「飲んで・・・」

「対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース、それがわたし。
 3年前・・・・情報爆発が・・・涼宮ハルヒを中心に・・・」

ゴソゴソと、隣の部屋で蠢く影が二つ
(ちょっと、お姉ちゃん見えないよ!)
(しっ!静かに・・・。ばれてしまうわ)
(わたしも見たい!有希ちゃんがボーイフレンドを連れて来るなんて事件だもの)
(そうね・・・あのコ、わたしと違ってうぶだから・・・心配だわ・・・・)
(・・・レイお姉ちゃんがそれを言う?)
(ルリ・・・どういう意味かしら?わたしには碇くんと言う立派な・・・)
(わっ!押さないでよ)(きゃっ!)(わわっ!)

「・・・自律進化の可能性を・・・・」
がちゃ、ばたばた!
「「きゃあ!!」」

「「「・・・・・」」」」
キョン「えっと・・・こちらは?」
有希「姉と妹・・・」
キョン「ははは・・・可愛いご姉妹ですね。・・・・・それじゃ、俺はこの辺で。お邪魔しました」

レイ「・・・悪い人じゃなさそうね。
   って有希ちゃん、怒ってる?止めて、わたしが死んだら替わりはいないもの・・・」


特別な風景・久々の姉妹喧嘩





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー