※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Flesh Eater

斬られた敵の肉体を貪る魔性の斧。装備者も狂戦士化する
Flesh Eater
片手武器 研究Lv 属性 属性2
内部ID 54 4 1
威力 攻撃補正 攻撃回数 長さ
14  3 1 2 
防御力 防御補正 回避率 重さ
  0
射程 弾数 特殊
 
その他
命中時効果:Chest Wound
Berserker付加:3 

ゲーム内解説文

This is an axe that has been trained to yearn after human flesh. Once it tastes the blood of an enemy, it will quickly devour the victim, resulting in a permanent chest wound.

和訳

これは、人間の肉を切望するように仕込まれた斧です。それがひとたび敵の血を味わうならば、それは犠牲者を速やかに貪り喰います。そして、永久的な胸の傷を残します。

注記

Gemより数を得やすいBlood Slaveを使うことから、結果的に極めて安価に作製可能な斧。かなり攻撃に偏った性能を持つ。
武器としての性能は、高い攻撃力と攻撃補正が光る。また、斧ながら剣と同等の長さを持つ。防御補正は全くない。
さらにダメージを与えた相手に対し、Chest Wound付加を行う。これは抵抗不可。喰らいたくないなら、そもそも攻撃に当たらないか、受けてもダメージにならないほど高い防御力が必要になる。
また所持しているとBerserker能力が付加される。これはBerserk状態の強制と違い、単にBerserker能力を追加するのみなので、戦闘開始時から強制的に突撃することはない。

元から高い火力をBerserker補正でさらに強化するため、非常に攻撃的。防御補正の低下はあるが、殴られても耐えきれるだけの能力があれば好きなだけ暴れられる。
Berserkerは発動してしまえば撤退しなくなるので、予想外の敵に当たると頓死の可能性もあるが、一方で撤退負けもなくなる。またAweやFearも完全に無視できるだろう。
高い命中率に頼って二刀流に混ぜてみるのも手。長さも許容範囲に収まっている。Berserkerの自動疲労を考えると、高火力で一気に押し切るのは無難な手でもある。

コメント

名前:
コメント: