※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Sanguine Heritage

死2血2を持つ吸血鬼の指揮官Vampire Countを召喚します
Sanguine Heritage ジェム 疲労
内部ID 160 44
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 Summon Commander
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Blood 3 1
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
Death 3 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Blood 0
専用国家 LA Ulm

ゲーム内説明文

During the Malediction, evil was let loose in the kingdom. The Hunger that was aroused resulted in cannibalism and practices even worse. Some of the warring nobles succumbed and became Vampires thirsting for human blood. Most of them have disappeared or fallen into perpetual sleep since then, but if enough blood is sacrificed, they might well awaken and serve the Dark God of Ulm. This ritual uses 44 blood slaves to awaken one of the sleeping nobles.

和訳

呪われた時の間、悪は王国に放たれました。飢餓が引き起こされ、それは共食いやさらに悪しき行為を招きました。いがみ合う貴族たちの数人は、屈服し、血を渇望するVampireとなりました。彼らのほとんどは姿を消したか、それ以後永久の眠りに落ちました。しかし、十分な血の犠牲により、彼らは目覚め、Ulmの闇の神に仕えます。この儀式は、眠れる貴族の1人を起こすため、44人のBlood Slaveを消費します。

注記

Late AgeのUlmが最初から利用できる特殊な召喚儀式。召喚されるVampire Countは、全体的にはCurse of Bloodで得られるVampire Lordによく似ている。イベントで稀に襲撃してくる吸血鬼も彼らなので、見たことのある人も多いだろう。
さすがに使用可能な時期が違うだけあって、Vampire Countはほとんどの点でVampire Lordに負けている。ステータスは全体的に劣るし、魔法スキルも死2血2止まり。召喚もThrallという雑兵になっている。
唯一優れるのは、素で魔法生物指揮能力があること。魔法スキルによる加算だけでは上限が低い魔法生物だが、彼らならそれなりの数を連れまわせる。
また死と血の魔法を持つ上に元のアンデッド指揮上限も高いので、序盤では貴重なデーモンの指揮官にもなれる。飛行もできるし魔法も死2があるので、Blood Slaveを与えなくても戦闘で暇をすることはない。

総じて最初から使用可能な召喚魔法としてはかなり有力。Vampire Lordに劣る点が多いとはいえ、元々のVampire Lord自体がかなり強力なだけにそれでもまだ相当に強い。
また無料召喚されるThrallも弱いながら長めの武器を持ち、士気15と非常に勇敢。いくらか軍に混ぜておくと部隊の士気平均値が上がり、撤退し難くなるだろう。召喚が自動化されているのも利点だが、成果はDominionに依存する。
本体のImmortal特性も健在なため、Dominionの広がりにさえ気をつけておけば無茶ができる。この最初期からImmortal持ちが得られるだけでも相当な強みなので、上手く活かしたい。

ただし、Ulmの魔術師に死と血を併用可能な術者は存在しない。確実に使いたい場合は神に魔法スキルを持たせておく必要がある。その場合、血魔法は4まで上げておくとブースター作製も可能になるので便利だろう。

コメント

名前:
コメント: