※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲーム内容・特徴

基本情報
タイトル Battlefield: Bad Company 2
(バトルフィールド:バッドカンパニー2)
ジャンル ミリタリー・アクション・シューティング
FPS(一人称視点シューティング)
対応機種 Xbox 360、PlayStation®3、PC
発売元 エレクトロニック・アーツ
(ELECTRONIC ARTS)
開発元 EA DIGITAL ILLUSIONS CE AB
(スウェーデン)
人数 1人
オンライン
人数
2~24人(Xbox 360、PlayStation®3版)
2~32人(PC版)
CERO D(17歳以上対象)
発売日 2010年3月11日(木) (全機種)
価格 7,665円(税込) (Xbox 360、PlayStation®3版)
オープン価格 (PC版)
PC版対応OS
Windows XP SP2以降、Windows Vista SP1以降、Windows 7
PC版必要動作環境
プロセッサ Core 2 Duo @ 2.0GHz
メインメモリ 2GB
グラフィックカード GeForce 7800 GT / ATI X1900
グラフィックメモリ 256MB
OS Windows XP SP2
HDDの空き容量 15GB(ダウンロード版)、10GB(ディスク版)
PC版推奨動作環境
プロセッサ Quadcore
メインメモリ 2GB
グラフィックカード GeForce GTX 260
グラフィックメモリ 512MB
OS Windows Vista or Windows 7
HDDの空き容量 15GB(ダウンロード版)、10GB(ディスク版)


ゲーム内容・特徴

  • ゲーム概要
2009年8月21日
    [Gamescom]雰囲気はBattlefieldそのもの。
    「Battlefield: Bad Company 2」のマルチプレイについてEA DICEがみっちりレクチャー

   前作のセールスポイントの一つだった「EA DICEが作るシングルプレイFPS」という部分が、2009年6月に開催されたE3 2009以来、やや影を潜め、最近は「マルチプレイの面白さ」を前面に押し出してきた印象が強い。
   実際、今回のElectronic Artsのブースで行われた報道関係者向けセッションでも、前作でフィーチャーされていた「はみ出し兵士4人組のドタバタFPS」についてはまったく触れられず、マルチプレイの内容に終始したのだった。
   というわけで説明は、個人的にはすっかりおなじみのEA DICEシニアプロデューサー、Patrick Bach氏が担当。Bach氏は、Bad Company 2のマルチプレイには以下の特徴があるとする。

1.オープンスペース
2.ビークル
3.スクワッドシステム
4.デストラクション
5.カスタマイズ

1.オープンスペース
   オープンスペース(Sandbox Environment)とはもちろん、ディテール豊かに作り込まれた戦場それ自体のことだ。リスポーンポイントや、戦闘が過熱しやすいホットポイントなど、ゲームバランスが慎重に検討されており、プレイして楽しめるものになっているとのこと。
   後述するように、マルチプレイのゲームモードは4種類あるが、どのモードにも対応できるようにデザインされており、さまざまな攻略方法が考えられるのだ。
   Bach氏は、Gamescomで初めて公開されるという砂漠のマップを我々に見せてくれた。Bad Company 2といえば雪と氷というイメージがあっただけに、中東風のマップはちょっと新鮮。

2.ビークル
   ビークル(Vehicle)、つまり搭乗兵器は15種類予定されている。プレイヤーが戦場に置いてあるいろんな兵器に好き勝手に乗り込んで戦うのがBattlefieldシリーズの特徴である……なんてことは、2002年の「Battlefield 1942」からプレイしているようなベテランPCゲーマーにとって釈迦に説法だが、コンシューマ機のプレイヤーにはインパクトが大きいかもしれない。
   EA DICEはこうしたシステムを持つゲームタイトルを7年以上も作り続けており、兵器類のアレンジにはそうしたノウハウを十分に生かしていると、Bach氏は胸を張る。現在でも人気の高いマルチプレイFPS、「Call of Duty 4: Modern Warfare」あたりは基本的に歩兵戦闘なので、Bad Company 2のように多種多様な大型兵器が出てくるゲームシステムはアピールできる部分だ。
   ちなみに15種の搭乗兵器には、戦車や戦闘ヘリコプターのほか、小型四輪駆動車のATV、兵員輸送車であるAPC、そして4人までの兵員を運べるブラックホークヘリコプターのような輸送機などがある。それぞれの兵器はメリットとデメリットを持つため、それらを考えて戦わなければならないわけだ。

3.スクワッドシステム
   「Battlefield 2」から導入されたスクワッドシステムは、Bad Company 2でも採用される。もっともBattlefield 2のそれは、“小隊/司令官システム”とも呼ばれるように、司令官の存在を前提としているので、小隊長も司令官も存在しないBad Company 2だと、メリットはやや少なくなる。リスポーンするのは同じチームに属する戦友のそばということになるわけだ。
   とはいえ、小隊単位で戦ったほうが有利であり、さらにスクワッドに入っていた場合に限られるポイント獲得法があったりするところなどは、Battlefield 2譲り。ネットを介した音声によるチャットもデフォルトで対応している。
   さて、先ほど、マルチプレイのゲームモードは4種類と述べたが、具体的には、敵味方に用意されたオブジェクトを相手に先んじて破壊する「Rush」と、マップ上の拠点を奪い合うおなじみの「Conquest」のほか、スクワッドシステムにフォーカスした二種類のマルチプレイモードが加わる予定であることが明らかになっている。後二者については「発表は後日、あらためて」(Bach氏)だそうだ。

4.デストラクション
   Bad Company 2で、最も注目すべきポイントがこれ。わずかな例外を除いて、マップ上のありとあらゆるオブジェクトが破壊可能とされているのだ。つまり、「絶好の狙撃ポイント」などは存在しない。戦車砲やロケット砲でその場所を吹き飛ばしてしまえばいいからである。
   安全な場所に隠れていても、見つかってしまえば破壊される。戦場の状況は時々刻々と変化し、二つとして同じゲームは存在しないのだ。Bach氏によると、やろうと思えば、すべての建物を粉砕し、マップを真っ平らにすることもできるとのこと。これを実現するのが、EA DICEの独自エンジン「Frostbite」の持つデストラクション(Destruction)機能で、前作のような「壁がなくなる」式のシンプルな破壊ではなく、物理演算によるリアルなグラフィックスが再現されているのだ。
   さらに、何もないところでグレネードを爆発させると、浅くえぐったような跡が残っていたので、シンプルながらデフォーメーション機能もある模様。技術的にはかなりレベルが高い。ある意味、マルチプレイFPSプレイヤーの夢を実現したような機能であり、これだけでも試してみたいと思う。逃げ場、なし! ということだね。

5.カスタマイズ
   プレイヤーが選択できるのは四つのクラス(Assault、Engineer、Recon、Medic)で、用意されているキャラクターも4種類だが、1500種類を超えるアイテムキットにより、自分だけの兵士を作り出せるというのも、Bad Company 2の特徴。
   40種類以上用意された武器類もまたカスタマイズが可能で、例えばスコープをつける、スモークグレネードを装着するというやりかたで、200種類以上のバリエーションがつけられるとのこと。さらに、Battlefield 1943のプレイヤーには、ガーランドライフルなど、3種類のスペシャルウェポンが支給される予定になっている。
   さらに数字が並ぶが、モーションセンサーや迫撃砲の発射地点を表示するアイテムといった15種類以上のガジェットやアクセサリがあり、スタミナアップやリロードを速くする13種類のスペシャルアイテムも用意されているそうだ。
   リワード関係では、50種類の階級に加え、40種類のピン、228種類の勲章、そして40種類のインシグニアなどが、プレイのモチベーションを高めてくれるだろう。

   Battlefield 2以降のPCゲームプレイヤーにとっては、デストラクション機能を除くと、システム的に驚くところは少ないかもしれない。だが、Bach氏の説明のあとに実際にプレイさせてもらった感じでは、その感覚は間違いなくBattlefieldシリーズの新作であり、あっちでドッカン、こっちでドッカンと大変にあわただしく面白い。
   現代戦をテーマにしたミリタリーFPSということから、「Modern Warfare 2」(Call of Duty: Modern Warfare 2)とつい比べられがちだが、FPSプレイヤーにとってはもっと注目していいタイトルだといえるだろう。
4Gamer.net より>(抜粋)


  • 「EA 日本」公式ゲーム紹介
2009年10月22日

    バトルフィールド:バッドカンパニー2 2010年春発売!
    マルチプレイヤーアクション「バトルフィールド:バッドカンパニー2」のXbox 360® およびPLAYSTATION®3版を2010年春に発売。


エレクトロニック・アーツ株式会社は、期待のマルチプレイヤーアクション「バトルフィールド:バッドカンパニー2」のXbox 360 およびPLAYSTATION 3版を2010年春に発売することを発表いたしました。

「バトルフィールド:バッドカンパニー2」は、高水準な破壊、搭乗兵器による戦闘、部隊での展開や現代戦が舞台となるアクションゲームでは未だかつて体験したことのないオープンワールドな環境をお届けいたします。破壊を新たなレベルに押し上げ、数多くの陸海空の乗り物により、プレイヤーは間もなく、このクラスでは最高のオンライン戦闘体験の目撃者になります。

オンラインまたはシングルプレイヤーキャンペーンのいずれにおいても、プレイヤーは生き残りと勝利のためにあらゆる武器や乗り物を使うことになります。それぞれが戦術的に優れており、ゲームをプレイする上でのさまざまなオプションとなる15種類の忠実に再現された乗り物から、プレイヤーは状況に合わせてベストなものを選択します。新たに登場するUH-60輸送ヘリは4人の部隊全員をそのまま戦場へ輸送することが可能な他、さらに2人搭乗可能で、搭載のレイルガンで攻撃することができます。

「バトルフィールド:バッドカンパニー2」では、200以上の高性能な銃器へとカスタマイズが可能な46種類の武器のセレクションがあります。ゲーム中15,000を超える装備の変更が可能で、それぞれの部隊メンバーに武器アップグレードとプレイスタイルに最も適した戦闘強化をもたらします。武器、装備の組合せや破壊的な乗り物の他、優位に立つための広範に及ぶガジェットやアクセサリー、キャラクター特性で、プレイヤーは熱い戦いに備えます。

DICEの特徴であるFrostbite™エンジンは総力戦に新たな戦術の幅をもたらすDestruction 2.0をお届けします。「バトルフィールド:バッドカンパニー2」で新たに採用されたシステムによって、戦場はこれまで以上に戦略的になります。遮蔽物を少しずつ削り取ったり、建物全体を破壊し、中の敵ごと崩壊するのを眺めたりすることができます。

「バトルフィールド:バッドカンパニー2」はXbox 360 とPLAYSTATION 3 、PCでヨーロッパでは2010年3月5日、北米は2010年3月10日に発売予定です。DICEについての詳細は www.dice.se または www.ea.com をご覧ください。「バトルフィールド」シリーズについての詳細は www.battlefield.com をご覧ください。尚、価格等の詳細については後日改めてご案内させていただきます。

2009年11月6日

   “ゲーム市場において、いち早く「バトルフィールド:バッドカンパニー2」のようなアクション満載で洗練されたシューティングゲームの一つにアクセスできることは、「プレイステーション」ユーザーにとって素晴らしい機会です。私たちは、DICEのゲームにおける最高レベルのマルチプレイヤー体験の実現を喜んでお手伝いいたします”とSCEA、Publisher RelationsのSVPであるRob Dyer氏はコメントされています。

   “「バトルフィールド:バッドカンパニー2」で私たちは、さまざまな面でマルチプレイヤー体験の水準を引き上げ、オンラインプレイに新しい基準を設定します。グラフィックからビークル、武器や破壊まで、私たちは来年、最高のオンラインマルチプレイヤーゲームをお届けいたします。プレイヤーの皆さんには是非、ベータ版とデモ版をお試しいただければと思います”と「バトルフィールド:バッドカンパニー2」のシニア・プロデューサー、パトリック・バッハは述べています。



コメント

  • ページ編集に関するコメントやページに対する意見・感想はこちらにどうぞ。
  • wikiの編集が出来ない人・分からない人は、こちらにコメントして下さい。
  • 編集して欲しい場合は、編集して欲しい旨とその内容を明確に記入して下さい。
  • 無意味な発言・マナーの悪い発言は削除されることがあります。
  • なるべく名前は、個人の判別が可能なものを入力して下さい。
  • なんかすごいですねww
    とっても面白そうです。 -- (ピーパー) 2010-03-27 21:39:21
  • PCのパワーアップにあわせて試しに買ってみましたが、BF1942からの進歩はすごいですね。構造物が破壊できるのもこれまでのような安地を減らせる良い工夫だと思います。 -- (なっふ) 2010-05-20 07:44:57
  • すごくい物理エンジンが働いていますね。 -- (うが) 2011-07-17 14:26:17
  • 楽しいですよ。自分もやりすぎてここまで到達してしまいましたwwみなさんもどうですか?私が襲いにいきます!! -- (実際に階級30のひとから) 2011-10-11 20:30:39
  • ↑キモ -- (名無しさん) 2014-01-21 03:21:06
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
添付ファイル