アイ・アム・レジェンド

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイ・アム・レジェンド
amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。


概要


2007年のアメリカ映画。
リチャード・マシスンの小説 『吸血鬼(地球最後の男)』 の3度目の映画化作品。
ウィル・スミス主演。

ゾンビ映画の一種といえる。


あらすじ


予防不能、治療不能のウイルスによって汚染された地球。
なぜか免疫があった軍所属の科学者ネビル(ウィル・スミス)は、
荒廃したニューヨークで---あるいは世界で---ただ一人の生存者となった。
必死に他の生存者を捜すネビルだったが、生存していたのはヒトではなかった。
ウイルスによって変異したミュータントたちが闇に潜み、ネビルを監視していたのだ。
ネビルが致命的なミスを犯すのを待ち続けるミュータントたち。
過酷な状況の中、ネビルを支えているのはただひとつの希望。
それは免疫のある自分の血液からウイルスを根絶する薬を作り出すこと。
迫り来るミュータントとタイムリミット。地球最後の男に希望はあるのか?


関連項目




リンク


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|