※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かつて、奇妙で異質かつ強大な種族が住んでいた遠くの星が、想像を絶する大災害に襲われました。
星は天から落ち、小さな破片へと飛散しました。
破片の1つは天球を通り、この世界へと落下しました。
破片は海底に落着し、そして強大なる種族はそこに適応し、生き延びました。
彼らは数を増やし、圧倒的な精神的力によって魚に似た種族を隷属させました。
沈んだ都市R'lyehは、人に知られているどれにも当てはまらない建築様式で海底に作られた、理解の及ばない領域です。
R'lyehのホールでは、落下を生き延びた偉大なる者Starspawnらが、彼らの偉大なる種族の再興を計画します。
Starspawnは遠い星についての大いなる知識を持つ強力な魔術師であり、また偉大なる種族の全員が強力な精神支配者です。
R'lyehの沿岸の要塞には、女性たちが偉大なるものによって受胎されることを望んで自らを水中へと投じるための特別な井戸があります。
しかしその大半はDeep Oneによって代わりをされ、女性たちの子供は彼女らが望んだ立派なStarchildではなく、奇妙な、魚に似た人型生物となります。
これらの半人間の混血児たちは、通常は人間らを海の下へ引き込むことに専念し、しばしば無償でR'lyehの軍に加わります。

種族 水棲
軍隊 AtlantisとOceaniaの民の奴隷、混血種、イリシッド
魔法 星、水、地、死、多少の緑
聖職者 標準的。Void Being召喚可能
宝石収入 水2、星3
魔法土地 The Sunken City, The Void Gate

Underwater Commanders

名称 Cost コメント
Scout 20g,1r 半漁人の偵察兵。水陸両用
Traitor Prince 60g,44r 下級指揮官。指揮上限80
Slave Priest 65g,1r Lv1聖職者。水陸両用
Slave Mage 175g,1r 水や星の魔法を中心に扱う水陸両用魔術師。水から出ると水の魔法スキルが低下する
Illithid Lord 80g,39r Illithidの指揮官。Illithidは魔法生物である点に注意。指揮上限40、魔法生物指揮40
Star Child 85g,1r 人間とIllithidの混血。星1の魔法と暗殺技能を持つ
Starspawn 150g,1r 星などの魔法を扱うLv2聖職者。召喚スキル3を持ち、Void Gateへの侵入も担当する。魔法生物指揮50
Starspawn 280g,1r 星や水などの魔法を扱う魔術師。こちらは召喚スキルは持たず、純粋な魔術師寄り。魔法生物指揮115

Coastal Commanders

名称 Cost コメント
Star Child 85g,1r 水中雇用と同等。内陸部では雇用できない
Hybrid Lord 65g,18r 弱いIllithid Lordのような性能。やはり内陸部では雇用できない。指揮上限40、魔法生物指揮10

Underwater Units

名称 Cost コメント
Slave Trooper 9g,2r 奴隷兵:水棲生物のトリトン奴隷。槍しか与えられていない雑兵。奴隷兵士は全て士気8
Slave Guardian 9g,13r 奴隷兵:トライデントと防具を与えられたトリトン
Slave Trooper 9g,3r 奴隷兵:水陸両用のマーマン奴隷。槍の他に網を使って敵を捕縛する
Slave Guardian 9g,12r 奴隷兵:防具を与えられたが網を捨てたマーマン
Slave Trooper 9g,3r 奴隷兵:水陸両用の半漁人奴隷。トライデントだけを使用する
Slave Guardian 9g,13r 奴隷兵:鎧を与えられた半漁人
Lobo Guard 5g,1r 奴隷兵:精神を完全に破壊された半漁人奴隷。Mindlessの魔法生物扱いで武器は使わない。暗視100%
Meteorite Guard 13g,30r 隕鉄衛兵:隕鉄製の防具を与えられた忠実な奴隷。魔法抵抗も高めになっている。マップ移動力1
Shambler Thrall 25g,1r 奴隷兵:Mindlessの魔法生物。サイズ3でTrample持ちなので、人間大の相手を踏み潰せる
Crab Hybrid 35g,1r 混血兵:半漁人と大海老の混血。水棲生物。丸腰だが防御力が高く、ハサミによる2連撃を行う
Illithid 50g,1r 異星人:精神波による攻撃を行う兵士。魔法生物。防具は着ていないが、その分移動は軽快
Illithid Soldier 50g,39r 異星人兵:トライデントと鎧を装備したIllithid。精神波も使用可能だが威力が若干低下している。マップ移動力1

Coastal Units

名称 Cost コメント
Hybrid Trooper 14g,5r 混血兵:実に奇怪な形状の兵。槍と触手による2連撃を持つが、防御力は低い。ただし盾持ち。内陸部での雇用はできない
Hybrid Soldier 14g,18r 混血兵:Illithid Soldierの弱体化版。精神波を放つことはできない。やはり内陸部では雇用できない

Coastal Auto Spawn Units

名称 条件 コメント
Hybrid 要塞 混血児:触手攻撃のみを持つ丸腰の混血種。水陸両用。沿岸の要塞に自動的に作製される
Hybrid 要塞 混血児:同名装備違い。触手で2回攻撃する。両手が触手になっているのがこれ
Hybrid 要塞 混血児:同名装備違い。棍棒と触手の2連撃を行い、皮鎧を装備している

The Void Gate Spawn Units

名称 コメント
Lesser Otherness 謎のかたまり。押し潰しとサイズ2の蹂躙能力。火炎冷気電撃毒物無効。Mindless。再生能力
Vile Thing 触手の生えた緑色のなにか。触手の2連攻撃。毒無効。食事が必要。マップ移動力1
Thing Of Many Eyes 無数の目の付いた丸いもの。近接、遠隔で腕力奪取。火炎無効。視界あり、暗視100%。移動不可
Thing From The Void 緑色の触手のかたまり。Slimeによる弱体化攻撃、触手の3連攻撃。冷気電撃毒物無効。再生能力。マップ移動力1
Thing From Beyond 背の高い緑色の触手のかたまり。触手の3連攻撃、精神波による遠隔攻撃。Ethereal。毒物無効。移動不可
Otherness 謎のデカいかたまり。押し潰しとサイズ4の蹂躙能力。火炎冷気電撃毒物無効。Mindless。再生能力
Formless Spawn 黒い水の精霊。押し潰し2連撃。火炎半減、毒物無効。Mindless。再生能力
Thing That Should Not Be 触手顔のゴリラ。爪と生命力吸収2連撃。冷気無効。Fear。食事が必要
Dweller-In-The-Deep デカいクラゲ。麻痺と生命力吸収の2連撃、精神波による遠隔攻撃。冷気電撃毒物無効。Ethereal。毒の棘。水棲
Elder Thing 形容しがたいなにか。麻痺攻撃、精神波による遠隔攻撃。倒されると周囲に抵抗可能な麻痺攻撃。毒無効
Greater Otherness 謎の巨大なかたまり。押し潰しとサイズ6の蹂躙能力。火炎冷気電撃毒物無効。Mindless。再生能力
Vastness 色とりどりの球体の集合。腕力奪取2連撃、精神波4連射による遠隔攻撃。冷気電撃毒物無効。Ethereal。Blood Vengeance。飛行可能。マップ移動力10

Heroes

名称 固有名 コメント
Aboleth Auluudh 星の落下を生き延びたAbolethのリーダー。水と星の魔法を扱う水棲の魔術師。実は全盛期のMind Lordの長老と名前が同じ
Stargazer Cthugul 星の落下を生き延びた古きStarspawn。星の魔法を中心に扱う魔術師。魔力は非常に高く、The Void Gateの扱いにも長ける
Traitor King Shadhul Ummush R'lyehの隆盛を止められないことを予見し同胞を裏切った、AtlantisのKing of the Deepの1人。高い水の魔法スキルを持つ

Fortress

地形 名称 Cost 工期 管理力 備蓄 防御力 防御塔
首都 Dark Citadel 1200 5 20 150 600 0
平地 Fortress 1000 4 25 300 400 2
森林 Forest Ramparts 800 3 10 100 150 0
沼地 Swamp Fort 800 3 0 100 100 1
山岳 Hillfort 800 3 5 100 200 0
農地 Fortress 1000 4 25 300 400 2
海洋 Kelp Fortress 800 3 10 25 100 0
深海 Dark Citadel 1200 5 20 150 600 0

Local Defense

条件 指揮官 兵士 備考
全域1~ Illithid Lord Lobo Guard:20 Slave Trooper:10 弱いが撤退しない壁役。しかし火力は無い
全域20~ Starspawn Slave Guardian:10 Shambler Thrall:5 蹂躙係が登場。人間程度の相手にはなかなか優秀
要塞 - Short Bow:4 Mind Blast:1 少なめの射撃に麻痺攻撃のおまけ。当たりどころによっては強烈

Magic Skills

条件 名称 固定 変動 備考
なし Slave Priest 1 Sacred Amphibian
なし Slave Mage 2 1 +1:100% Amphibian
なし Star Child 1 Amphibian Darkvision(100) Stealthy(+15) Assassin
なし Starspawn 1 2 +1:100% Sacred Amphibian Magic Being Darkvision(100) Summoning Skill(3)
なし Starspawn 1 3 +1:100%  +1:100%  +1:10% Amphibian Magic Being Darkvision(100)
※Slave Mageは地上だと -1

固有魔法

無し

雑観

星の落下によりアボレスの都市が粉砕され、住人がイリシッドへと入れ替わった時代。落下の影響でアボレスの数は激減したらしく、以後は英雄として出てくる程度になる。
Late Ageの個性が強烈すぎて地味に見えてしまうのが悲しいが、この時代でも首都縛りを一切持たない柔軟な国として楽しめる。水中国家には珍しく地上雇用専用の兵を持つので、沿岸に拠点を持つ意義もあるだろう。
悪夢の源泉たるThe Void Gateは既に存在するので、Voidの生物を引き入れることも可能。一般兵も高価だが有力な兵を保有するので、Late Ageでは活かせない素の実力を見てみるのも面白い。
なお、イリシッドは全て暗視100%を持ち、魔法生物と見なされる。そのため、Traitor Princeではイリシッドの兵を率いることはできない点に注意が必要。

正規軍はほとんどEarly Ageのままだが、Meteorite Guardの追加による通常兵の信頼性の向上と精鋭の水陸両用化によって大幅に強化されている。飛び道具は精神波のみで、騎兵にあたる兵は存在しない。
奴隷兵は弱いが、資源不足の時期の数合わせには使える。唯一Meteorite Guardだけは強力で、士気も奴隷とは思えないほど高い。重装備のため動きは遅いが、前線の維持と共に火力を持てる点でLobo Guardに勝る。
地上、水中のどちらにおいても、Lobo Guardはダメージ吸収役として優れた性能を持つ。攻撃性能は低すぎるため、彼らの役割は本当に壁。消耗品ではあるが安さも民兵以上なので、気軽に使い潰せる。
Shambler Thrallは人間相手に有効だが、やや高い。防御力が乏しすぎるため、水中戦ならともかく、地上では飛び道具によって簡単に倒されることもあり得るので過信はできない。蹂躙攻撃が全てなので、間違っても踏み潰せない相手には使わないこと。
Crab Hybridは他の水中国家との戦闘に有益。水から出られないので作りすぎると無駄になってしまうが、水中戦に限れば価値はある。攻撃精度は悪いが2連攻撃なので、火力はそこそこ。

特徴たるIllithidは精神波による遠隔攻撃が武器。これは水中で使用できる貴重な飛び道具で、さらに麻痺効果により足止めにもなる。ただし魔法抵抗力を上げて対抗された場合の備えは必要。
Illithid Soldierはより強靭だが、精神波が若干弱く、彼らが接近戦に向かないサイズ4であることは忘れるべきではない。またマップ移動力1なので、地上での行軍には向いていない。他の兵で前線が賄えるなら必要ないだろう。
なお、雇用可能なSacredは存在せず、Sacred兵の役割はThe Void Gateから召喚した生物が担う。種類が多いので本当は好みのものを選びたいところだが、そう数が出ないのであまり選り好みしないほうが良いだろう。

魔術師は4種。1種は暗殺者が本業、1種は聖職者も兼任なので、純粋な魔術師は2種。主力は星、水だが、確率で地、死、緑も1ぐらいは期待できる。
Slave Mageは水2星1に加え水地星緑から1つを得る。緑の魔法を得られるのは彼らのみ。安いので研究役として利用できるが、総合的には上位2種に劣る。必要なだけ雇えば良い。
Star Childは星1を持つ暗殺者。精神波による攻撃が可能な上に星魔法による自己強化が可能ということで、暗殺者としてはなかなかのもの。純粋なイリシッドと違い靴も装備できる。また沿岸の要塞でも雇用可能。
Starspawnのうち安い側は星1聖2、追加で水地星死から1を得る。唯一の聖職者な上、The Void Gateに入れるのも英雄を除けば彼らぐらい。魔術師としてよりは、そうした技能のために招くことが多い。
もう一方は魔法型で、水1星3に加え水地星死から2回、10%でさらに1回得る。相応の値段ではあるが魔力の幅が広いので、狙っている組み合わせがあるなら研究員として量産しても良い。
この他、Void BeingのVastnessはGift of Reasonにより星3を持つ魔術師に化ける。マップ移動力も異常に高く、戦闘力も高いがアイテムが全く装備できない(その他欄すらない)。Vastness自体も貴重な存在なので、狙うのは難しいか。

The Void Gateは非常に特徴的な存在。侵入可能なのはSummoning Skillを持つ指揮官のみで、その補正値が高いほど強力な存在を呼び出し易くなる。
Summoning Skillの補正は召喚に成功するたびに上がるので、できることなら同じ指揮官に任せたいのだが、Gate侵入者は様々な危険を掻い潜らなくてはならないため、なかなか難しい。

よくあるのはVoid Beingに暗殺状態で襲われるパターン。敵はほとんどの場合1体なので、弱いものならそれほど苦労せずに倒せるのだが、運が悪いとVastnessが殴りかかってきたりする。倒せても得は無い。
次に多発するのが行方不明。Infernal PrisonClaws of Kokytosの追放と同じような効果で、こちらは当然Voidに幽閉される。内容も似たようなものだが、中で襲ってくるのもまたVoid Beingとなる。
その次によくあるのはInsaneの増加。Late Ageであっても普段は狂わないStarspawnだが、この場合は容赦なく発狂する。ただし狂気耐性は内部的に数値差があり、それが高いVoid Spectreは平気かもしれない。
最後にかなり稀なパターンだが、AfflictionのFeeble Mindedが強制的に付与されることがある。本当に確率が低いらしく、1度しか確認していないが、こればかりは対処しようがない。Affliction回復手段が無ければ詰みになる。

これらの危険のうち、頻発する上2つはReturningの利用により回避できる。Gemが必要だが、毎回毎回死の危険を冒すぐらいならこのほうが良い。ただし発動後は指揮官の命令が戻っているので、Gateに入るよう再命令しておくこと。
残る2つはどうにもならないので、起きないように祈るしかない。かなり困るペナルティではあるので、できればStargazerにはGateに入らせないほうが良い。Summoning Skill2の差など、召喚が2回成功すれば並んでしまう程度のことである。

余談だが、レアな魔法土地のStrange House in the MistはこのThe Void Gateと同じ機能を持つ。こちらは星魔法を使える指揮官なら誰でも入れるので、見かけたら挑戦してみるのも手か。

コメント

名前:
コメント: