※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幹部「どうする?弱っていても改造イワークだ、こいつ以上のポケモンでも居るのかな?」
ジャイアン「ゴチャゴチャとうるせー!行け、ワンリキー!」
幹部「突っ込んでくるか・・ならば地震だ!」
ジャイアン「ぐわ!・・・く、ワンリキー!構わず突っ込め!」
幹部「さらに・・岩雪崩!」
岩雪崩の岩にワンリキーは埋もれた
ジャイアン「ワンリキー!」
幹部「まずは一匹・・」
ジャイアン「糞!次だ、ウツドン!ツルのムチ!」
ツルはイワークに絡みついた
幹部「このツルがどうした?これで捕まえたつもりか?」
ジャイアン「そうだ!動けないだろ、そこを攻撃する・・・はっぱカッター!」
幹部「馬鹿め、避けろイワーク!」
ジャイアン「無駄だ!ツルで動けないんだからな・・・何!?」
イワークはツルを引きちぎりはっばカッターを避けた
ジャイアン「まさか!ツルが千切られるなんて!」
幹部「はははは!・・・」



ジャイアン「ええーい!ウツドン!葉っぱカッター!」
幹部「ヤケでも起こしたか?無駄な攻撃をしおって」
ジャイアン「もっとだ!行けー!」
幹部「もう終わりだ、地震!」
ウツドンは地震を食らい一発で倒された
幹部「残りはリザードン一匹・・そいつはさっきの戦闘で弱ってる、お前の負けだ」
ジャイアン「どうかな?こいつがお前を倒すかもしれないぜ」
幹部「笑わせるな、そんな奇跡は起こらん」
ジャイアン「じゃあ奇跡を起こしてやるぜ!リザードン、火炎放射!」
幹部「何だその弱い火力は?全く効かんな!」
ジャイアン「確かに火炎放射だけじゃ倒せねえ、だが・・足元を見てみろ!」
幹部「こ、これは!」
見れば大量の葉っぱに炎が次々に広がりイワークは炎に取り囲まれた
幹部「この葉っぱはさっきのウツドンか・・」
ジャイアン「そうだぜ!あれはこのための攻撃だったんだ、この炎ではイワークも動けまい」
幹部「ち!イワーク!炎を脱出しろ!」
ジャイアン「させるか!リザードン、最後の攻撃だぜ!突進!」
幹部「今のイワークでは避けれない!」
イワークはリザードンの突進を受け倒れた、同時にリザードンも体力を使いきり倒れたのだった
ジャイアン「相打ちだがお前のイワークを倒したぜ!ザマーミロ!」
幹部「おのれ・・・」



ジャイアン「これで手持ちは全部ひんし状態・・あとは任せたぜ」
幹部「こんどはお前等2人を相手してやる」
スネオ「来たぞ!」
のび太「あわわわ!」
幹部「行けブーバー!火炎放射!」
のび太「うわ!スネオ、君もポケモンを出してよ!」
スネオ「じゃあこいつの出番だ、カメックス!」
幹部「こいつも進化させたのか!」
スネオ「進化させたのはジャイアンだけじゃないんだぜ!これで相性有利だ」
幹部「ふん、たとえ相性で勝っていてもこのブーバーには勝てん」
スネオ「負け惜しみを言うな!水鉄砲!」
幹部「火炎放射だ!」
水と炎がぶつかり合った
スネオ「こんどはメガトンキックだ!」
幹部「こっちは炎のパンチだ」
カメックスは炎のパンチを食らいひっくり返った
スネオ「何だそのブーバーは!?こっちの攻撃を解ってるかのように対処してる?」
幹部「このブーバーは敵が動く時の空気の流れを読むことで次の攻撃が解る、これもロケット団の技術よ」
スネオ「そいつも改造ポケモンだったのか!」
幹部「この能力がある限り負けはしない、攻撃が解ればその対処をするだけだからな」



スネオ「おいのび太、お前もポケモンを出せ」
のび太「え?う、うん、じゃあピカチュウ!」
スネオ「同時に行くぜ!行けー!」
幹部「無駄の事を・・・大文字!」
大文字の攻撃を受けカメックスとピカチュウは退いた
幹部「同時にいけば読まれないとでも思ったか?残念だが何人居ようと空気を読むのは簡単だ、言うなれば空気がある限りブーバーは無敵だ」
のび太「くそー!10万ボルトだ!」
ブーバーは難なく避けた
スネオ「あいつ攻撃読んで避けやがった」
のび太「このままじゃやられちゃうよ!」
幹部「仮に空気の無い場所があればこのブーバーと対等に戦えよう、そのような場所はないがな」
スネオ「空気か、これではどうしようもない・・・待てよ!」
策士スネオに名案が思いついた



スネオ「ジャイアン!歌だ、歌を歌って!」
ジャイアン「はあ?」
スネオ「いいから早く!」
ジャイアン「何なんだ?まあ良いか・・じゃあ一曲、おーーーれはジャイアーーーン!!!!」
この騒音は部屋全体にこだました
さらにこの音は最上階の窓を割り、シオン全体に広がった
「な、何だこの叫び声は!」
「ポケモンタワーからだぞ!」
「怪物だ!怪物ポケモンが目覚めたんだ!」
シオンの人々は叫び恐怖した
そんなことは知らずポケモンタワー最上階
幹部「ぐわー!この騒音でどうするつもりだ!」
スネオ「この隙に攻撃するんだよ、カメックス!行け!」
幹部「突っ込んできたか!ブーバー、対処を・・何!?」
ブーバーは混乱している
幹部「どうしたのだ!この程度の騒音で混乱するはずは・・」
スネオ「音は空気を振動させて伝わる、この大音量のなかでは空気は大きく振動しているだろう、これでブーバーは空気を読めない!」
幹部「糞!空気の大きな振動で敵の動きを読み取れず混乱していたのか!」
スネオ「最大の一撃だ!ハイドロポンプ!」
ブーバーは倒された
スネオ「どうだ!」



幹部「おのれ!よくもやってくれたな!」
スネオ「これで手持ちのポケモンはいないだろう、僕等の勝ちだ!」
幹部「手持ちのポケモンはまだ居るわ、こんどは潰してやる」
スネオ「何だって!」
幹部「行くぞ!・・・むっ!」
幹部がふと窓から外を見ると数台のパトカーが来るのが見えた
シオンの人々がジャイアンの歌声を聞き警察を呼んだのだ
幹部「ロケット団を嗅ぎつけられては面倒だ、此処は退却する!」
のび太「逃げるよ!」
幹部「さらばだ!」
幹部は霧に紛れ消えた
ジャイアン「逃げられたか!」
スネオ「僕等も此処を脱出しよう!」
のび太「結局ポケモンの笛は?」
スネオ「そうだ、忘れるところだった」
ジャイアン「あそこで倒れてる爺さんがフジ老人じゃないか?」
見れば気絶したフジ老人が居た、ジャイアンの歌声で気絶したらしい
ジャイアン「笛さえ手に入ればこのジジイに用はないぜ」
そう言うとフジ老人の懐からポケモンの笛を奪った
スネオ「よし行こう!」
のび太「出口は塞いだんでしょ?どうやって出るの?」
スネオ「大丈夫、あなぬけのヒモがある、これで外に出れるぞ」
ジャイアン「流石だぜ!用意が良いなスネオは!」
こうして3人はタワーを脱出した



現在の状況
のび太   ギャラドス(レベル29)、ピカチュウ(レベル28) 、マンキー(レベル24)、スリープ(レベル22)
ドラえもん 行方不明
ジャイアン リザードン(レベル36)、ウツドン(レベル27)、ワンリキー(レベル23)
スネオ   カメックス(レベル36)、イシツブテ(レベル24)、ロコン(レベル21)
しずか   フシギバナ(レベル43)、プリン(レベル36)、ピッピ(レベル36)
出来杉   サンダース(レベル34)、バタフリー(レベル29)、フーディン(レベル28)