※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Illwinter

世界中をColdに傾けていき、また敵の土地に霜の巨人や狼が攻撃を仕掛けます
Illwinter ジェム 疲労
内部ID 175 120
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 Global Enchantment
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Blood 5 1
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
Water 3 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Blood 6
専用国家 EA Niefelheim, MA Jotunheim, LA Utgård

ゲーム内説明文

The caster sacrifices the blood of innocent virgins in an attempt to revive the old Rimtursar, ancient giants of terrible might and the ancestors of the Jotun. The giants are slow to awaken but their presence will cause blizzards and severe cold all over the world. The Illwinter is the most feared of all omens and unrest will increase worldwide. The spell lasts until someone dispels it or the caster dies.

和訳

術者は、恐るべき古代の巨人、Jotunの祖先たる古きRimtursarを復活させることを試み、罪なき処女の血を生贄として捧げます。巨人の目覚めは時間がかかりますが、彼の存在は世界中で吹雪と寒冷化を引き起こします。Illwinterは全ての兆しにおいても最も恐れられ、不安が世界中で増加します。魔法が解除されるか、術者が死ぬまで世界呪附は続きます。

注記

召喚魔法のような説明文を持つ世界呪附。Rimtursar氏は何年待とうと起きてはこない、実につれないお方。しかしその設定ゆえ、対を成すとも言えるSecond Sunと違い固有魔法となっている。
実際の効果としては、世界中の気候の天秤を寒冷側に傾けていき、ついでに不安も上げる。これはDominion外でも容赦なく作用し、温暖な気候を好む種族にとっては文字通りの冬の時代と化す。
また敵領土に対して小規模な襲撃が発生する効果もある。はっきり言って規模が小さすぎるのであまり期待はできないが、守備兵が弱い国にとっては痛い。特にMictlanなどは20越えで雇わないと負けやすい。

気候の影響は地味ではあるものの、収入と食料事情に確実に打撃を与えてくる。とくに適正気候がHeat寄りの国には致命的で、放置していると悲惨なまでのペナルティを喰らうことになる。
またCold PowerやChillが強化される利点もあるし、Murdering Winterの利用も楽になる。敵がFire PowerやHeatを持つならその弱体化も狙え、冷血動物であれば致命的な疲労ペナルティも期待できる。
とはいえ、相手を見て使わないと研究時間や使い手の確保の手間に見合わないこともしばしば。AbysiaやC'tisの心を折るには有効だが、Caelumなどは気にしてくれないか、下手をすれば喜ばれてしまう。

やはり一番使いたいのはCold3を適正とするNiefelheimだろう。Jotunheimでも敵を選んで使えば役立てられる。逆にUtgårdではCold3までなると行き過ぎなため、少々使い辛い。
一応、Second Sunと同時発動すると気候変動はほぼ相殺するのでそういう使い方もできる。もっとも、そのためだけにBlood Magicを研究したりするのは無駄の極みなため、血の魔法を用いる戦略を採っていなければ出番はない。

余談だが、IllwinterはDominions3の開発元の名称でもある。固有魔法の上に使いこなせるのがNiefelheimぐらいなので、いまいち目立たないのが悲しいところ。

コメント

名前:
コメント: