「アチャモ、負けないで!」
──そして・・・
「負けたわ・・・出木杉さんのミズゴロウ、強いわね。」
「いやいや、しずかちゃんのアチャモもかなり強かったよ。
もう少しレベルが高かったら、
僕が負けてたかもしれない。」
「ありがとう。じゃあ私はもう行くわ。」
「そうかい。今度会ったらまたバトルしよう。」
「ええ。」
しずかはそう言うと、103番道路を後にした。



  • 現在の状況()内は覚えてる技
  • のび助 キモリ♀LV5(はたく、にらみつける)所持金1万円
  • ドラえもん サンド♂LV5(ひっかく、丸くなる)所持金1500円
  • スネ夫 ケーシィ♂LV5(テレポート、サイコキネシス、目覚めるパワー氷)
所持金98万9999円
  • ジャイアン ドガース♂LV10(毒ガス、体当たり、スモッグ、煙幕)
所持金3500円
  • しずか アチャモ♂LV13(ひっかく、泣き声、きあいだめ、火の粉)
    キャモメ♀LV3(水鉄砲、泣き声)
所持金2700円
  • 出木杉 ミズゴロウ♂LV11(体当たり、泣き声、どろかけ、水鉄砲)
所持金3000円


「う、う~ん・・・」
気絶していたドラえもんが目覚めるとのび助とオダマキ博士が仲良く、
お茶を飲んでくつろいでいた。
「あっ、ドラえもん。気がついたのか。良かった・・・」
「パパさん!何でオダマキ博士と仲良くお茶してるの?」
「君が目覚めるのを待ってたんだよ。僕1人で旅するのは心細いからね。」
「ドラえもん君、話は大体のび助さんから聞いたよ。のび助さんはポケモンのことを
全く知らないみたいじゃないか。一緒に旅してアドバイスしてやったらどうだい?」
「頼むよ・・・」
のび助が弱々しい声でドラえもんにお願いする。
ドラえもんはのび助を気の毒に思った。
自分はのび太やジャイアン達がポケモンをやっているのを見ていたので、
ポケモンのことは大体知っていたがのび助はポケモンのことを全く知らない。
いわばド素人なのだ。
そもそものび助がこの世界に来ることになったのは、自分のせいだ。

「分かった。パパさん、僕が色々とアドバイスしてあげるよ。」
「本当かい?ありがとう!」
こうしてドラえもんとのび助の奇妙な2人旅が今、始まったのであった・・・



──101番道路・・・
「ねぇ、ドラえもん・・・」
「何?」
「ジムリーダーからジムバッジを貰うにはポケモンバトルで勝たないと
いけないんだよね?」
「そうだけど・・・」
「ポケモンバトルっていうのは、どうやってやるんだい?」
「そうか・・・まずはポケモンの基本中の基本、ポケモンバトルからパパさんに
教える必要があるね。」
ちょうどそのとき草むらからポチエナが飛び出してきた。
「ちょうどいい・・・あのポチエナと戦ってみなよ。僕がアドバイスするから・・・
パパさん、モンスターボールからキモリを出して。」
「わ、分かった。出てこい、キモリ!」
「キャモ!」
モンスターボールから可愛らしい目をしたキモリが出てきた。
「ああ・・・お前はいつ見ても可愛いなぁ・・・」
「キャモ・・・」
のび助とキモリはお互いを見つめあっていた。

「パパさん!キモリー!後ろ、後ろ!」
「ガウ!」
ポチエナがキモリに体当たりをしてきた。
「キャモ・・・」
「あっ!キモリ!おいお前!僕の可愛いキモリに何をするだァー!」
そう言うとのび助はポチエナを渾身の力で殴りつけた。
「パ、パパさん・・・なんで自分でポケモンに攻撃してるの?」
「だ、だってあいつ・・・僕の可愛いキモリを・・・」
「ガウガウ!」
のび助に殴られたことで、ポチエナは頭に血が上った。
「お前、まだ懲りてないのか!僕の可愛いキモリを傷つける奴は!
絶対に許さない!」
そう言うとのび助はポチエナを殴り続けた。
「君が泣くまで!殴るのをやめない!」



「パ、パパさん・・・やめて!」
「何でだい?こいつは僕の可愛いキモリを傷つけたんだよ?」
「その『僕の可愛いキモリ』って言葉、何回使うつもりなの・・・
しかも自分でポケモンにダメージを与えるなんて・・・
ジャイアンだってそんなことしないよ。
それに、自分でポチエナを倒しちゃったら、キモリに経験値が入んないよ。」
「経験値って何だい?」
のび助がドラえもんに尋ねる。
「経験値っていうのは、ポケモンを倒したときにもらえる数値のことで、
一定の経験値をもらうとポケモンはレベルアップするんだ。
レベルアップすることでポケモンは強くなる。」
「なるほど・・・つもり僕の可愛いキモリがポチエナを倒せば、
キモリに経験値が入るんだね?」
「そういうことだよ。パパさんが弱らせたから、ポチエナのHPは
ほとんど残ってないはず・・・キモリの『はたく』一発で倒せるよ。」
「分かった。僕の可愛いキモリ、『はたく』だ!」
「キャモ!」
のび助の指示を受け、キモリはポチエナに『はたく』で攻撃をした。
するとポチエナは倒れた。
「やった・・・ポチエナを倒したぞ!」
「キャモ!」



