※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The Stone Sword

石化の剣。元々石像という場合でもなければ持ち主すらも石に変える
The Stone Sword
両手武器 研究Lv 属性 属性2
内部ID 95 8 4
威力 攻撃補正 攻撃回数 長さ
10  4 1 3 
防御力 防御補正 回避率 重さ
  7
射程 弾数 特殊
 
その他
攻撃時効果:Area Petrification 

ゲーム内解説文

This mighty sword will strike everyone in its vicinity with petrification, including the wielder. Only those highly resistant to magic will survive.

和訳

この強力な剣は、その使い手を含め、周囲に居る全員を石化によって攻撃します。魔法への高い耐性を持つものだけが生き残ることができます。

注記

斬られたものどころか周囲広範囲に石化効果を撒き散らすアーティファクト。強力ではあるが使い手を選び過ぎる。
基本性能はやや控えめの威力だが、攻撃補正は高めで、また防御補正がやけに高いのが特徴。これだけなら戦闘スキルの低い指揮官にも優しい武器と言える。
しかしその脅威のほとんどは、攻撃時に発生する追加効果。これは範囲5に作用する抵抗可能な石化効果で、実質的な広範囲即死効果として機能する。最初から石でできているものでなければ誰でも対象で、使い手すら例外ではない。

魔法抵抗で防げるとはいえ、振るだけでこれほどの広範囲に即死効果を撒けるというのは驚異的。魔法の石化と違ってさすがに強制麻痺はついていないが、恐ろしいことには全く変わりが無い。
ただし確実に防ぐ能力を後天的に付加する手段が皆無なため、使い手は非常に限られる。魔法抵抗に自信があるなら誰でも使えはするが、事故死の危険は常に付き纏う。もちろん近くに居る味方も危険。
とはいえ、これらの欠点をどうにか補えれば、一人で大軍を壊滅させることすら可能なだけの性能は持っている。多少の手間がかかるとしても実用化する価値はある。

一番良いのは石化無効のものに使わせることだが、安物の指揮官に死ぬまで振らせるという手もある。戦闘に負けず、装備欄の空きのある指揮官が居れば死んでも剣は回収できる。
Sleeperなど、安く出せて性能の良い召喚指揮官で使うのも良いし、またImmortal持ちに使わせるのも悪くない。またすぐ死なない自信がある指揮官ならElixir of Lifeなどで保険をかける手も。
なんにせよ、いくらなんでも一振りでほぼ死んでいるようでは活かしきれないので、魔法抵抗はある程度補強してやったほうが良い。あとは反撃で普通に殺されない程度の装備をすれば十分だろう。

ちなみに、石化無効のユニットはそう多くない。Gift of Reasonが必要なものを含め、使い手として適当と思えるものを以下に挙げておく。

コメント

名前:
コメント: