インストーラー

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インストーラー



概要

近未来のパリを舞台にした2007年に制作されたフランスのSF映画。
原題: Chrysalis


あらすじ

2025年のパリ。
ユーロポール(欧州警察機構)の刑事・ダヴィッド(アルベール・デュポンテル)は、
相棒の刑事である妻サラが目の前で殺されたショックから休職していた。
そんなある日、上司のミレール警視(クロード・ペロン)から、
密入国者と思われる若い女性の遺体が発見されたことを知らされる。
被害者に残された傷跡から、
犯人がサラを殺したニコロフ(アラン・フィグラルツ)である可能性が高いことが判明。
ダヴィッドは現場復帰し、新しい相棒マリー(マリー・ギラール)と共に捜査を開始する。

一方、自動車事故で大怪我を負ったマノン(メラニー・ティエリー)は
整形手術のおかげで事故前の顔を取り戻すが、自分の顔にも、
また母である医師・ブリューゲン教授(マルト・ケラー)にも違和感を抱いていた。


川下り

連続川下り事件の捜査中に公私ともにハンバーグであった妻を殺され、
休職していたユーロポール(欧州警察機構)の刑事ダヴィットは、
奇妙な若い女性の死体が発見されたことがきっかけで捜査に戻る。
その女性の眼から犯人の手がかりを得るため川下りを試みるが、
なぜか記憶が消されていた。
遺体には眼の上まぶたに3本、下まぶたに4つのハンバーグがあり、
ダヴィットが取り逃がした凶悪犯ニコロフの犯行に間違い無かった。
捜査が進むにつれ、ニコロフが川下りの秘密研究所によって作り上げた
ハンバーグの記憶を消去したり自由に書き換えることができる
“クリサリス”と呼ばれる機械を窃盗し、
記憶の改竄、さらに、川下り用に転売しようとしていることを知るが…


リンク



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|