「パパさん、キモリ、おめでとう!」
「ありがとう。でも僕の可愛いキモリがポチエナの攻撃を受けて
弱っちゃったよ・・・」
「それなら大丈夫。ポケモンセンターに行けば、体力を回復させることが
できるよ。」
「ポケモンセンターって何だい?」
「まぁ、行ってみれば分かるよ。」

──ポケモンセンター・・・
「はい、お預かりしたキモリは元気になりましたよ。」
「ありがとう。」
のび助はジョーイさんからキモリのモンスターボールを受け取った。
「なるほど。ポケモンセンターはポケモンの体力を回復させるために、
ある場所なのか・・・」
「そういうこと。自分のポケモンが全滅しちゃったらゲームオーバーだから、
ポケモンセンターにはまめに行ったほうがいいよ。ちなみにゲームオーバーになると
現実世界とこの世界の狭間の世界に飛ばされちゃうんだ。」
「その狭間の世界に飛ばされるとどうなるんだい?」
「誰かがチャンピオンになるまで、
ずっとその世界の狭間で待ってないと行けないんだ。」
「そうなのか・・・なぁ、ドラえもん。自分の手持ちポケモンを増やすには
どうしたらいいんだい?」
「ポケモンを増やすにはモンスターボールを使って、野生ポケモンをゲットすれば
いいんだけど・・・教えるより見せたほうが早いな。僕に着いて来て。」
のび助とドラえもんは101番道路へ再び戻ってきた。
するとさっきとは別の個体のポチエナが襲い掛かってきた。



「ウガー!」
「ちょうどいい。僕があのポチエナを捕まえて手本を見せてあげるよ。
行け、サンド!」
ドラえもんはモンスターボールからサンドを繰り出した。
「行け、サンド!ひっかく!」
サンドのひっかくがポチエナにヒットした。
今度はポチエナがサンドに体当たりをくらわした。
「ああ、ポチエナの体当たりがクリーンヒットしちゃった・・・」
のび助が絶句する。
しかしドラえもんは落ち着いてる。
「サンドの防御力を甘く見てもらっちゃ、困るな。サンド、もう1発ひっかく!」
サンドは2度目の『ひっかく』をポチエナにくらわせる。
「よし、そろそろいいだろう。行け、モンスターボール!」
ポチエナを入れたモンスターボールは1回、2回、3回と揺れ、
やがれ揺れが止まった。
「やったー!ポチエナゲットだー!良くやったな、サンド!」
ドラえもんはサンドに抱きついた。
いつの間にか2人の間に友情が芽生えていた。



「こういう感じでポケモンをゲットするんだ。今度はパパさんが挑戦してみて。」
「分かった。誰をゲットしようかな・・・」
すると、草むらからケムッソが飛び出してきた。
「ケムー!」
「ドラえもん、あのポケモンは何だい?」
「ケムッソだよ。成長が早いから序盤にはお勧めのポケモンだ。」
「なるほど・・・じゃああいつをゲットしよう。行け、僕の可愛いキモリ!」
「キャモ!」
モンスターボールからキモリが出てきた。
「キモリ、先制攻撃だ!ケムッソに『はたく』!」
「キャモ!」
キモリの『はたく』がケムッソにクリーンヒットする。
「ケムー!」
今度はケムッソがキモリに『糸をはく』で攻撃する。
「パパさん、気をつけて!『糸をはく』は素早さを下げる技だ!」
「分かった!キモリ、『糸をはく』に注意しながらケムッソに『はたく』!」
キモリは『糸をはく』をくらったことにより、動きが鈍くなっていたが、
2発目の『はたく』をケムッソにくらわせることができた。
「よし、ここでモンスターボール!」
のび助はモンスターボールを投げた。
ケムッソはボールの中に入り、ボールは3回揺れ、やがて揺れが止まった。
「やった・・・ケムッソをゲットしたぞー!!」
のび助は初めてポケモンを捕まえたのがよっぽど嬉しかったのか、
その後20分間は踊り続けた・・・



現在の状況
のび助 キモリ♀LV5(はたく、にらみつける)所持金1万円
    ケムッソ♂LV3(体当たり、糸をはく)
ドラえもん サンド♂LV5(体当たり、丸くなる)所持金1500円
      ポチエナ♀LV3(体当たり)
ジャイアン、スネ夫、しずか、出木杉は前回参照の事。