邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ ジュルノ=ジュバァーナ > ⅩⅠ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジュルノ=ジュバァーナ・ⅩⅧ

 「昔、ミスで相棒を死なせたって話したろ。
  ……あれはオレが殺したんだよ」


ジュルノ=ジュバァーナ・ⅩⅠ

 あれはオレが11の頃、冬のイギリスで、魔術兵の圧倒的火力に追いつめられていた時だ……。
 むこうは日没が早いからな、4時にはもう真っ暗さ。

 気がついたら相棒がいなかったんで、心配になって陣地を捜し回っていた時、休憩している戦闘班主力の方から悲鳴が聞こえた……!


 現場へ駆けつけたら、オレの相棒がナイフを振りまわして暴れてたんだ。
 精神操作系の眼か魔術で操られているのは明白だった。

 オレはどうしていいか分からずに立ち尽くした。
 まだ健在だった右腕には得意の狙撃銃を提げていたが、こいつを相棒に向けるなんて考えられないことだ。

 そうこうしている内に1人死んだ。

 周囲からは殺せという声や取り押さえろという声が入り交じり、前に出ようとする士官、報告に走る兵、腰を抜かす者……。
 また1人死んだ。


 そして相棒はオレを見つけると、狙撃の腕を知っているようにオレへ飛びかかってきた。

 相棒と眼が合った時、自分に殺意が向けられた時、初めて現実感が湧いてきた。
 身の危険を考えるより早く、オレは相棒の震える腕について考えた。

 …………。

 ナイフが届くギリギリ、オレは相棒の心臓を射ち抜いていた。


ジュルノ=ジュバァーナ・ⅩⅧ

 柄にもなく、少し泣きそうになったが、月を眺め続けることで涙が落ちることを制御した。

  「……成るほど、ね。
   …不可抗力だよ、それは」

 「不可抗力……果たしてそうかな?
  オレがもっと精神的な強さを持っていれば、取り押さえることも可能だった。

  ……そこまで行かずとも、『仲間殺し』にさせる前に殺してやることは出来た。
  彼の尊厳を護ることは出来た。

  この事態、オレのせいでなくて誰のせいだ。
  オレはあいつの相棒だったんだよ」


  「…雅さんの話と、重ねてるのかな」


 「仮に自分が操られたとして、解放された時、仲間を殺している事実を知ったらどうだ。
  誰も怨めない、仲間殺しは自分の意識の中で死ぬまで付いて回る。

  オレァ、君がそんな目に遭うかもしれないのが怖いよ。
  到る理由はどうあれ、責任は持たなきゃいけないしな。

  嗚呼、君の云った通りだ。
  本当に月が綺麗だな……」

 より深く過去に浸るかのように、ゆっくりと目を閉じる。

  「……僕は、たぶん大丈夫だよ。
   僕は確かにソラのことを第一に考えてるけど…絶対に君を不愉快にさせるような事だけはしない。
   ……君の親友として、約束するよ」

 オレの額をレオナが撫でる。

  「……ああ、本当に綺麗だね、……綺麗だ」

 いつの間にか、オレも彼女も目の端に涙を溜めていた。

 「そうか……。
  安心したよ、レオナ」

 レオナ曰く、オレが瞼を下ろすと、普段からは想像もできないくらい穏やかな顔だという。
 その表情が涙を零し、安らかに眠りへと落ちた。