邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 乙 指定

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


名前:乙 指定(きのと むねさだ)


種族:人間
性別:女 
年齢:14
一人称:あたし
二人称:あなた
三人称:あのひと

口調:一応、丁寧でおとなしめ。

大切なもの:ハサミコレクション
趣味:スイーツ巡り

容姿:
 低めの身長に眼鏡と短髪、おとなしめの格好をしている。
 おっぱいがやや大きめで、全体的にふっくらぽっちゃり気味。

BGM:

使用技:
 眼の能力により、身の回りにあるもの全てを戦闘に使用できる。
 ペンもフォークも、テレビさえ武器になる。
 その戦い方は、往年の殺人探偵「鳳 仙花」にも似ている。

装備品:
 彼女の場合は手にしたあらゆるものが武器となるが、お気に入りは大型のマルチシザーナイフ。
 普段はハサミだが、分解して2本のナイフとして使用できる。
 非常に多用途で乙のお気に入りだが、眼の能力により、実は他のモノを使った方が強くなる場合の方が多い。

キャラクター:
 おとなしく人あたりのいい性格をしている。
 別にこれは演技ではなく、いつでも素の性格で暮らしている。

 が、彼女が唯一持つ異常性が『殺人衝動』である。
 息をするとか水を飲むとか、そのレベルで“人を殺さずにいられない”という性癖を持つ。


設定:
 彼女が初めて人を殺したのは、小学校時代である。
 強姦魔にレイプされかかった際、持っていたハサミで首を斬って殺したのが最初。

 その時彼女は自身の能力に気づき、そして同時に全く罪悪感を抱いて居ない自分、
そして“もう自分は人を殺さずに居られない”という事を知る。

 その日以来、彼女は『人と会った時、相手を殺す事を考えずに生きられなく』なった。



 現在はその性癖は隠したまま、普通に学校生活を送っている。
 しかし彼女にとって殺人は日常の一部であり、どこかで人間を殺し続けている。

 何故人を殺すのかという問いに対しては、「あたしはそういうヒトだから仕方ない」らしい。



.
添付ファイル