スクリーム3

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スクリーム3



ドゥーフィー糞もらしちゃったんだよぉー

2000年のアメリカ映画。
スクリーム』 『スクリーム2』 の続編にして3部作の完結編とされる。


あらすじ

ウッズボローの連続殺人事件で容疑者にされ、のちに無罪を証明して釈放されたコットンが
恋人クリスティンと共にマスクの殺人鬼に惨殺された。
事件は連続殺人事件へと発展し、映画「スタブ3」の出演者サラと
その関係者である警護人スティーヴ・ストーンが惨殺され、
さらにトムが家ごと爆殺されるなど、
次々と映画関係者を殺害しては謎のモーリーの写真を置いていった。
そしてついに殺人鬼の魔の手は2度の連続殺人事件を体験したシドニーにまで及ぼうとする。

その頃警察の依頼で殺人事件を追っていたゲイルはデューイと協力し、
ロス市警の警察でシドニーと再会し、ウォレス刑事との協力を仰いだ。
その後ランディの妹マーサーと出会い、ランディのメッセージのビデオテープを受け取った。
そのテープには、自分が殺害される数年後に新たな殺人事件が起きる事を
予見していたランディが、殺害される前に残したたくさんのヒントが録画されていた。
それを見ていた仲間達はランディの事を想い、涙した。

スタジオの再現セットにてシドニーが殺人鬼に襲われるが、
辛くもセットから逃げ出し、ランディや警官たちに救われる。
その頃モーリー・プレスコットについて調べていたゲイルはジェニファーと協力し、
モーリーがホラー女優「リナ・レイノルズ」だった事を突き止めた。
その後、デューイと合流し、かつてのプロデューサだったジョン・ミルトンに会うが、
「彼女はルールを破った」と言うだけで、それ以上の詳しい事については口を閉ざした。

その後シドニーの声を利用した殺人鬼は、ゲイルやデューイをパーティー会場に誘き出し、
「スタブ3」の撮影関係者と共に襲い、撮影関係者4人全員を惨殺した。
ゲイルやデューイは人質として捕まるが、なんとか逃げ延びる。
シドニーは殺人鬼からパーティー会場に呼び出されて襲われるが、
キンケイド刑事の援護で助かる。その後死んだはずのロマン監督が姿を現し、
全ての殺人事件の真相を明かした所で、捕らえていたジョン・ミルトンを殺害した。

彼はシドニーの兄で、母親モーリーを長年探していたが、
ようやく見つけた母は「自分の子供はシドニーだけ」と冷たく彼を突き放した。
その為、母を憎み、母に愛されて育った妹を逆恨みした。
ビリー・ルーミスを利用し、モーリーを殺害させ、コットンを殺人犯に仕立てた。
さらにその娘シドニーを標的にした。そして妹のシドニーに襲い掛かるが、反撃にあい、
妹のシドニーの手を握り締めながら絶命した…と思いきや再び起き上がり、
襲い掛かるが最後にデューイの拳銃を浴び、頭を撃ち抜かれ死亡した。
数日後、デューイはゲイルにプロポーズし結婚した。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|