レイ「誰もいない」
シンジ「もう駄目なのかな……」
レイ「人は常に新しいものを求めて生きていくわ」
シンジ「でも、もう一度会いたかったんだ」
レイ「それでいいの?」
シンジ「わからない、でも、この気持ちは本当だと思うから」
レイ「何故泣いているの?」
シンジ「綾波は……生きているから、ここに……いるから、いて……ほしいから」
レイ「ごめんなさい、こんなときどんな顔をすればいいかわからないの」
二人目のレイ「笑えばいいのよ」
レイ「そう…………ありがとう」
シンジ「ありがとう」

 

特に意味なし



シンジ「・・・・・こんな時に笑える訳ないよ」
レイ「碇君の言う通り・・・・・」

 

 

 

 


ゲンドウ「ククク、過疎っているな。
そのスキにルリルリは貰っていくぞ」
レイ「ぢぢぃ・・・・・2人の時間を邪魔するな」
ゲンドウ「!?」
シンジ「父さん・・・病院に(ry」
ゲンドウ「!?」


特に意味無し



有希 「夜でもないのに、雷、雨風の声」
ルリ 「……うまいこと言ったつもりですか?」
レイ 「こんなとき、どんな顔を(ry」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー