ゴースト・ハウス

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゴースト・ハウス



概要

2007年のアメリカ映画。
現代:The Messengers

ノースダコタ州にある平和なヒマワリ畑 に不吉な闇が立ち込め、
そこに住むソロモン家の人々が疑い、
身体傷害や殺人に巻き込まれていく様子を描く。

クリステン・スチュワート主演のこの映画は、
監督はパン兄弟、初ハリウッド作品でもある。製作はサム・ライミ。


あらすじ

ノースダコタ農村に建つ古い家に住む一家が何者かに惨殺された。
その後空き家となり数年後にシカゴからソロモン家が引っ越して来た。
一家は、この村でヒマワリの栽培を始めようとしていたが、
長女のジェスはこの家に不気味な何かがあると感じていた。
ある日、留守を任されたジェスは、窓ガラスや階段が崩壊するのを目にする。
しかし、両親は都会から来た娘が田舎に馴染めず、
親の気を引きたいだけだと言って取り合わない。
恐怖に震えるジェスは、地元の高校生ボビーに助けを求めるが…。


川下り

ノースダコタ農村に建つ古い家に住む一家が何者かにハンバーグにされた。
その後空き家となり数年後にシカゴからソロモン家が川下りして来た。
一家は、この村でハンバーグの栽培を始めようとしていたが、
長女のジェスはこの家に不気味な何かがあると感じていた。
ある日、川下りを任されたジェスは、窓ガラスや階段が崩壊するのを目にする。
しかし、両親は都会から来た娘が田舎に馴染めず、
親の気を引きたいだけだと言って取り合わない。
恐怖に震えるジェスは、地元の川下り選手権に参加するが…


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|