※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Infernal Disease

病気を撒き散らすDisease Demonにその土地の指揮官を暗殺させます
Infernal Disease ジェム 疲労
内部ID 781 5
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 水中可 Send Assassin
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Blood 5 1
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
- 0 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Blood 6
専用国家

ゲーム内説明文

This ritual starts with a month of scribing complex magic symbols and eventually culminates with the sacrifice of five young girls. When the ritual is finished, a Disease Demon is bound and ordered to attack an enemy commander wherever in the world the caster chooses. The demon is very deadly and should be a sure way to kill an enemy.

和訳

この儀式は複雑な魔法のシンボルを描くために1月を費やし、最終的に5人の少女の犠牲を払います。儀式が終わると、Disease Demonが服従し、世界中のどこででも、術者が指定した場所に居る指揮官を攻撃するよう命令されます。デーモンは非常に致命的であり、敵を殺すための確かな手段です。

注記

病気を撒き散らす凶悪なデーモンを暗殺のために派遣する魔法。暗殺系魔法の中でも強力な部類にあたる。
Disease Demonはなかなかの戦闘能力を持ち、Etherealな上に飛行しているので無警戒な指揮官が返り討ちにするのは困難。HPも30あり、魔法抵抗も17とかなり高いので即死などは効きにくい。
また、攻撃が病気効果付きで、しかも2回攻撃してくる。加えてただ存在するだけでも毎ターン周囲に病気を感染させるため、接近されただけでも危険。当然、護衛の兵士も巻き込まれる可能性が高い。
スペック上、魔法武器を持った巨人などと対等に渡り合うのは厳しいかもしれないが、病気にできる相手であればそれだけでも価値はある。回復手段の無い国が相手であれば特に有効。

敵が召喚してきている場合、護衛が先行して足止めしているうちになんとか倒してしまいたい。病気の影響を受けない兵を護衛にしておけば手間がかかりにくいだろう。
ただしコストが低いので、使い手をどうにかしないことには倒しても延々と派遣されてくる可能性が高い。あまりにしつこい場合、反撃機能のあるドーム系魔法で術者そのものを始末することを考えたほうがいいかもしれない。
幸い水陸両用ではなく、水中にまで派遣されてくることはない。本拠地が水中にある国なら、地上に派遣した部隊だけ警戒すれば良い。

コメント

名前:
コメント: