BlackSheep-LSL@Wiki イベント系

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イベント系


タッチ

関数・イベント名 区分 概要 定義
touch イベント タッチされているとき touch(integer num_detected)
touch_end イベント タッチが終了したとき touch_end(integer num_detected)
touch_start イベント タッチが開始されたとき touch_start(integer num_detected)
llSetTouchText 関数 パイメニューの「Touch」を他の文字列に変更する llSetTouchText(string text)

アタッチ

関数・イベント名 区分 概要 定義
attach イベント アタッチ/デタッチされたとき[参考]初級lsl-21 attach(key id)
llAttachToAvatar 関数 オブジェクトをAttachさせる llAttachToAvatar(integer attachment)
llDetachFromAvatar 関数 オブジェクトをdetachする[参考]初級lsl-21 llDetachFromAvatar()
llGetAttached 関数 現在オブジェクトがアタッチされている位置を得る integer llGetAttached()

シット

関数・イベント名 区分 概要 定義
llAvatarOnSitTarget 関数 オブジェクトに座っているアバターを調べる key llAvatarOnSitTarget()
llSetSitText 関数 パイメニューの「Sit」を他の文字列に変更する llSetSitText(string text)
llSitTarget 関数 オブジェクトのsit位置を設定する[参考]初級lsl-4 llSitTarget(vector offset, rotation rot)
llUnSit 関数 オブジェクトにsitしているアバターを立たせる llUnSit(key id)
llUnSit 関数 オブジェクトにsitしているアバターを立たせる llUnSit(key id)

衝突

関数・イベント名 区分 概要 定義
collision イベント 衝突が起こっているとき[参考]初級lsl-23 collision(integer num_detected)
collision_end イベント 衝突が終了したとき[参考]初級lsl-23 collision_end(integer num_detected)
collision_start イベント 衝突が始まったとき[参考]初級lsl-23 collision_start(integer num_detected)
land_collision イベント 地面と衝突しているとき land_collision(vector pos)
land_collision_end イベント 地面と衝突し終えたとき land_collision_end(vector pos)
land_collision_start イベント 地面と衝突し始めたとき land_collision_start(vector pos)
llCollisionFilter 関数 衝突判定のフィルタリングを行う llCollisionFilter(string name, key id, integer accept)
llCollisionSound 関数 衝突時の音を設定する llCollisionSound(string impact_sound, float impact_volume)
llCollisionSprite 関数 衝突時のスプライトを設定する llCollisionSprite(string impact_sprite)
llGetBoundingBox 関数 オブジェクト/アバターのバウンディングボックス座標を得る list llGetBoundingBox(key object)
llPassCollisions 関数 子プリムからルートプリムへ衝突イベントを通知する llPassCollisions(integer pass)
llVolumeDetect 関数 ファントムオブジェクトで衝突イベントを検知可能・不能にする[参考]初級lsl-23 llVolumeDetect(integer detect)

センサー

関数・イベント名 区分 概要 定義
no_sensor イベント センサーが何も探知しなかったとき[参考]初級lsl-20 no_sensor()
sensor イベント センサーが探知したとき[参考]初級lsl-20 sensor(integer num_detected)
llSensor 関数 センサーを起動する[参考]初級lsl-20 llSensor(string name, key id, integer type, float range, float arc)
llSensorRemove 関数 センサーを停止する[参考]初級lsl-20 llSensorRemove()
llSensorRepeat 関数 永続的なセンサーを起動する[参考]初級lsl-20 llSensorRepeat(string name, key id, integer type, float range, float arc, float rate)

デテクト

関数・イベント名 区分 概要 定義
llDetectedGrab 関数 オブジェクトがドラッグされている方向を得る vector llDetectedGrab(integer number)
llDetectedGroup 関数 検出されたアバター/オブジェクトのアクティブグループが現在のオブジェクトのグループと一致するかどうかを調べる integer llDetectedGroup(integer number)
llDetectedKey 関数 検出されたアバター/オブジェクトのUUIDを得る key llDetectedKey(integer number)
llDetectedLinkNumber 関数 検出されたprimのリンクナンバーを得る[参考]初級lsl-10 integer llDetectedLinkNumber(integer number)
llDetectedName 関数 検出されたアバター/オブジェクトの名前を得る[参考]初級lsl-20 string llDetectedName(integer number)
llDetectedOwner 関数 検出されたオブジェクトのオーナーを得る key llDetectedOwner(integer number)
llDetectedPos 関数 検出されたアバター/オブジェクトの位置を得る[参考]初級lsl-20 vector llDetectedPos(integer number)
llDetectedRot 関数 検出されたアバター/オブジェクトの回転値を得る[参考]初級lsl-20 rotation llDetectedRot(integer number)
llDetectedType 関数 検出されたもののタイプ(アバター/オブジェクト等)を得る[参考]初級lsl-20 integer llDetectedType(integer number)
llDetectedVel 関数 検出されたアバター/オブジェクトの速度を得る vector llDetectedVel(integer number)


名前:
コメント: