邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 烏丸 鎖時

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:烏丸 鎖時(からすま さじ)
種族:人間
特性:降神憑き
特性:星を観る者―スターゲイザー―
性別:男
年齢:10
一人称:鎖時
二人称:あなた
三人称:かれ、かのじょ
口調:わざとらし過ぎる敬語
口癖:反省してます
好きなもの:そんなもの無い
嫌いなもの:家族
容姿1:白を基調としたゴシックロリータに黒のバンダナで目隠し、鉄製の杖
容姿2:130cm、32kg
装備:杖
戦術:闘うことはできなさそうだ
職業:小間使い
所属組織:白虎会
出身世界:邪気街
タイプ:不明
設定:
ジュリオとフィーネの子の、フィーネが生んだ方。
射月と違い、こちらは5年も粘ってから生まれやがったため、出産直後から言葉を話した。
父によく似て女性のような顔立ちで、ある理由で女装している。
自分が可愛い事については重々自覚しているようで、事実、容姿は「作りものに見えるほど」美しい。

精神がちょっぴり狂ってしまっているのは、幼少時に某シャーリアから受けた暴行のせいである。

家族の事が嫌い。本当に大嫌い。
父親とか死ねばいいと思ってるし、母親は達磨にして売り飛ばされれば幸せ。
兄弟はみんな纏めて富豪の慰み物にでもなればいい。
でも殺す力も無いし、基本が盲目では余計にどうしようもない。
普段は実家に変えることなく、ふらふらとを株を転がしてどこかを泊まり歩いている。

目が見えない代わりに他の感覚器官が非常に鋭敏で、音と匂いで色を察知する事すらできるために、盲目はさほど問題にならない。
しかし純粋に眼で見るよりも若干のタイムラグが有り、戦闘となると致命的である。
眼も使えないので戦闘力なんて存在しない……筈なのだが……

家族に対しては表情も言葉も全て嘘っぱちになる。
死んでも自分の本心なんて晒したくないし、晒されるくらいなら死んだ方がましだと思っているし、第一心を除いても理解不能で意味が無いと思われる。
たぶん父親に掘られているかもしれないが、それに関してどう思っているのかはちょっと聞けない。
掘られていても自主的に記憶を消去しているかもしれない。
ただ、外で生活する分にはそれなりに子供らしい一面も覗かせる事が有る。

「死んでほしいランキング」は上位からシャーリア、ジュリオ、フィーネ、シャーリア死ね、糞シャーリアである。
逆に、「まあ関係ないとこなら生きてても良いかな」ランキングは上位からエルティ、射月、アティ、りり、ジュルノである。

現在は季紫組に厄介になっている模様。
財務担当であるが、自分の本当の利用価値には気づいていない。
戦闘スタイル…出来れば闘いたくは無いのだが
破壊力 防御力 俊敏性 テクニック 思考力 射程 総合
そもそも彼は戦闘を好まない。彼自身の戦闘能力も高くなく、むしろ皆無と呼べるレベルである。ただし、彼は幾重 麗夢同様の能力と体質を有している。その特異さは未知極まりないポテンシャルを隠し持っているとして間違いないだろう。眼の能力をメインとして闘う相手に対しては、切り札とも言える「禍挿し」や、相手の情報を知ることのできる「盗み擬記」、共闘相手によっては無類の爆発力を発揮する「降神憑き」など、補助役としてはトップクラスの性能を誇る能力者である。ちなみに、ドロシーと彼の体質、能力特性は似通った部分が多いが……
「降神憑き―オリガミツキ―」
元々持つ「魂の器」に対して、本人の魂が締める割合があまりに少ないために、霊や魔に憑かれやすい体質。幾重 麗夢も同様の体質である。これを逆手にとり、土地神や悪魔といったような物を憑依させても精神が蝕まれることなく闘う事が出来、種族が神族、魔族、霊、妖怪、妖精で有る者を身体に憑依させ、その能力を最も最適な状態で発揮する事が出来る。
「星を観る者―スターゲイザー―」
常人よりも遥かに高い感受性と、直観力を持った高次元視を操る力。危機察知能力や、空間認識能力が飛び抜けて高く、新たな新天地開発において重宝すると視られている。鎖時はこれを自身の脳のキャパシティを超えない範囲で有る程度操る事が出来る。
「二つ降り―フタツオリ―」
二人以上の神、魔、霊、妖を憑依させ、それぞれの能力を加算する。強力だが、身体への負担は大きい。
「盗み擬記―ヌスミギキ―」
能力者と眼を合わせる事によって、その能力の詳細を知る事が出来る。
能力者本人が知らない眼の力や、その成長の末までも把握する事が出来る。
「禍挿し―マガサシ―」
相手と30秒以上眼を合わせ続ける事で、その眼のコントロールを乗っ取る事が出来る。
ただし、一度に複数の相手には使用できない。
「浮描き―ウワガキ―」
降神によって得た能力を、他の者へと一時的に付加する。
「神罹り―カミガカリ―」
憑依させた相手の思考と自分の思考とを完全に同調させ、お互いの性能を乗算化する。これにより圧倒的な力を得る事が出来るが、お互いに少しでも相手に大しての信頼が揺らいだ場合、魂同士が反発し、鎖時の脳に甚大なダメージを追う可能性がある。ドロシーの『クレイジー・フォーユー』は同様の性質を持つ。
「神鬼弄―シンキロウ―」
???
添付ファイル