用語集



日本語


アモれカスが

ロシア軍の味方への優しさのかけらもない言葉。
しかしこの言葉を発しているのは『衛生兵』であり、投げているのは『救急箱』である。
アモれと言いながらメディキット投げられても米軍兵は困惑するに違いない。が、「アモらないカス」がいるのも事実。もしかしたらこんな発言でも『彼』なりに画面の向こうのプレーヤーの不満を代弁してくれているのかもしれない…

芋戦車

動かないで砲撃をする戦車。
芋虫同様、分隊員にいると迷惑だが、M-COMを遠距離から正確に撃ち抜く芋戦車は脅威となりうる。
C4やMORTARで素早く排除すべし。

芋虫

単に芋と呼ばれることのほうが多い。
スナイパーライフルのあるFPSでは付き物の、ゲーム進行に関わらず延々と定点狙撃をしているプレイヤーを指す。
卑怯である、不快であるという以前に、ゲームモードによっては 敗北に直結する行動なので基本的に行ってはならない。
(芋りたい人は部隊デスマッチに行きましょう)
本ゲームでは、偵察兵がギリースーツを身に纏っているので芋虫感がアップしている。
元々「芋虫」という呼称は、BF1942で伏せた状態の歩兵がゆっくり動く様が芋虫に似ていることから始まった。
一説には芋は森の妖精とされ、日向ぼっこをしている最中、偶然戦闘に巻き込まれただけと伝えられている。
芋だけに少ない養分(スコア)でも良く育つ。
クリアリングをしたがらない/意味が分かっていない人、K/D比厨の成れの果て。

芋掘り

芋狩りとも。
前項「芋」を殺しに行くこと。
一般に、気付かれないように芋を(背後から)ナイフで殺すという意味(トロフィー・実績の解除の為、工具を使う人もいるが)。
スコープを覗いている時に殺されると寿命が縮む思いをする。

裏取り

ひそかに敵や敵陣営の背後に回りこんで攻撃すること。
隠密行動をして目標地点に侵入する意味でも使われることがある。
この行動自体は目的達成のために必要なことだが、
リスキル目的で延々キャンプし続ける行為は好ましくない。

エイム

照準をすばやく合わせる能力、といった意味。
エイミングともいう。
『腰だめ』の対語として銃を構える動作(ズームに同じ)を指すこともある(エイム時の照準収束性能が~、etc)


おあずけ

味方の突撃兵や衛生兵の目の前に行っても弾薬箱や救急箱が貰えない事。
ピョンピョン飛び跳ねる芸(もしくはスポットボタンでの呼びかけ、あるいはその両方)を見せると、ご褒美として貰える場合もある。
もっとも、自分勝手な人は(酷い場合だと)自分が使いたい状況にならない限り何をやっても出さないが。

オンスロート(Onslaught)

DLCにより追加されたCo-opモード。
四人のプレイヤーと協力して敵NPCを相手に戦い、クリアする時間を競う。

キルカメラ

本作では殺害されたときに、死亡原因と自分をキルした後の相手の姿とステータスを数秒確認できる。その機能のこと。
キラーカメラとも。
これによって相手がどの程度のランクの誰なのか、どんな装備と特殊技能を使っているのかを確認し、どこにいるのかのおおよその見当をつけることが可能。
ハードコアではこの機能はない。
また直後に相手が死んだときなどに相手の姿が表示されない場合がある。

キルレート

殺害数と死亡数の比率。K/Dとも。死ぬまでにどれだけ敵を殺せるかを表す。
殺害数/死亡数で求める事が出来る。
例えば、キル10デス5の場合は、10/5よりキルレートは2となる。
ただしキルレートが高ければ強いということにはならない。
これはリスキルや安全な場所からの狙撃などで簡単に上げることができるからである。

キルレ厨

キルレートに拘るあまり、芋に走ってしまうプレイヤーの蔑称。
インターネットの掲示板等でたまに使用される。
プレイしている人なら分かると思うが、このゲームはキルレがいくら良くてもそれだけでは勝利には繋がらない。
その為、非常に嫌われる存在である。
なお、前述した通りキルレートはいくら高くても自慢にならないので注意。

金塊

前作BFBCのマルチプレイヤーモードのルールにあったゴールドラッシュの俗称。
今作はただたんにラッシュとなり、機密文書などを破壊・防衛するルールとなったが、前作では通信機器ではなく金塊だった。
ただ…一部では金塊のほうがテンションがあがるという声も…
前作経験者なら金塊を破壊したとき、もっと金の延べ棒などが散らばってほしかったというのは言うまでもない。

クラン

プレイヤー同士でチームを結成して交流戦などを行う集団。
クランの一員であることはクランタグを入力することで表明できる。

クリア

周囲に敵がいない事。蘇生、修理、C4設置等するときはクリア状態で行うのがセオリー。
周囲の安全確認=クリアリングはFPSの基礎。これが出来ないのでは話にならない。
クリアリングを行わずに相手や武器のせいにするのはもってのほかである。

クリスマスツリー

トレーサーガンを打ち込まれた偵察兵のこと。ピカピカと光ってなかなか風情がある。
クリスマスツリーを作っていたらボイスチャットでジングルベール♪ジングルベール♪と外人の歌が聞こえてきたという都市伝説もある。

クロスヘア

銃のサイトを覗いていない時に画面中央に表示される親切な十字の目印。これを目印にエイムできる。
銃・武器の種類に応じてデザインが変わる。精度の高い銃ほどピンポイントな印。
40mmグレネードなどでは縦に目盛りがつき、どれくらいの角度で撃てば当たるかの目安にもなる。
ショットガン系では散弾が当たりうる範囲が円形で表示される。
さらに親切なことに自分の何らかの攻撃が敵にヒットした時には画面中央に×が表示される。
たまにトレーサーガンのクロスヘアが出なくなるバグがある模様。
ちなみにいくら便利だからってテレビ画面の中央に自分でクロスヘアを描くのは反則。

携帯

前作BFBCでの援護兵、初期クローズドβテストにて偵察兵が持つMRTR-5の事。トランシーバー、iPodとも。通信料は無料。
本来はGPS送信機であり「あ〜もしもし。偵察兵だけど攻撃よろしく」と通話している訳では無い。

※ちなみに今作では携帯ではなく双眼鏡になっているので、専ら迫撃と呼ばれる。

腰だめ撃ち

アサルトライフルなどを腰のあたりに構えて射撃すること。
本作においてはズーム(頬をつけてサイトを覗く)しないで画面上のクロスヘアを使用して撃つことを指す。
精度に劣るが近距離でとっさに対応しやすく、動き回る敵にエイムしやすい。
なお実際のゲーム画面では本来の腰撃ちの体勢にはなっていない。

コンクエスト

ゲームモードの一つ。初代バトルフィールド「BF1942」から恒例のBFシリーズ伝統のルール。
2つのチームに分かれ互いに拠点を奪い合う。詳細はルール一覧を参照。

サイレンサー

サプレッサー(減音器)の事
完全に銃声を消音する装置はないのでサイレンサーは間違い、との事。
工兵の武器と偵察兵の一部の武器に装備されている。
マズルフラッシュも低減されるため、隠密行動に最適。

殺害後アピール

殺害した後、キルカメラに向かって何らかの振る舞いをする行為。
ナイフを振ってみたり、ジャンプをしてみたり、表現の仕方は色々あるが、マナーが悪いとみなされる行為。
繰り返していると文句を言われたり不快な思いをさせるので注意。
「死体撃ち」もこの一種である。
ランクの高いプレイヤーに対して行うと復讐を食らうこともある。
ただし、相手が何度も倒された腹いせとして行っている可能性もある。それでも褒められた行為では無いが…
単にラグの影響である場合も多い。
RUS衛生兵がデフォルトで搭載している機能。


死体撃ち

死んだ相手に更に弾丸を撃ち込む行為。
本作ではキルカメラがあるため、相手を挑発したり憎しみをぶつけたりする意味合いで使われる。
マナーが悪いとみなされる行為。

死にたくない症候群

もしかして: キルレ厨
この病気にかかるとキルレートを執拗に気にするようになる。
そのため、芋(キャンプ)、M-COMに近づこうとしないなど合併症を発症する。
通常は感染しないが、負けムードやデスが増えると途端に発症するので注意が必要である。
なお、この病気はメディックの弁当などで治療することができない。

借金

デス数からキル数を引いた差。
キル数をデス数に追いつかせる事を「借金返済」ないし「借金を返す」という。
キルレート(K/D)が1未満の人は、借金を背負っているといえる。
オブジェクトスコア比次第ではいくらでも帳消しになる数字。

スキルレベル

ステータス画面にある、上限が200の謎の数値。
プレイヤーの実感とはかかわり無く上下を繰り返す。
そのためか、腕前の評価の基準にされることは少ない。
うわさではランクが高い敵を倒すと上がるらしい。

スナイパーのこと。本作では偵察兵がスナイパーライフルを持つことが出来るが
スナイパーという兵科は存在しないので、あくまで概念上の呼び名。
とはいえゲーム内の両軍兵士達も「スナイパー」と台詞で言っているので戦場でも「スナイパー」で通っているようだ。
スナイパーライフルそのものを指す場合もある。

スポット

敵の位置に赤いマーカーを表示させて、味方に知らせる行動の事。
味方がスポットを使用すると敵のマーカーは一定時間表示され続けます。
敵に照準をあわせてセレクト(PC版ではQ、360ではBack)を押すと敵をスポットすることが出来ます。
スポットして味方に敵の場所を知らせ味方がその敵をキルした場合スポットアシストボーナスを獲得出来ます。
今作では敵に弾が命中してもマーカーが出ませんので、スポットしてから銃撃することをお勧めします。
そうしておけばもし撃ち負けても誰かが仇を取ってくれるでしょう。
今作ではかなり重要な仕様です。
普段から出せるようにスポットボタンに指を掛けるクセを付けるようにしておくべし。
ただし、連打し過ぎると出せなくなるので注意。

すり鉢飛行

攻撃ヘリコプターにおけるテクニック。標的の周囲を射撃しながらすり鉢状に旋回すること。
プレイヤーによっては「オービット旋回」と呼ぶ事もあるが、これは米空軍のAC-130ガンシップの行う射撃体勢に起因する。
(※)砲身の突き出た左側面を敵に向け、目標を中心に左旋回しながら砲弾の雨を降らせるガンシップ独特の攻撃方法

正々堂々としていない

XBOX360の評判機能の避けたいプレイヤーに対する悪評の一つ
偵察兵の悩みの種、ある種間違えてはいない
真面目に偵察兵をしていて食らったら、腕を認めてもらった「勲章」と思う人も中には居るが、
大抵は敵からではなく味方から貰っている(芋扱いされている)と思われる。
TKや死体撃ち、ベースレイプやファーミングなどをしていて食らったら自業自得。

蘇生厨

危険な場所でところかまわず蘇生し、味方が繰り返し死んでも蘇生を繰り返す衛生兵に対する蔑称。
中には敵と共謀して射殺→蘇生を繰り返したり、ハードコアで繰り返しチームキル→蘇生を繰り返す者もいる(芋っていてされたら自業自得)。
悪意があるものは論外だが、ある程度安全を確認してから蘇生したい。
またラッシュのDEF時にはチケットが無限なため蘇生する意味がないとして、
蘇生=ポイント狙いの蘇生厨と考えるプレイヤーも多い(M-COMが危険なときは別)。


タライ

地雷の事。ピザとも言う。

ティーバッグ

紅茶の葉を入れた袋。FPSにおいては、倒した相手の上にしゃがみ動作を繰り返して
ティーバッグ状の器官を押し付ける行為。日本ではなじみがないが
海外ではフォーラムに非難スレッドを立てるほど嫌っているプレイヤーもいる。

凸砂

遠距離狙撃するだけにとどまらず、敵陣にスナイパーライフルで突撃する偵察兵のこと。
スナイパーライフル使用以外は凸砂とは言わず、ただの突撃をしている偵察兵である。
モーションセンサーで敵を察知し、SRのQSで一撃必殺することを信条とする。
腰だめ時にクロスヘアが表示されないため慣れが必要。
おまけに前作とは違い、腰だめで撃つとまっすぐに飛ばないため、よほどの近距離でない限りはスコープを覗く必要がある。
ボルトアクション以外は突砂と呼ばない、とする意見も。
ちなみにボルトアクションのSRはM24、SV98、GOL、M95の4つである。
もっとも機動性が高く、使用しやすいのはGOLであるが、初心者はまずオンスロートモードなどでエイム力からつけていこう。
上級者がコレをしているとかなり対処が難しい(遠かろうが近かろうが一発で当ててくるため)
もちろん一発ずつしか撃てないため、多人数で突撃すれば簡単に一網打尽に出来る。

これでキルすると「画面に印をつけてる」などとあらぬ批判を受けることが稀にある。
モニター中心部に印を付けるのは当然、ハードウェアチートに当たる行為である。
別のFPSのwiki等にはハードウェアチートを推奨or使用していると自慢する人がよくいるが、
絶対にやらないように(やったとしても今作はまっすぐに飛ばないためあまり意味がない)。

どや顔

「どや」とは、関西方言で「どうだ」の意味、又の名をしたり顔、得意顔。
主にキルカメに映る衛生兵の顔のこと、米軍側は「ホモ帽子」露軍側は「プーチン・赤ベレー」というあだ名がある。

野良

フレンドでもクランでもない見知らぬ者同士でゲームをプレイすること。
野良分隊などの派生語がある。

ハードコア

体力が低く(100から60へ)、各種情報画面が省略され、FF(フレンドリーファイア)ありのルール。
キルカメラもないので上級者向けのルールといえる。

バッドカンパニー無双(ナイフ無双)

ナイフを多用し、大多数の敵を倒していく様。

ピクニック

ラッシュモードで防衛側の兵士たちが攻撃側のリスポンポイント近くで戦線を張ること。
攻撃側の最初のリスポンポイントに丘の上や山の上が多い事や、
弾薬パックや医療パックが弁当箱に見える事などから例えられる。
要するに逆レイプゲーム状態である。
尚おやつは手榴弾1個までと軍規で決まっている。

ビークル

「vehicle」。
ゲーム内では主に乗り物全般を指す。
「ビーグル」では犬になってしまうので注意。

ファーミング、ファーマー

ゲームに参加せずに一箇所でシコシコ稼ぐ行為を繰り返すこと。
役に立たない上にチーム全体の士気低下に繋がるので苦情を入れて放置しましょう。

部隊デスマッチ

ゲームモードの一つ。四つの部隊に別れ、いずれかの部隊が50人殺害するまでの早さを競う。
軽戦車が一台登場するほかは純粋に撃ち合いとなるモード。

フレ分隊

フレンドで構成された分隊のこと。一般に野良分隊よりは連携がとれていて強いイメージがある。
入室も退室も複数人同時に行われるので対戦人数の不均衡を生みやすい。

フレンド

フレンド登録をしたプレイヤーのこと。
フレンド登録をすると、分隊を組んで出撃したり、プレイ中の部屋にフレンドを招待したり出来る。

分隊

最大四人で構成されるチーム。後述の分隊リスポンが可能なほか、分隊として行動することで
各種アシストにポイントボーナスが加算される。本来分隊は8~12人の部隊であり、本作における分隊は「班」のほうが近い。
ゲーム中の説明文では単に「部隊」と呼ばれる。しかし元の英文のsquadは分隊、もしくは班という意味である。

分隊リスポン

分隊員からリスポンすること。単純に死亡したときに拠点から徒歩で再度侵攻する手間を省くだけではなく、
意図的に敵陣に侵入した分隊員からリスポンすることで、敵に発見されるリスクを減らして攻め込むことが可能。
分隊員であれば飛んでいるヘリに飛び乗ることも可能。

ベテランランク

プレイヤーがBFシリーズを何作プレイしたことがあるかによって数字として表わされるステータス。
この数が二つ以上(表示上は1)であれば特典武器(M1ガーランド)がアンロックされる。
登録にはEAのサイトでアカウントを作ってログインし、自分のステータス画面でプレイしたことがある
BFシリーズを選択し、クリックして関連付けをすればOK。BFHeroes、BF2142は無料で登録可能。
また、CS版BF1943は体験版の対戦だけでもベテランとして登録される。

ヘッドショット

頭を狙った射撃。HSとも。
本作では頭への攻撃は基本的に約2倍のダメージになるので重要なテクニック。
ボルトアクションスナイパーライフル/スラッグポンプショットガンでのヘッドショットは、どんな距離でも一撃で倒せる。

ベースレイプ

主にコンクエストなどにおいて、前哨基地を集中攻撃すること。
敵に拠点を全て取られているとそこからリスポンするしかないため、マップによってはほぼ脱出不可能になる。特に拠点が谷間にあり一箇所からしか出られないLAGUNA ALTAで工兵を乗せた戦車で入り口を塞がれたりしたら手も足も出ない。
リスキル地獄になり不愉快ではあるがそこまで追い込まれてしまうほうにも問題があるので、そういう状況にならないようにしたい。
見事に敵に気付かれずに基地を抜け出して拠点を取りにいったり、華麗に敵を連続キルしたりしてベースレイプ状態を打破してみせる英雄もいる。

ヘリ無双

戦闘ヘリ(アパッチ・ハボック)で暴れまわること。
実際のところ対空砲でがんばれば落とせるのだが、本当にうまいプレイヤーだとその隙すらないことがある。
発売当初のバランスではトレーサーの弾速が遅く、AAガンもいまいちな性能だったためヘリ無双が多く見受けられた。
ヘリ無双をする元帥のことを特に「ヘリ元帥」といい、ヘリ無双や元帥がいるとされた方の陣営は人数が減っていき、
過疎部屋となってしまう傾向がある。

弁当箱

衛生兵の救急箱のこと。
お弁当や弁当などともいう。
大概出てくるときは不味い弁当(強化スペック2つとも付いていない)だが、決して文句を言ってはいけない。

ポテトヒル

定点狙撃しかしない芋虫さんたちが集う丘。
なぜかやられてもスポットされてもそこにめげずに生え、群棲する習性がある。
「芋虫なのにポテトはおかしいだろ」というツッコミは無粋である。
…彼らの生息場所はある程度経験値のある兵士なら大体分かるだろう。

ポンポン砲

弱めの砲弾を連射できる歩兵戦闘車の機関砲のこと。M3A3ブラッドレーなどの主兵装。
今回はリロードまでの間隔が早くなっているが、それでも敵兵に対する攻撃力は絶大。
偵察ボートなどについているグレネードランチャーにも適用される。
…というのは本作における感覚的な「ポンポン砲」のイメージで、正しくは、イギリスで開発されたQF 1ポンド砲、QF 2ポンド砲の別称である。
ただ、このゲーム内では前者の意味でよく使われるようである。

マスターキー

ショットガンの俗称。本作ではアンダーバレルショットガンのことを指して言うことが多い。
特殊部隊などがどんな扉でもショットガンで壊して侵入してしまうため、その呼び名があるらしい。
本作でもそのような使い方は可能(ナイフのほうがお手軽だが)。

見越し射撃

偏差射撃とも呼ばれる。移動する標的に対してその行く手の少し先を狙って射撃すること。
着弾した頃には標的が通り過ぎていた、という事態を防ぐ。
特に、トレーサーダーツや対空砲でヘリを狙うときに必要とされる射法である。

ムック



偵察兵のこと。
赤いと目立つので草っぽくなってるようだ

メテオ(メテオレイン)

偵察兵が持つMRTR-5の読み間違い。
その降り注ぎっぷりや武器名の読み間違い(MORTAR)からファンタジー系ゲーム脳の魔法使いはこう叫ぶ
他ゲームの魔法使いと比べて詠唱速度は長め
魔王にさらわれたお姫様を助けようにも、そもそもそんなゲームではない。

モーセン

モーションセンサーの略。

モリゾー


偵察兵のこと。
バギーに乗る背中が可愛らしい
茂みでモゾモゾしててもいじめないように
中の人はイケメンです

モンスターボール

全国各地のフレンドリィショップで定価200円で販売している、駆け出しトレーナー達の必需品・・・の事ではなく、
BFBCシリーズでは主に偵察兵の持つモーションセンサーの愛称として使われている。
他にもその見た目から「ミラーボール」(ディスコやダンスホールに用いられる照明)と呼ばれたり、
PS3版のプレイヤーの中には「エネミー・ロケーター」(E.LOCATOR)の呼称を使用する者もいる。

指切り

フルオートの銃を撃つ際に引き金を引きっぱなしにせず
手動でバースト射撃のように数発づつ射撃するテクニック。
遠距離でのフルオート射撃は弾丸が拡散するので、実際の戦場でも使われるテクニック。
というか、実戦では無駄撃ちを忌むのでフルオートを使うことは少ないといわれる。

ラジコン少年


ラジコンヘリを操作している兵士のこと。
哀愁ある背中で怒りもぶつけにくい。
とくに画像のようなもっさもさの少年が操縦しているとなおさらである。
が、たまにV ALTを付け巧みな挙動で敵兵を蹂躙しているエリートラジコン坊やが存在するのも事実(スポットし、必要に応じて支援攻撃するというUAV本来の運用思想から外れているが)。

ラジコン少年いじめ

前項「ラジコン少年」をいじめること。
ナイフで切ってみたり、C4を設置して爆破してみたりは意外とよくある光景である。
役立たずでも戦車で突っ込んではいけない。。

ラッシュ

ゲームモードの一つ。M-COMをめぐって攻撃、防衛に分かれて攻防を繰り広げる。
マップ範囲を狭め、少人数で行う「部隊ラッシュ」もある。

ランク

プレイヤーのスコアに応じて授与される階級。
プレイヤーの腕を評価する基準にはなるが、時間さえかければ誰でも元帥に到達可能。

リスキル・リスポンキル

復活直後に倒す、倒されること。
やると気分いいがやられると最高に腹が立つ、防御側にする兵士が今作には多い(攻撃側は偶然的が多い)
これをやろうとして待ち伏せしている芋虫は実にイライラする存在だが、戦場全体の大局にはそんな影響がないので「ユー ガーイ サック!」とでも毒づいてさっさと前線にいこう。
正直リスキル狙いの敵兵は所属側にも邪魔がられている(防御が手薄になる上に、圧倒的に前線より敵を倒せない為)。
圧倒的優勢のATTが最終拠点でDEFを嬲る光景も稀にみられる。

分隊員から出撃してそのまま殺されるのはただの不注意であってリスポンキルではない。

リスポン

リスポーン(Respawn)、復活の意味。
このゲームでは拠点か生き残っている分隊員の背後かのどちらかを選べる。
分隊リスポンするときは分隊員が射撃されてるときにリスポンすると危険。拠点では前出のリスキル狙いの待ち伏せに注意。

リスボン

リスポンの言い間違い。
ポルトガルの首都(Lisbon)で復活する。

ロケランスナイプ

ロケットランチャースナイプの略。ロケットランチャーでM-COMや遠方の敵を狙撃すること。
M136 AT4や設置型のロケットランチャーだとやりやすい。
RPG7の山なり軌道を利用した曲芸狙撃などされようものならDEF側は暇でしょうがない。

沸く

このゲームに置いては、①復活する、②(ビークルが)出現する、③(敵が)多数いることを示す。
①の用例 部隊員へ「安全な場所にいるから沸いてきてください」
②の用例 「ヘリが沸くのを待つ」
③の用例 「Bは敵が沸きすぎなのでCいきましょう」

アルファベット

APC[エーピーシー]

装甲兵員輸送車(Armoured Personnel Carrier)の略。
本作でのM3A3、BMD3を指して言うことがあるが、誤用で、
歩兵戦闘車(IFV:Infantry Fighting Vehicle )が正しい。大雑把に分ければ、
IFV=兵員輸送能力、歩兵の直掩火力を持ち乗車戦闘が可能
APC=兵員輸送能力と自衛火器を装備
ちなみに両方ともやわらかいが、本作品でのIFVはMBTと同等の装甲を持つ。

Camper[キャンパー]

キャンパー。キャンプする人。英語圏における定点狙撃しかしないプレイヤー/芋を指す用語。
定点狙撃だけではなく、待ち伏せにも適用される。芋は基本的に海外でも嫌われている。

CG[シージー]

工兵のロケットランチャー・M2 カールグスタフ ATのこと。
あまりに殺傷範囲が広いので下方修正されたが、それでも兵士に対しては非常に強い。
かなり遠くの敵でも適当に撃っただけで当たってくれる。
それゆえあまりに使いすぎるとCG厨などと呼ばれることもある。

Co-op[コープ]

(Co-operative) の略。2人以上のプレイヤーが協力して敵NPCと戦うゲームモードのこと。
本作でいうOnslaught(オンスロート)モード。

C4アタック(特攻)[シーフォー―]

ラッシュにおいてC4でM-COMを破壊しようとすること。

    ,,,,┯,,,, 
  彡(・) (・)ミ  C4特攻ですぞー!
  彡 д  ミ_ 
⊂彡,,   ,,,  ミ⊃
  彡  ,,,,  ミ
   彡_ミ ミ_ミ

ハンヴィー、ATVなどの高速車輌の全面にC4をてんこ盛りにし、M-COMや敵戦車に突っ込んで車輌もろとも自爆する様から
特攻とも呼ばれる。兵士が生身で行うとDEF側としては感知しにくく、気づいたときには自爆しているのでやっかいである。
以前は押されてるときに行うとチケットが減るとして敬遠されたが、M-COMダメージボーナスの増加に伴って
戦闘開始直後から狙うプレイヤーが増え、物議をかもしている。それに対してATTが押されてるときなら仕方ない、という主張も見られる。
バージョンアップによってM-COMの耐久力が増したため、命を落としてまで実行するかどうかは考える必要がある。
軽ビークルは降車後も惰性で一定距離進むため、必ずしも自爆を伴う訳ではない。

C4UAV[シーフォー-ユーエーブイ]

UAVにC4を貼り付けてM-COMを破壊する行為。
UAVがC4で壊れずに何度も繰り返し行うことが可能。操縦者は安全な上に
防衛側としては非常に防ぎにくい理不尽感から、嫌っているプレイヤーが多い。
M-COMの耐久力が増したため、脅威度は比較的下がった。

FF[エフエフ]

フレンドリー・ファイヤの略。「FFあり」、「FFなし」などと書かれる。
「FFあり」は味方同士のダメージあり、「FFなし」は味方同士のダメージなし。
ラッシュ、コンクエストの通常設定は「FFなし」であり、ハードコアモードをオンにすると「FFあり」になる。

F2000[エフ-ニセン]

突撃兵が選択することができる次世代突撃銃。
ダメージは低いが圧倒的な連射速度で敵を捩じ伏せるアサルトライフル。
と、思いきやBadCompany2では異常に低い攻撃力、たいして早くない連射速度…等々酷い扱い。
攻撃力は工兵装備のマシンピストルPP2000と同じレベルで自慢の連射速度はPP2000に劣る。
更に1マガジンの装弾数でもPP2000に10発も差を付けられている。
細かいデータを見てみると発砲時の反動や拡散増加量でも負けている。あんまりである。

現在、アップデートにより威力は上方修正されたが、やはり使っている人は少ない。

K/D

キル/デス。死亡数と殺害数を割合で表わした数値。
当然殺害が多いほうがいいが、やり方によっては操作可能な数字のため
こだわりすぎる必要はない。

KGS[ケージーエス/カゲス]

家庭用ゲームスレ(Kateiyou Game Sure)の略で、
2ちゃんねる家庭用ゲーム板PS3スレッドのスレ住民識別のために使われているクランタグ。
要は、つけてる奴はねらー。

MBT[エムビーティー]

主力戦車。Main battle tankの略。
本作におけるM1A2、T90Rを指す。

M-COM[エム-コム]

ラッシュモードにおける、攻撃/防衛目標となる箱。バージョンアップにより耐久力が強化され、戦車砲や地雷に対して20発程度耐えると思われる。
アクションボタンで「爆薬設置」をすればしばらくサイレンがなった後に一発で壊れる。

M-COMスナイプ

M-COMを遠距離から砲撃しM-COMを破壊するという戦法の一つ。
おもに戦車やM136AT4が使用される。
M-COM耐久力が増したため、さほど脅威ではなくなった。

NOE[エヌオーイー]

ナップ・オブ・ジ・アース(Nap-of-the-Earth)の略で、「地形追随飛行」「匍匐飛行」と訳される航空用語。
地表から木々のこずえまでのわずかな高度を伏せる様にして飛ぶ為、上空を飛ぶのに比べて被発見率を抑えられるのが利点だが
一度でも操縦を誤るとローターや機体を障害物に激突させてお陀仏になるなんて事態になりかねない諸刃の剣。
UAVを操縦するなら会得しておくと役立つかも知れないテクニックのひとつ。

noob[ヌーブ]

newbie(新人)が変形した語。初心者、素人というニュアンスを含む蔑称。
海外で主に気に入らないプレイヤー、ヘタなプレイヤーに対して適用される。

QS[キューエス]

誰が名づけたかクイックショット。英語圏のクイックスコープに相当。
偵察兵のテクニック。スコープを覗かず銃の角度を微調整し、
敵と相対したときに一瞬スコープを覗いて射撃タイミングを計り射撃する。

SPECACT[スペック-アクト]

DLCにより購入できるエリート兵専用制服と迷彩武器。見た目以外の性能差は無い。
しかし、取得可能なピンが増えるためスコアを稼ぐ上で若干有利になる。
マップに合わせて衣装の色を選べるのは地味に有利だったりする。

SPM[エスピーエム]

Score per minuteの略。プレイヤーのスコアを分で割った数字。
腕前を評価する基準にはなるが、条件がゲームモードやプレイスタイルによって異なるため
一概に低いからよくないとは言えない。
とはいえ100を切ると問答無用で芋扱いされる。

TK[ティーケー]

チームメイトキラー、チームキル、仲間を倒してしまう事
今作ではデフォルトモードではフレンドリーファイヤがないのでこの概念も存在しない。
ただしハードコアモードの場合は別である。もしくは、ヘリやボートで仲間を乗せたまま
戦闘区域外に行ってしまうなどすると全員自殺扱いになる。これも広義のTKだろう。
運転に慣れてないだけかも知れないので最初は寛大な目で見てあげると吉である。
また、味方がいる建物に迫撃支援要請の迫撃砲弾、C4等の爆破攻撃を仕掛けて倒壊させてしまった
場合、デフォルトでもDESTRUCTION2.0キルでTKになる(-100ポイント)。M-COMに爆弾を
仕掛けた味方を支援しようと迫撃要請やグレネードランチャーをぶち込んでいるとうっかり
やってしまいがち。狙って出来る物ではないが壊れそうな建造物には突入する側も援護する
側も注意が必要である。

C4や地雷等を撒いている、もしくは固定兵器を利用している味方を誘爆に巻き込み/体当たりして自殺させることも、ある意味TKと言えるだろう。

最近ではTK出来なくなった腹いせに味方の目の前にスモークグレネードを焚く、トレーサーガンを打ち込むなどの
地味な嫌がらせがたまにある。

TOW、Kornet[タウ/コーネット]

設置型の有線ミサイル。
重戦車でもV WARHD(攻撃力アップ)をつけて背後、側面から撃てば一撃で仕留められることがある。
照準のところに飛んでいくので、撃つ場合は照準の中央の点にターゲットを収め続けないといけない。

VIPコード[ブイアイピー―/ビップ―]

ゲームを新品で買った場合に同梱されているコード。
これを入力することでVIPマップや初回特典装備がアンロックされる。
使用できるのは一回だけのため、中古で購入した場合はコードは別途購入となる(1500JPY)。
現在は値下げして1000JPY

ゲーム中でかわされる会話集

アメリカ軍

Motion sensor away. (モーションセンサーを投げる時)
Throwing motion sensor. (モーションセンサーを投げる時)

I saw enemy! (敵発見!)
Enemy infantry spotted!(敵歩兵確認!)
Snipe him!(あいつを撃て!)
Cover me, I'm reloading.(リロード中、援護しろ)
Enemy, take mark.(敵だ、マークしろ)
Frag out!(手榴弾投擲!)
Hey be careful, keep out that light tank.(おい、あの軽戦車に気をつけろ)
Take this fucking target!(このクソ目標を落とせ!)
All clear. (オールクリア) -蘇生したあと
Hey, I need ammo.(おい、弾薬くれよ)

(筆者のヒアリング頼みのため、不正確な可能性があります)

~ここから海外掲示板からの引用~(説明文と訳を追加してあります)
Alright man, you weren't looking too good back there. You're good to go now, let's go. -蘇生したあと
(よし、あんまりいい状態じゃなさそうだったな。もう大丈夫だ、行くぞ)
Aww shit, we gotta tank up here. Get some AT guys up here stat.
(あぁクソ、戦車が来やがった。AT持ってるヤツをつれて来い)

Cease fire, friendly! - 味方を撃ったとき
(撃つな!友軍だ)
Changing clips, cover me! - リロード時
(弾倉交換、援護してくれ!)
Clear, welcome back buddy. - 蘇生したあと
(クリア、お帰り兄弟)
Drop that motherfucker!
(あのクソ野郎を落とせ!)

Find a bad guy and I'll buy you some ice cream for dinner! - UAV操作時
(悪い奴を見付けたら晩飯にアイスクリームを奢ってやろう)
Fuck you man. - たぶん復讐キル時
(クソったれが)
Fucking A, I dropped that bitch. -↑と同じく復讐時、こちらはビークルをキルした時?
(クソったれ、奴を落としてやったぞ)
Fucking A, I shot that bitch. - 戦車にロケット弾を撃ったとき
(クソったれ、奴に一発かましてやったぞ)
Fucking A, that's what it's all about there.
(クソったれ、ざまあみろ)
Fuck me! - 敵に撃たれたとき
(クソったれ!)
Friendly fire! - 味方を撃ったとき
(誤射だ!)

God dammit, somebody draw their fire. - 撃たれたとき
(畜生、誰か奴らの射撃を引きつけろ)
Hey man, can you fix my ride? - ビークルに修理が必要なとき
(おいお前、俺の愛車を直してくれないか)
Hey man. - 分隊員が目に入ったとき
(よう)

Keep your head down. - 撃たれたとき
(姿勢を低くしろ)

Light tank identified, over. - 軽戦車をスポット時
(軽戦車発見、どうぞ)
Look at that shit burn. -敵戦車を破壊した時
(見ろ、あの糞ったれ燃えてやがる)
Light 'em up. - 敵が目に入ったとき
(火だるまにしてやれ)
Look out, I think we got some infantry headed our way. -複数の敵をスポットしたとき?
(気をつけろ、どうやら何人かの敵歩兵がこちらに向かっている)

Man down. - チームメイトが死んだとき
(1人やられた)
Payback, asshole. - 復讐キル時
(おかえしだアホ)
Reloading. - リロード時
(リロードしてる)

Suppress that target now. -目標命令時?
(あの目標を制圧しろ)
Shit, enemy tank. - 戦車をスポット時
(クソ、敵戦車だ)
Shoot that Motherfucker!
(あのクソ野郎を撃て!)

Target has been painted. - トレーサー設置時
(目標をマークした)
Take this shit, motherfucker.
(これでも食らえ、クソ野郎)
There's a fucking TANK! - 戦車をスポット時
(クソ戦車がいるぞ!)
There's a fucking shooter! - スナイパーをスポット時
(クソ狙撃兵がいるぞ!)
They got me pinned down. -撃たれた時
(敵に釘付けにされている)
Take cover.
(遮蔽物に隠れろ)

What are you doing? We have to protect this shit. -目標防衛命令時?
(何してやがる?俺らはこのくそったれを守るんだよ)
We gotta tank here, get some AT guys here now. - 戦車を発見したとき
(戦車が来やがった、AT持ってるヤツをつれて来い)

ロシア軍



Граната - Granata - グレネードを投げたとき
(グレネード)

Дерьмо Граната - Derʹmo Granata - グレネードを投げられたとき
(クソ、グレネードだ!)

Вражеский снайпер - Vrazheskiĭ snaĭper - 敵狙撃手スポット時
(敵狙撃手だ!)

Давай Давай - Davaĭ Davaĭ -防衛目標に爆弾設置時、ドンマイドンマイとも(空耳)。
(さあ!さあ!)

各マップの通称



MAP名 通称
PANAMA CANAL パナマ
VALPARAISO VILLAGE 灯台
LAGUNA ALTA 紅葉
ISLA INOCENTES
ATACAMA DESERT アタカマ(砂漠、砂嵐)
ARICA HARBOR アリカ(砂漠)
WHITE PASS ホワイトパス(雪、吹雪)
NELSON BAY ネルソン(雪、夜戦)
LAGUNA PRESA ダム
PORT VALDEZ デモ