※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Awaken Sleeper

強力な士気向上能力を持つ指揮官Sleeperを召喚します
Awaken Sleeper ジェム 疲労
内部ID 476 10
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 Summon Commander
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Nature 4 1
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
- 0 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Conjuration 5
専用国家

ゲーム内説明文

The caster locates and awakens an ancient hero from his eternal sleep. The Sleeper is a huge human hero armed with ancient weapons, waiting for the final cataclysmic battle that will decide the fate of the world. The hero is awakened and made to serve the caster until that time. The Sleeper is an exceptionally good general and soldiers under his command will rarely be routed from battle.

和訳

術者は古代の英雄の所在を突き止め、永遠の眠りから呼び覚まします。Sleeperは古代の武器で武装した巨大な人間の英雄です。彼らは世界の運命を決定する最終的な大変動における戦いを待ち続けています。英雄は起こされると、その時まで術者に仕えます。Sleeperは本当に卓越した将軍で、彼の命令下にある兵士は戦いから滅多に逃げ出しません。

注記

素晴らしい指揮上限と士気向上の効果を持つ指揮官、Sleeperの召喚儀式。戦闘要員としてもある程度通用する性能を持つ。
魔法こそ全く使えないもののHP26と高い戦闘スキルを持ち、魔法抵抗も15と高めの水準。武器は最初からEnchanted Spearを装備し、防具も盾を含めて一式装備している。
さらに通常指揮120に加え魔法生物指揮80、ついでにアンデッド指揮も40あり、士気向上も25持つ。自身の士気も20と高いので、大群を率いたうえで粘り強さも与えてくれる。

Late Age以外では通常指揮120自体も結構なものだが、魔法生物の指揮上限80は時代を問わずありがたい。全体的に脆く、流れ弾で頓死することも多い魔術師よりも格段に信頼の置ける指揮官として活躍してくれる。
また直接それらの指揮を担わなくても、単に戦場に居てくれるだけで本来の指揮官の事故死に際して代わりを務めてくれる。これについてはアンデッドでも同じように期待できる。
おまけに生物ながら寿命が長め(1000年、初期年齢400前後)なので、Burden of Timeの影響下でさえ十分に活動できてしまう。非常時には一考の価値がある。

装備は一式可能なので、戦闘任務にも一応活躍できる。HPが異常に高いわけでも、高い素の防御力があるわけでもなく、耐性もなければ特殊能力も無いが、元は指揮官なので贅沢は言えないだろう。
戦闘スキルは十分高いので、単身で無双させるというよりは、強めの戦闘要員として期待するのが良いだろう。前線に出ていれば周囲の兵の士気も高めてくれるので、さりげなく戦線維持に貢献してくれる。

なお、飛び道具を持ってないくせにやけに射撃精度が高い(15)ので、指揮官として使う場合でも魔法の放てる杖か弓を与えてみるといいかもしれない。弓だと盾が外れてしまうのは難だが、暇はせずに済む。
射程が腕力に依存する投げ武器、Fire Bolaもなかなか面白い選択。片手で扱えるし、腕力と射撃精度が共に高めな彼らには悪くない。また射程が長すぎない分、士気向上効果の範囲に兵を入れ続け易いのも利点。

コメント

  • Strengthが高いのでFireBolaもそこそこ扱えますよ。良い位置に立ってくれるかも。Sceptre of Authorityが先に作れるのであまり日の目を見ないですけどね。筋力用装備がありますし、Heroic Abilityで結構なダメージに。(以前Controlの記事で挙げたセーブデータでは、預言者が肥満+両手Bola+Quicness履き替え忘れ(笑)でござる。) -- 名無しさん (2011-07-31 21:47:26)
  • 数少ない投げ武器のこと、すっかり忘れてました。そんなに性能悪くないはずなのに、ほんとに出番少ないですよね・・・ -- 名無しさん (2011-08-01 02:50:35)
名前:
コメント: