永江 衣玖


特徴

  • 動きはゆっくりとしていて、飛翔時の旋回性能も高い。
  • 打撃がほぼすべて判定が大きく持続が長め。特に空中打撃の優秀さが際立つ。
  • 6Cという出が速くて強力な速射を持つ。
  • 場を制圧するのが得意。書き換えスキカでも「龍の目」といった強力な制圧射撃も持っている。
  • イクさんのコスト5スペカの竜宮の使い遊泳弾は屈指の性能を誇る。運が悪いと霊珠をクラッシュされ続け挙句に8k以上喰らう事も。

要注意スキカ、スペカ

  • 竜宮の使い遊泳弾
イクさん最大の切り札で、手札にチラつかせてるだけで、どんなキャラでも慄く。
これが手札に見えたら、イクさんの袖の間合いには入らないようにしたい。これは全てのキャラにおいて共通。
一度撃たれるとそのラウンドはまず敗北すると考えて良い。ケロちゃんには一度撃たれると回避手段もなくただガードもグレイズも出来ず嬲られる様を見るしかない・・・
天候が雪になったら、雪が降ってる間に壊したい。
台風になったら・・・合掌。

各種透かし可能技

蓮乗り 2A,3A,Hr3A
C,蛙狩,赤口の低姿勢状態 ・近A,B(密着時と、遠距離で撃って弾が分かれたあとの正面に来る弾はすかせる),C(四散する前),DA(密着時のみ),DB(密着時のみ),DC(密着時のみ),羽衣は水の如く,龍魚の一撃(かなりシビア),静電誘導弾(軌道変化前)龍魚ドリル(先端のみ),雷鼓弾(分裂前),雷雲魚遊泳弾(軌道変化前),
蓮バクステ 通常技はDC、J8A、A連4段目 以外 。J6A8Fはちょっとキツイ。J2Aは3Fしかないので、甘えた登りJ2Aとかには透かし赤蛙で3500↑おいしいです。

中央近Ahit後

AAA> JB >66> JA > JB >66> JA >(着地)>AAA>J2B>J6C (赤字は連続ヒットしない)
対霊夢と同じくまったくコンボがつながらない。
AAA>J2B>J6Cや、AA>B>6Cでダメージを取る方がまだよさそう。
間合い離れるけど、どうせ運送で押し込もうとしても逃げられるし。
ただししゃがみぐらいの場合は高確率で運送コンボにいける。
一つ上の衣玖対策をしたい人はAAAでヒット状態確認する癖をつけてみよう。

対策

立ち回り

速射の6Cと判定の長い空中打撃を振ってくる。基本的に空対空は何を出しても負ける。
飛翔性能も非常に高いため、相手が空中にいるときはむやみに技を振らないほうがいい。
祟りを撒いておくと衣玖側に消せる射撃が少ないのでむやみに攻め込まれずに済む。
空中の差し合いをやるなら鉄輪で。

遠距離対策

とにかく6Cが怖い。萃香の6Bと違って4本まとめて飛んでくるためこっちの射撃が出ていても余裕で貫通してくる。
おまけに6Cの弾道は若干膨らむため上下にずれていても頭や下半身に刺さることが多い。
諏訪子自身射撃が得意なわけではないので射撃けん制はあきらめて丁寧にグレイズして近づこう。
衣玖が平行線上にいなければ、祟りを撒いておいてJ2Aへの抑止力にしておこう。

中距離対策

衣玖さんの距離。J2A、J6Aの範囲ではガード安定、下手に動くと差し込まれて2kほどとられてしまう。
空対空でこの距離だとガード以外の行動はほぼ出来ないといっていい。
鉄輪がLv3以上であれば射撃無しのJ2Aには無敵付の葉乗り鉄輪で差し返せるがタイミングはシビア。
衣玖さんの技は手元にポケットがあるものが多く、もう少し近づくと楽になるためがんばって近づきたい。
一応J6Aを前結界することで距離を楽に詰めることができる。


近距離対策

ここでダメージを取らないと勝機は無い(いつものことだが
地上打撃ならほぼ発生が勝っているので当たる位置なら強気に振っていこう。
衣玖さんは切り返し手段がエレキテルぐらいしかないのでエレキテルが光ってさえいなければがんがん攻めていける。
エレキテル自体もグレイズが可能ですかしてしまえば隙だらけなのでそこは他の無敵切り返しと同じく誘うなりなんなり。
ただ、空対空だと飛翔性能のよさで打撃をすかされてしまうこともあるので注意。
逆に攻められているときは抜ける場所に注意。龍魚の一撃で結界、グレイズ狩りが出来るため安易に射撃で抜けないこと。
密着からスタートでなければ相手は割ることは難しい(と思う)ので途切れるまでガードするのもあり。

衣玖さんの固めの肝である射撃>ジャンプキャンセル>上りJ2Aは、
蓮バクステでJ2Aを透かせば上記の通り赤蛙確定ポイント。
通常の立ち回りでも、ローリスクだと思ってブンブン振ってくる相手には
蓮バクステから反撃が良いダメージソースになる。覚えておいて損は無い。
逆に近距離で下りJ2Aを回避しても近Aの空ガ不可で狩られてしまうのでオススメしない。
が、相手の主軸であるJ2Aを適度に透かす事により
相手にやり辛い印象を与えることができるので、意識してみると多少やりやすくなる筈。