谷口「おいキョン! なんだよこれ!?」

そう言って谷口が持ってきたのは女性向けファッション雑誌。
なんでお前がそんなモン持ってんだ。

谷口「坂中が持ってきてたんだよ。もうクラス中噂だぞ?」

何の事だ? 解るように言ってくれ。

谷口「なんだよお前、知らねえのか? とにかく、見てみればわかる!」

そして目の前に差し出された雑誌のページ。
そこには世界の衝撃映像100連発な光景が広がっていた。


アダムが私にもっと輝けと言っている by れい(14)
萌えシーンの最前線に立ちつづける覚悟はありましゅか? by みっくみくるにしてやんよ
一つだけいえる真理があるわぁ。乙女なら黒に染まりなさぁい by Ag
黒の魔力の引き出し方が知りたかったら私を御覧なさい by 魔女っ子
千の言葉より残酷なナイフという説得力 by いいんちょ
いつだってチビ人間に逆らって生きてきた by グリーングリーン
私をこんなにも酔わせる図書館の奇跡 by 眼鏡属性って、何?
磨き上げた乙女をお父様は裏切らない by 薔薇地獄
全てのサーヴァントを天に還す時が来た by はらぺこ王
電脳という劇場に舞い降りた妖精 by なぜなにおねえさん
知ってたかしら? 卵焼きは鶏の象徴なのかしらー byピチカート
うにゅ~5個すら食べ尽くすワイルドさ! by 15
おじいさんは一直線に僕の虜 by シザーマン
全米が泣いた伊達ワル・エヴァ・ムービー(序) by 正義のレッド
この瞬間、世界の中心は間違いなくあたし by 団長

……この雑誌に載っている女性の中の一人は、今顔を真っ赤にして机に突っ伏している。
どうも街をこの面子で歩いていた時に撮られたそうだ。
ていうかどんな人数で街を闊歩してたんだ。
俺や古泉の知らない所で、また騒動の火種を巻いてきたに違いない。
いや、すでにこれが騒動の始まりか……。
なお、本人のプライドのためにも、このキャッチコピー自体は
本人が口にした事ではないと断言しておく。
……一部の面子は喜んでポージングしながらコピー通りの言葉を吐いていたようだが。

ルリ「……だから人前に出るのは嫌なんです」
レイ「……そうね」
有希「でも、ユニークな体験だった」
ルリ「まあいいです、今日はもう寝ましょう」
レイ「このまま朝までオマエ抱き寄せて過ごそうか」
ルリ「……伊達ワルですね……バカ」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー