邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 竜胆流古武術

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【竜胆流古武術】
竜胆家に代々伝わる護身術であり、菖蒲はその全てをマスターしてはおらず我流に近いが、その身体能力によって驚異的な威力を発揮している。
その理念は「一撃必殺」であり、全ての技にまともに当たれば対象を戦闘不能にするだけの威力が存在する。
だがそれ故に攻撃発動後の隙が大きいものが多く、通常は「技」同士を繋げる連撃の概念も存在しない。
しかしその欠点は菖蒲、文目の独自の改良によって徐々に克服されつつある。

攻撃・発勁打撃(体内破壊)


  • 紅葉(こうよう)
横半身の構えから重心を乗せて放たれる掌底打。
浸透勁に近い効果があり、衝撃を対象内部へ蓄積させ、臓器等への直接的なダメージを与える。

  • 電光(でんこう)
捻りこむようにして放たれる拳。衝撃の貫通力が高く、外的破壊の拳技としては竜胆の技でも屈指の威力を誇る。
ボクシングで言うコークスクリューに近いものであるが、紅葉同様に体の芯に重く残り続けるのがこの技の特徴である。
紅葉と違い、下半身のタメが無い状態でも撃つ事が出来るが、当然威力は下がってしまう。

  • 極光(きょっこう)
電光の発展型であり、一度拳が触れた状態からもう一段階、体ごと相手に押し込むことで人間の身体をも吹き飛ばすような破壊力を生む。
最初に打ち込まれた衝撃にもう一撃の衝撃が追いついて内部で弾ける事で、電光よりも内臓に多大なダメージを与える物となっている。
また、ほぼ密着しているような状態からも打ち込むことが出来るのも特徴である。

  • 菊花(きっか)
一度壁などの障害物に打撃を当て、その反動を利用して逆方向に放つ打撃である。
近距離では拳によって前後の敵を同時に薙ぎ倒し、遠距離では障害物を蹴りつけて加速してからの飛び蹴り等に使われる。

  • 梅花(ばいか)
肩を使った当身。
打撃としての効果は少なく、単純に敵を叩き飛ばして間合いを取るための物である。
が、熟練者はこの攻撃に紅葉同様の内部破壊効果を付随することも出来る。

  • 桜花(おうか)
景雲使用状態で放たれる、渾身の飛び蹴りである。
体全体を使って叩きつけるような攻撃であるため、当然ながら隙は非常に大きいものとなる。
が、その威力は絶大であり、相手の内部臓器にその衝撃を集約させることで一撃必殺の破壊力を誇る。

  • 神威(かむい)
体に溜められた気力を練り上げ、大気、空間そのものに対して発勁し、なんていうかこうエネルギー弾を撃つ奥義。
使い勝手が非常に良く、小分けにして連打、拳に纏わせて打撃、反対側に撃って加速、溜めまくって一撃必殺など、なんでもござれ。
かめ○め波から霊○、スペ○ウム光線まで自由自在に撃つことができる。
ちなみにかめ○め波級一発分の疲労度は、一般人の自慰一回分。

攻撃・通常打撃

  • 秋水(しゅうすい)
独特の軌道、角度から放たれる手刀、もしくは足刀。
通常の手刀に対し、まさしく日本刀の反り、撓る鞭のように滑らかに放たれるのが特徴である。
熟練者ならばこの技によって丸太を切断することすら可能にする。

  • 強風(きょうふう)
吹き荒れる突風のごとく、面を覆いつくすように放たれる高速の連打。
一発の威力は通常打撃と変わりないものの、この全ての打撃を眼で追ってかわしきるのは至難の業である。

  • 月光(げっこう)
前動作なしで、肩口から一切の無駄な動作を省いて放たれる突き。
達人はその動作の際、音や振動どころか、殺気すら放つことなく撃つことが可能だと言う。
熟練の格闘家ほどこの技に対して反応しづらく、ほかのどの技よりもクリーンヒットを狙いやすいが、それだけにこの技に十分な威力を持たせるには相当な腕が必要である。

  • 明星(みょうじょう)
不規則な軌道を描く回し蹴り。
動作に入ってから直撃までの間の速度や軌道が不規則に変化するため、実際の速度を捉えにくく、相手の眼からは時に足が分身して見えることさえあると言う。

  • 晴嵐(せいらん)
大きな風車を思わせるかのような体勢で放たれる、縦回転の足刀。
上半身を中心にまるで体が跳ね上がるかのような軌道で即座に放たれ、近接して戦っている相手からは蹴りが何処から出てきたのか判断できない。
だが、その動作の大仰さから、かわされた場合に出来る隙は窮めて大きい。

  • 陣風(じんぷう)
体をひねり助走をつけながら飛びあがり、回転を利用して体ごと叩きつける旋風脚。
蹴るというより「脚でぶった切る」と形容したほうが正しいほど豪快な技であり、頭部への直撃は並みの獣人でも昏倒させるほど。

  • 飛燕(ひえん)
竜胆の技には非常に珍しく、「打撃を放った後」を前提とした技である。
いわば明星の拳突版であり、一度放った突きの手を戻す際、最後まで引ききらずに無理やり軌道を変化させる。
威力は決して高くないが、それまでと全く違う軌道、狙いから打撃が飛んでくるために防御が非常に困難であり、致命打になる場合が多い。

  • 千鳥(ちどり)
前に出た相手の足を踏みつけて飛び、空中で倒立し、交差させた両踵で相手の顎を挟むように跳ね上げる。
たいていの場合は一撃で相手が昏倒するが、なんていうかエア・カット・ターミネーター。

  • 天龍(てんりゅう)
???

