その日は、よく晴れた日で、今日はいい日だ、なんて、暢気に思っていたんだ。

                   「レイ姉さんとルリが誘拐された」

                     「レイ姉さんはネルガルに」


「社長派も禄なことをしてくれないねぇ」
「……どうしますか」
「どうもこうも、全力を挙げて救出に向かってくれ」


                       「ルリはネルフに」

                                     「ドイツ支部の仕業か?」
                                     「ああ」
                                     「どうする?碇」
                                     「問題ない」
                                     「……保安部の特殊部隊を手配しておくぞ」


             「情報統合思念体はこの変化に興味をもっている」

             「涼宮ハルヒがどう動くのかを観察しようとしている」

            「よって私がこの事象に干渉するのは許されていない」

                        ああ、長門

                         「しかし」

                お前の親だかパトロンだかに伝えておけ

      「私は涼宮ハルヒ、及びさまざまな力の影響によって偶然『家族』を得た」

                      くそったれ、ってな

            「私という固体はこの幸せを手放したくないと考えている」

                         安心しろ

                   「レイ姉さんとルリは助け出す」

                 何の力もないけど俺も手伝ってやる

                         「必ず」

                     だから泣くな、長門

                      「……ありがとう」

さて、まずは古泉辺りに話してみるとしよう。あいつは一度だけ長門を助けると約束しているしな。
朝比奈さんやアキト兄さん、シンジなんかにも連絡しなければ。いざとなったらハルヒも巻き込まなければいかんだろうしな。
今回はやれやれなんて妄言を吐くことは出来ないだろう。なぜなら俺は報酬を貰ってしまったからだ。
長門のゆるやかに降る、水じゃなくてもっと寂しい……しかし何よりも美しい宝石を。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー