BlackSheep-LSL@Wiki 物理3D系

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

物理3D系


位置

関数・イベント名 区分 概要 定義
at_target イベント オブジェクトが到達目標地点に達したとき at_target(integer tnum, vector targetpos, vector ourpos)
moving_end イベント 移動が終了したとき[参考]初級lsl-22 moving_end()
moving_start イベント 移動が開始されたとき[参考]初級lsl-22 moving_start()
not_at_target イベント オブジェクトが到達目標地点に達していないとき not_at_target()
llDetectedPos 関数 検出されたアバター/オブジェクトの位置を得る[参考]初級lsl-20 vector llDetectedPos(integer number)
llEdgeOfWorld 関数 ある位置から指定した距離を移動した場合に現在のSIMを出るか否かを調べる integer llEdgeOfWorld(vector pos, vector dir)
llGetLocalPos 関数 オブジェクトのローカルな位置を得る vector llGetLocalPos()
llGetPos 関数 オブジェクトの位置を得る vector llGetPos()
llGetRegionCorner 関数 グローバル座標系におけるSIMの南西座標を得る vector llGetRegionCorner()
llSetPos 関数 オブジェクトの位置を設定する llSetPos(vector pos)
llTarget 関数 オブジェクトの到達目標地点を設定する integer llTarget(vector position, float range)
llTargetRemove 関数 オブジェクトの到達目標地点をキャンセルする llTargetRemove(integer number)

回転

関数・イベント名 区分 概要 定義
at_rot_target イベント オブジェクトの回転が目標値に達したとき at_rot_target(integer tnum, rotation targetrot, rotation ourrot)
not_at_rot_target イベント オブジェクトの回転が目標値に達していないとき not_at_rot_target()
llAngleBetween 関数 二つの回転値の間の角度を得る float llAngleBetween(rotation a, rotation b)
llApplyRotationalImpulse 関数 物理オブジェクトに瞬間的な回転力を加える llApplyRotationalImpulse(vector force, integer local)
llAxes2Rot 関数 前後・左右・上下の軸から回転値を得る rotation llAxes2Rot(vector fwd, vector left, vector up)
llAxisAngle2Rot 関数 特定の軸を基準にした回転値を得る rotation llAxisAngle2Rot(vector axis, float angle)
llDetectedRot 関数 検出されたアバター/オブジェクトの回転値を得る[参考]初級lsl-20 rotation llDetectedRot(integer number)
llEuler2Rot 関数 vector型の回転データをrotation型に変換する[参考]初級lsl-5 rotation llEuler2Rot(vector vec)
llGetLocalRot 関数 オブジェクトのローカルな回転値を得る rotation llGetLocalRot()
llGetOmega 関数 オブジェクトの回転速度を得る vector llGetOmega()
llGetRootRotation 関数 ルートprimの回転値を得る rotation llGetRootRotation()
llGetRot 関数 オブジェクトの回転値を得る[参考]初級lsl-5 rotation llGetRot()
llGetTorque 関数 オブジェクトの回転速度を得る vector llGetTorque()
llLookAt 関数 指定した方向にオブジェクトを向ける(Z方向が正面) llLookAt(vector target, F32 strength, F32 damping)
llRot2Angle 関数 回転値の角度を得る float llRot2Angle(rotation rot)
llRot2Axis 関数 回転値の軸を得る vector llRot2Axis(rotation rot)
llRot2Euler 関数 回転値からvector型の回転データを得る vector llRot2Euler(rotation q)
llRot2Fwd 関数 回転値からX軸の向きを得る vector llRot2Fwd(rotation q)
llRot2Left 関数 回転値からY軸の向きを得る vector llRot2Left(rotation q)
llRot2Up 関数 回転値からZ軸の向きを得る vector llRot2Up(rotation q)
llRotBetween 関数 2つのベクター間の回転値を得る rotation llRotBetween(vector v1, vector v2)
llRotLookAt 関数 指定した方向にオブジェクトを向ける(X方向が正面) llRotLookAt(rotation target, F32 strength, F32 damping)
llRotTarget 関数 オブジェクトを回転目標値を設定する integer llRotTarget(rotation rot, float error)
llRotTargetRemove 関数 オブジェクトの回転目標値をキャンセルする llRotTargetRemove(integer number)
llSetLocalRot 関数 ローカルな回転角度を設定する llSetLocalRot(rotation rot)
llSetRot 関数 オブジェクトを回転させる[参考]初級lsl-5 llSetRot(rotation rot)
llSetTorque 関数 物理オブジェクトに永続的な回転力を与える llSetTorque(vector torque, integer local)
llStopLookAt 関数 オブジェクトのLookAt制御を停止する llStopLookAt()
llTargetOmega 関数 オブジェクトをスムースに回転させる[参考]初級lsl-9 llTargetOmega(vector axis, float spinrate, float gain)

物理

関数・イベント名 区分 概要 定義
llApplyImpulse 関数 物理オブジェクトに瞬間的な力を加える llApplyImpulse(vector force, integer local)
llApplyRotationalImpulse 関数 物理オブジェクトに瞬間的な回転力を加える llApplyRotationalImpulse(vector force, integer local)
llGetAccel 関数 加速度を得る vector llGetAccel()
llGetCenterOfMass 関数 オブジェクトの重心を得る vector llGetCenterOfMass()
llGetEnergy 関数 オブジェクトの残エネルギーを得る float llGetEnergy()
llGetForce 関数 オブジェクトに加えられている永続的な力の方向と強さを得る vector llGetForce()
llGetMass 関数 オブジェクトの質量を得る float llGetMass()
llGetTorque 関数 オブジェクトの回転速度を得る vector llGetTorque()
llGetVel 関数 オブジェクトの速度を得る vector llGetVel()
llGroundRepel 関数 オブジェクトの高度を制限する(指定した高さで弾むようにする) llGroundRepel(float height, integer water, float tau)
llMoveToTarget 関数 物理オブジェクトを指定した位置へと動かす llMoveToTarget(vector target, float tau)
llPushObject 関数 オブジェクトをプッシュする llPushObject(key id, vector impulse, vector ang_impulse, integer local)
llSetBuoyancy 関数 オブジェクトの浮力を設定する llSetBuoyancy(float buoyancy)
llSetForce 関数 物理オブジェクトに永続的な力を加える llSetForce(vector force, integer local)
llSetForceAndTorque 関数 物理オブジェクトに物理的な力及び回転力を加える llSetForceAndTorque(vector force, vector torque, integer local)
llSetHoverHeight 関数 オブジェクトの浮揚高度を設定する llSetHoverHeight(float height, integer water, float tau)
llSetTorque 関数 物理オブジェクトに永続的な回転力を与える llSetTorque(vector torque, integer local)
llStopHover 関数 浮遊状態を解除する llStopHover()
llStopMoveToTarget 関数 オブジェクトのMoveTo制御を停止する llStopMoveToTarget()


名前:
コメント: