※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Wind of Death

戦場全体に肉体を腐敗させる死の風を発生させます
Wind of Death ジェム 疲労
内部ID 313 1 100
使用 水中判定 効果 効果量
戦闘 Decay
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Death 4 1 0
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
Air 1 666 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Evocation 7 抵抗容易
専用国家

ゲーム内説明文

With this horrible spell, the necromancer releases a wind thick with the stench of open graves. The ice-cold wind is silent as it rends the flesh of living beings. With an effect similar to leprosy, the flesh of those affected turns pale and cracks open, leaving bare bones. Only death will stop the process.

和訳

この恐るべき呪文で、降霊術師は暴かれた墓の悪臭に満ちた風を放ちます。風は氷のように冷たく、音もなく生けるものの肉を引き裂きます。その影響は癩病に類似し、犠牲者の肉体は青白く染まり、亀裂が入り、骨から剥がれ落ちます。死だけがこの過程を止めます。

注記

Decayの全体版。抵抗容易で味方も例外なく巻き込むという欠点を補って余りある効果を持ち、とりわけ人間の根絶に力を発揮してくれる。
効果そのものはDecayと何も変わらないが、防御力や属性耐性と関係なく全ての兵を衰弱死に追い込み得るという事実は強烈。成功率の低さも抵抗貫通ボーナスを稼げばある程度補える。
無効対象が居ないために完璧な対策は難しい。可能な限り寿命が長い兵を利用し、魔法抵抗力も高めに保てば被害を大きく減らすことはできる。人間で重装兵が主力な国の場合は覚悟が必要になるかもしれない。

効果が効果なだけに使用条件も厳しめ。死4の達成は死魔法が得意な国なら簡単なことだが、風魔法を併用できる術者となると一気に候補が絞られる。
味方を巻き込む点は敵が取るべき対策と同じものを行えば補えるものの、それは結果的に自軍の構成を縛ることにもなる。敵方にそこを突かれて逆に壊滅させられるようなことがないように警戒しておきたい。

なお、説明文にはleprosyという単語が出るが、魔法としてのLeprosyとは全く似ていない。あちらは病気を感染させて緩やかな破滅を与え、こちらは急激な腐敗により速やかな死をもたらす。

コメント

名前:
コメント: