オリパンダァー・ムァイの評価試験機その1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

機体一覧

機体名 武装 機体説明
クロスボーンパンダムX1 ササノハザンバー・タケバスター 十字骨パンダムシリーズの1号機、ササノハサーベルの数倍の破壊力を持つササノハザンバーを装備している。この種族の主な生息地は宇宙であるが、このパンダムに関しては陸上でも活動が可能である。

機体名 武装 機体説明
クロスボーンパンダムX2 ササノハランサー、タケヅツランチャー 十字骨パンダムシリーズの2号機、腕にササノハランサーを装備させたパンダム、主に大気圏と宇宙に生息するが、ステルス性が高く、滅多に人前に姿を現さない。

機体名 武装 機体説明
クロスボーンパンダムX3 ササノハブラスター、タケブラスター 十字骨パンダムシリーズの3号機、所持しているササノハブラスターにビームを纏わせる事で威力を上げる事が可能、1~3号機の中で唯一P(パンダム)フィールドを持っている機体である、ただ高出力兵装を持っている分、燃費がよくないのが欠点。

機体名 武装 機体説明
クロスボーンパンダムX1フルクロス ササノハブラスター、Bパンダスマッシャー 最強のクロスボーンパンダム、X1をベースに再設計をし、Pフィールドを装備させたパンダム。体を纏うマント状の物質はAPC(アンチパンダムコーティング)マントの切れ端を集めて作ったもので、パンダムの攻撃をある程度軽減する効果を持っている。

機体名 武装 機体説明
クロスボーンパンダムX1(ヴァニカスタム) ササノハザンバー・νタケヅツランチャー X1が負傷して宇宙を漂流していたところを「あくのけっしゃ」のヴァニが救出、その後傷を治すため色々と改造手術(修理)をしてパワーアップした姿、武装がタケバスターからνタケヅツランチャーに変わっている

機体名 武装 機体説明
パンドルブ 地ならし、パンドルブキャノン 陸戦タイプのパンダムが戦車に乗ったバージョン、人型と比べると機動力が大幅に下がっているが、火力と装甲は格段に上昇している。

機体名 武装 機体説明
PN-X(パンクス) PNビームサーベル、PNビームライフル パンダム初の擬似笹ノ葉炉を搭載した機体、これにより高性能を維持しつつ、長時間笹を食らわずの活動が可能になった。

機体名 武装 機体説明
Oパンダム(実戦配備) ビームサーベル、ビームガン、パンダムシールド 笹ノ葉炉を搭載した全てのパンダムのベースとなった機体、大型のPN粒子貯蔵タンクを持ち、PNドライブなしでも活動が可能になっている

機体名 武装 機体説明
Oパンダム ビームサーベル、ビームガン、パンダムシールド 笹ノ葉炉を搭載した全てのパンダムのベースとなった機体、こちらはグレーカラーで背部に笹ノ葉炉を装備している

機体名 武装 機体説明
パンダムエクシア(リペア) PNソード、PNバルカン パンダムエクシアが長きの戦いで負傷した状態、片目を失なったため索敵能力が低下し、武装も片腕のPNソードとPNバルカンのみとなっている、それでも戦闘能力はエクシアにあまり劣らない








ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。