※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Summon Likho

不幸を呼び敵を呪う力を持つ指揮官Likhoを召喚します
Summon Likho ジェム 疲労
内部ID 820 10
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 Summon Commander
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Death 1 1
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
- 0 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Conjuration 4
専用国家 LA Bogarus

ゲーム内説明文

The caster summons a crone of misfortune. She appears as an one-eyed old hag in dark robes. Her mere presence will cause ill fortune and misery. Her evil eye will curse those she gazes upon.

和訳

術者は不幸の老婆を召喚します。彼女は、黒いローブを着た片目の年老いた老婆として現れます。彼女がただ存在するだけで、不幸と悲しみを引き起こします。彼女の凶眼は、彼女が見つめたものに呪いをかけます。

注記

滞在する州に不安を拡散させ、挙句悪性イベントを誘発させるという非常に迷惑なお方、Likhoの召喚魔法。戦闘でも抵抗不能のCurse攻撃を魔法スキル無しで使用する。
身体能力には見るべき点は皆無で、魔力も無い。力は案外強いが戦闘スキルを欠き、HPは人間よりマシだが防御力は皆無。接近戦に巻き込まれれば命はないだろう。
遠隔攻撃の呪いは精度補正100で射程50あり、性能は上々。しかし本隊につけて動くと不安が無駄に上がり続けてしまうので、これを活かそうとするのは厳しい。

基本的には隠密能力を活かして敵地に投げ込んでおくことになる。隠密補正は皆無なため、パトロールがあればすぐ見つかるが、そこにたまたま大物が居合わせると呪いをかけてくれることも期待できる。
この場合の難点は、イベント誘発の成果が見えないことかもしれない。敵からしてみれば煩わしいことこの上ないだろうが、こちらからはほとんどわからないのでどうにも面白みがない。もちろん無駄なわけではないので、やって損はしない。

なお、彼女らの持つイベント誘発はFirebirdの良性イベント誘発と同じ仕組みの様子。ただし能力の内部値ではこちらが大きく勝るので、1体あたりの効果も高いものと思われる。

コメント

名前:
コメント: