※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Sword of Injustice

貴重な聖魔法ブースター。アンデッドの魔法抵抗力を補強する力がある
Sword of Injustice
片手武器 研究Lv 属性 属性2
内部ID 108 8 4
威力 攻撃補正 攻撃回数 長さ
6  3 1 2 
防御力 防御補正 回避率 重さ
  2
射程 弾数 特殊
 
その他
命中時効果:Decay
聖魔法ブースト:1
戦闘開始時自動発動:Protection of the Sepulchre 

ゲーム内解説文

A simple sword of ordinary appearance, this blade was once not unlike other swords. After it was worn and wielded by the Grand Censor of Ermor who used it to mete out his depraved justice, it acquired considerable power from the innumerable innocents that died on its blade. The residue of these injustices residing in the blade was enhanced during the cataclysmic fall of Ermor, when it absorbed considerable amounts of unholy energy. The sword will now increase the holy might of its wielder and will strike anyone it hits with the rot of Hell. It also enables the owner to protect his undead minions from banishment.

和訳

ごく普通の形状の単純な剣。この刃は、かつては他の剣と変わりませんでした。その堕落した正義を行使するためにそれを用いたErmorのGrand Censorによって使われた後、刃はそれによって死んだ数え切れないほどの罪なき人々から相当な力を得ました。刃に蓄積されたこれらの不正の残滓は、Ermorの恐るべき崩壊の間に、膨大な不浄のエネルギーを吸収したことで強化されました。剣は現在、その使い手の聖なる力を強化し、それによって攻撃される誰もを地獄の腐敗によって打ちます。所有者は、そのアンデッドの僕を追放から保護することができます。

注記

世界にたった2つしか存在しない聖魔法ブースターの片割れ。もう1つは両手武器のSword of Justiceで、名前の面でも対になっている。
単にブースターとして見る場合、片手で装備できるこちらのほうが盾が持てる点で便利。また2属性を要求するあちらに比べ、1属性で済むこちらのほうが作り易い。
また装備して戦場に出ると、本来はErmorのMiddle AgeおよびLate Ageでの固有魔法であるProtection of the Sepulchreが自動発動する。抵抗容易なため全てのアンデッドにはかかりきらないだろうが、無いよりは遥かに良い。

聖魔法をブーストする意義がどこまであるかは状況次第だが、聖2までしか自力確保できない国が楽に聖3を得てDivine Blessingを使ったり、聖3持ちに与えてFanaticismを使ったりできる。強力というよりは便利に近い。
一応はBlood Sacrificeの強化にも使えるものの、それならJade Knifeのほうが定番で効果も大きい。もっとも、どちらも片手武器なので併用することはできるのだが。もしこれが量産可能ならかなり強力だっただろう。

曲がりなりにも剣ではあるが、武器としてはかなり平凡。威力は高いとは言えず、防御補正も最低限。攻撃補正は悪くないが、むしろそれ以外はBane Bladeと全く変わらない。
戦えないわけではないが、ブーストさせたい対象がたまたま戦闘力も高いという場合でもない限りは忘れて良いだろう。コストから考えると、わざわざBane Bladeの代わりにするほどのこともない。

解説文にはこの剣の成り立ちが解説されており、その中でErmor崩壊の件も書かれているが、実際にはまだErmorが崩壊していないEarly Ageでも作れるので、いろいろと台無しである。恐らくはDominions2時代の名残と思われる。

コメント

名前:
コメント: