※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

獅堂 英司

しどう えいじ


データ

名前:獅堂 英司(シドウ エイジ)

年齢:15歳

性別:男

身長:174cm

体重:65kg

髪:黒色 肌:黄色 瞳:茶色

誕生日:12月18日

所属クラブ:新聞部

クラス:1-D

スタイル:◎トーキー・●フェイト・バサラ

1人称:俺

容姿に関する設定

 実のところ平均点以上の容姿ではある。彼のようなタイプにありがちな脱色はしていないが、髪型や身だしなみにはそれなりに注意を払っている。なのに何故もてないのかと言えば、その辺は不思議なところではある。

 いやホントに不思議だよオレは(学園新聞部調べ)

 餓えてるところが問題なんじゃない?(学園新聞部追補)

なお、英司は防人としての力を振るうとき、髪と瞳が金色へと変じる。変化があったほうがかっこいいから髪を脱色していない、らしい。

設定

 英司は至って普通の、いやむしろちょっとばかり優秀なサラリーマンの家に生まれた。

 何しろ父親はシンガポールに海外赴任、母親はそれについていって一人暮らし状態になっているくらいだ。

 勿論防人やら妖魔やらと生まれつき関わるような家柄でもなく、英司は 平平凡凡と成長するかと思われた。

 しかし、彼の物語はそう安易には進んでくれなかった。

 転生者。

 英司は前世において数え切れないほどの妖魔を屠った一代の英傑、防人だったのだ。

 しかし、その偉大なる力は眠ったまま目覚める事もなかったかもしれない。だが、大いなる力に気づいた妖魔が、それを己のものとするために幼き日の彼をさらった。

 無意識のうちに妖魔の侵食に抗する英司。

 訳がわからないながらも、限界を感じたその瞬間、とある防人が英司を助け出した。

 圧倒的な力をふるい、仲間と共に妖魔を退けるその姿は英司にはまさにテレビ のヒーローそのままに見えた。

 英司はその時の事を防人に忘れさせられてしまったが、心の奥底にその出来事は刻まれていた。

 だから幼い頃の英司は特撮ものを見ては大喜びして、真似をしてばかりいた。

 だが、大きくなるにつれて、英司は次第にヒーローよりも異性の方に興味を移していった。

 モテたい。モテモテになりたい。
 何故だかそんな欲求が心の奥底から湧いてきていた。

 まぁ、英司の熱烈なナンパ活動は実を結ぶことはなかったのだが。

 実のところ、そのモテモテ願望は彼の心の奥底に刻まれた、防人との出会いに由来しているのである。何しろその防人、周りの仲間は女ばかりで見るからに、まぁ平たくいうとモテモテだったのだ。

 そして英司は高校生になり入学した高天原学園で、偶然にも過去の記憶を取り戻し、めでたく心に刻まれていた「ヒーロー」に近づく事ができたわけだが…

 今となっては「モテモテ」のヒーローになりたかったのか、結果もててしまっている「ヒーロー」になりたかったのかは全くの謎である。