攻撃・投げ、固め技


  • 烈風(れっぷう)
相手を頭上に持ち上げ間接を極め、高速回転させて放り投げ、叩きつける技。
まともに食らえば各関節が無事で済む筈も無く、決め技として使われることが多い。

  • 烈風改(れっぷうかい)
菖蒲が独自に考案した技である。
相手を頭上に跳ね上げた後、落下してきたところを狙って跳ね上がるように菊花を放つ。

  • 回天(かいてん)
相手の正面からジャンプして両肩に乗り、両足で頭を挟みこむ。そのまま自分の頭を振り子の錘のように使って後方に倒れこみ、相手の股の間を潜りこむ。その勢いを使って相手を前方に回転させつつ、両足を取り回転エビ固めでフォールを狙う。

  • 鳴海(なるみ)
空中にいる敵の背後にまわり、両手両足を背に回させて関節を極め、そのまま全体重を乗せて地面に叩きつける技。
相手があまりに悲惨なことになるため、菖蒲は好んで使いたがらない。

防御・化勁


  • 雲龍(うんりゅう)
龍の口が如く両掌を縦にそろえて構え、敵の突きを挟み込むような動作から利き足と反対方向にねじり、利き足は踏み出して敵の足を払う。
基本的に脳天から叩き落す技であり、受身を取るのが非常に困難である。

  • 金剛(こんごう)
腕を十字に組んで前面からの攻撃を守る、完全に防御に徹した構え。
防御性は非常に高いが、一転して攻撃に転じにくいという弱点もある。

  • 山彦(やまびこ)
横半身に構え、掌を突き出す構え。
敵の攻撃を掌に受けると同時に呼応して半回転し、攻撃の威力をそのまま上乗せして敵に打突を返す。

  • 秋月(あきづき)
横半身に構え、同じ側の腕と足を前に出し、重心を後ろに置く構え。
相手の突きを肘と膝で挟み込んで拳をつぶし、そのまま裏拳を振りおろす。

剣術(文目が使用可能)


  • 初鷹(はつたか)
鞘から抜き放つと同時に繰り出される斬撃。いわゆる居合いの部類。
攻撃終了動作から流れるように白鷹の構えに移行することが可能。

  • 白鷹(しらたか)
刀を頭上に掲げるようにして横半身に構え、切っ先を相手に向ける。
まるで舞い降りる鷹のごとく頭上より振り下ろす刺突技。攻撃終了動作から流れるように蒼鷹の構えに移行することが可能。

  • 蒼鷹(あおたか)
低く地面を這うような体勢から、顎から脳天へ貫かんと突きあげる技。
空へ舞い上がる鷹のごとく死角から襲いかかる。鷹形の技は初鷹~蒼鷹まで連撃で打ち込むことが可能。
竜胆の技としては非常に珍しいが、文目の独自考案した繋げ方と思われる。

足運び


  • 迅鯨(じんげい)
踵を浮かし、膝にタメを作った状態での構え。
拳に力は入らなくなるものの、前後左右八方への非常に俊敏な動きを可能とする。

  • 蒼龍(そうりゅう)
両足を地に着け、聞き手を引き、反対側の手を突き出した構え。
攻撃重視の構えであり、拳に十分に力を伝えるが若干隙が大きくなり、防御の対応も遅れがちになる。

  • 疾風(はやて)
迅鯨をさらに速度特化させた足運び。
最高速は上昇するものの、代わりに小回りを失う。

身体補助・内功(身体能力操作)


  • 景雲(けいうん)
竜胆独特の呼吸法であり、横隔膜の運動で体の内部に勁を発生させ、間接の稼動を爆発的に加速させる技である。
専門の訓練に加え、間接の無理な稼動に耐えられるだけの強靭な肉体が必要となる。

  • 彩雲(さいうん)
景雲とは対を成す呼吸法であり、少ない酸素で出来る限り長く身体を稼動させるための技である。
体力を温存し、回復に努めたり、精神を研ぎ澄ませ一撃の精度を上げる際に使用される。

  • 叢雲(むらくも)
景雲と彩雲、二つの特性を持つ呼吸を混ぜ合わせ同時に発動することで竜胆流内功の奥義、叢雲となる。
本来、あまりに複雑な技であるため習得は最低30年の修行が必要であると言われているが、菖蒲は文目の人格とそれぞれ思考を別々に行い、等しく体の機能を分けることで二つの呼吸を同時に行うことが可能となった。
発動時には全身を赤いオーラが纏い、髪の毛が逆立つ現象がみられ、身体能力が二乗的に向上する。
強力な攻撃力と爆発的な瞬発力を手に入れることができるが、反面、反動も大きく、急激な方向転換や長時間の使用は扱う者自身に致命的なダメージを与える。

???

  • 龍鳳(りゅうほう)
???

  • 心神(しんしん)
???

  • 神龍
???