※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Robe of Invulnerability

何の負担も受けずに堅くなれる。毒殺されないように
Robe of Invulnerability
研究Lv 属性 属性2
内部ID 174 6 5
威力 攻撃補正 攻撃回数 長さ
   
防御力 防御補正 回避率 重さ
0  0 0
射程 弾数 特殊
 
その他
防御魔法:Invulnerability 

ゲーム内解説文

This cloak makes its wearer invulnerable to all but the most powerful attacks. The Robe of Invulnerability is highly coveted by mages, as it offers the best possible protection without encumbering their spellcasting at all.

和訳

この外套は、着用者を最も強烈な攻撃でなくては傷付けられないようにします。Robe of Invulnerabilityは、それが彼らが魔法を使用する際にも一切の負担になることなく最高の保護を提供することから、魔術師たちに切望されます。

注記

着用者をInvulnerabilityにより保護するローブ。それ自体は防具として機能しないにも関わらず、一流の防具として役立つ。
Invulnerabilityは基本防御力を25まで引き上げてくれる。これは皮膚変換の一種なので、頭部にもしっかり作用する。ただし皮膚変換のお約束で耐性低下もあり、毒物耐性が-100%もされることになる。

防具扱いでないため負担の増加は無く、毒物耐性が下がる以外にはとくに大きな欠点もない防具となる。頭部もカバーしてくれるため、防御力の乏しい兜を併用しても困らないし、いっそ被らなくても良いのも利点。
基本防御力が低いほど恩恵も大きくなるが、元から基本防御が25に近いようなものは珍しいため、大半の国で活用できるだろう。むしろ敵が毒を多用する相手でないかのほうが重要になる。
量産するにはいささかコストが高いのが気になるものの、地魔法はDwarven Hammerを擁するのでボーナスは得やすい。魔法スキルの条件さえ満たせるならどうにかなるだろう。

地の魔術師は地3もあれば自力で発動可能な効果なので、わざわざ作って装備する必要は薄くなるが、疲労の都合やターンを消費せずに済む点から活用の余地はある。また前線に出ないなら毒攻撃を受ける頻度も少ないので、戦闘型指揮官より使いやすい面も。
また地はEarthquakeRain of Stonesなど防御力に影響される全体攻撃も擁するので、それらを使用する際にも有益。とくに1ターン目から発動したい場合、装備するだけで良いのが大きな利点となる。

コメント

名前:
コメント: