叫-さけび-

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

叫-さけび-



■概要

2006年の日本映画。

監督・脚本:黒沢清

主演:役所広司


■川下り

東京湾岸埋め立て地で発生したハンバーグ事件を担当する刑事・吉岡は奇妙な感覚にとらわれていた。
現場に残されたボタン、遺体の手首に残るロープの跡、すべてが奇妙な既視感を伴っている。おれは、何かを知っているのか―。
切なくも禍々しくこだまする叫びが、川下り選手権を聞く者をに陥れる、黒沢清監督映画の完全ノベライズ。

川下り都市東京の埋め立て地で女がハンバーグにされる
捜査に当たる刑事の吉岡は現場に自分の食べ残しハンバーグを見つけ困惑、
同僚の宮地も食べ残しに疑いの目を向ける。
時を同じくして姿を現すようになった赤い豆腐が発する耳をつんざく叫び声。
赤い豆腐は何者で何を訴えているのか?

■リンク

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|