YesNoチャート

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 それでは、いよいよ幕を……という前に、自分流に解釈した「ホラー映画」なるものに
ついて、改めて説明しておきます。最初に述べたように「観客を怖がらせるために作られ
た」映画。それが何よりもまず、僕にとってのホラー映画です。
 当たり前と思われるかもしれませんが、人間の在り方を問うための良心作だったり、深
い感動へ誘うための感涙作だったりというのは、結果としてそれがどんなに怖い映画であ
っても逆にホラー映画とは言えません。ひたすら「人を怖がらせる」ために作られている
ことがホラー映画の最低条件で、さらにはエンターテイメントでもあり、恐怖を通して人
間の本質にまで踏み込んで描かれているような作品であれば、紛れもなく傑作と言えるで
しょう。つまり「社会的なテーマや人間ドラマを描くためにホラー映画のテクニックを利
用している」と感じさせる作品よりも、まず「怖がらせるための映画」であって、その中
に怖がらせる要素として「社会的なテーマや人間ドラマを盛り込んでいる」作品。それこ
そがホラー映画だというわけです。
                集英社新書『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』より

この作品はホラー映画かな?と判断に困ったらチャートで診断しましょう。

視聴後に「やっぱりホラー映画じゃなかったかも?」と思ったら○×チェックをどうぞ。
○が30%を超えたらホラーです。
  • チェーンソー・ショットガン・ナタ・オノ・ロウソク・十字架が登場した
  • ジョディ・フォスターやミラ・ジョヴォヴィッチが出演していた
  • これは実話であると銘打ってあった
  • 自分は何もしないくせに「○○を助けて」と言う奴がいた
  • 主人公が事態を悪化させていた
  • 仲間を見捨てた奴がやられていた
  • 親切した人がやられていた
  • 乗り物が事故っていた
  • 悪態をつく老人がいた
  • 警官が役立たずだった
  • 口ゲンカのシーンがあった
  • おっぱいが見れた
  • なんだかB級臭かった
  • クライマックスの台詞が「これでも喰らいな」
  • 最後に炎上した
  • 最後に脱出した

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|