※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Heat from Hell

毎ターン50%の確率で疲労を与えます Heat scaleが大きいほど効果が高くなります 雨により効果が低下します
Heat from Hell ジェム 疲労
内部ID 588 2 200
使用 水中判定 効果 効果量
戦闘 Battle Enchantment
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Fire 4 1 0
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
- 0 0 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Enchantment 6
専用国家

ゲーム内説明文

The entire battlefield is struck by heat worse than that of the hottest of deserts. This heat soon renders all units on the battlefield unconscious, after which death is certain. This spell is most effective in warm provinces.

和訳

戦場全体が最も暑い砂漠さえも凌ぐほどの熱波に襲われます。熱波は戦場にいる全てのものを短時間で意識不明に陥れ、その後死に至ることを確実とします。この呪文は、温暖な州において特に効果的です。

注記

戦場に恐るべき熱波を呼び込む戦闘呪附。文字通り、地獄の炎の領域Infernoの気候そのもの。
発動中は毎ターンの終了時に戦場の50%に対して熱による疲労攻撃が行われる。威力は5だが防御無視で、また戦場のHeat天秤に応じて1ずつ増減し、またRainで雨が降っていると-3される。火炎ダメージなので、たまに炎上させることも。
感覚的にはFire Stormの疲労ダメージ版とも言える。こちらは直接ダメージこそ与えないが、疲労により戦闘力を奪い、やがて行動さえ封じ、最後には命さえも奪い取る。炎上によるダメージもいくらか期待できるだろう。

当然のように味方も巻き込むのだが、火炎耐性さえ万全なら効果が出ないので、使用するのがわかっている術者側にとっては無効化や軽減は容易。ただし敵の耐性にも注意しないと効果が皆無という場合もある。
種族的に火炎無効を持つのはAbysiaぐらいなものの、Rainで効果を抑えられたり、Wolven Winterで天秤を弄られたりと耐性以外での無力化要因が多いのは不安材料。水魔法を得意とする国を相手にする場合は注意しておきたい。
なお、対になるとも言えるGrip of Winterと同時に発動すると互いに効果を抑え、どちらの効果も一切出なくなる。片方が何らかの理由で終了すると残った側の効果が復活するのであくまで抑えているだけだが、覚えておけば役立つこともあるかもしれない。

コメント

名前:
コメント: