※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おどろき戦隊 モモノキファイブ 用語集
-------------------------------------------------------------------------------------------
/ / / / / は / / / /


ハーバーボンバイエー
第25話において日笠がうろ覚えで発言した「ラジオ関西まつり 〜ハーバーボンバー2009〜」。
萩道彦(はぎみちひこ)
アーツビジョンの所属声優。第5話ヒーロー見つけーローで紹介したフランスファイブのブルー・アコーデオン/アルベール・デュマに顔が似ている事から中村が話題に出し、日笠も共感した。
長谷川明子(はせがわあきこ)
アーツビジョン所属声優で第65・106話でマスコット役として登場し、中村とはアイマスと同作のWEBラジオ・P.S.プロデューサー→ラジオdeアイマSTAR☆のパーソナリティで共演している。愛称はアッキー。ラジオdeアイマshow!第41回では中村に長谷の大仏(鎌倉の大仏)から大仏とあだ名をつけられ(この事を未だ根に持っている。最近になってラジオdeアイマchu!の公録では大仏のマスクを被っていた)、P.S.プロデューサー第1回では中村が2009年の自分の漢字は「覇王の"覇"」と決めた事から、中村を「覇王」と呼んでいたが、中村によく小鼻を触ってる事を指摘されて「小鼻」と返されている(だが逆に中村の方が小鼻をよく触るらしい)。2010年4月24日に行われた同志社大学(京都)のトークイベントに中村、下田と共に呼ばれて第56話とラジオdeアイマSTAR☆活動第30週目(2010年5月13日配信)で事後報告がされたが、長谷川の部屋で中村が先に眠ってしまい翌朝も朝食を抜いて清水寺に向かう事になり(中村が寝坊した為)、昼食のすき焼きも霜降り肉の多さに顔が土気色になる程元気を無くしていたが、その話を聞いていたタクシーの運転手から「お客さん、もしかしてエヴァーゲリヲンの声優さんですか?」と聞かれた事に物凄く反応していた(エヴァーゲリオンは同話のサブタイトルに採用された)。この旅先の部屋でも自室でも物が散らかっている事からラジオdeアイマchu!では長谷川が片付けたい物の音を出して他の2人で当てるコーナー「サウンドスイーパー明子」→「夢の王国アッキーランド」内コーナー「恐怖のアッキー屋敷」を担当している。
羽多野渉(はたのわたる)
81プロデュース所属声優で、中村とはアニメ「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」で共演している。第101話で中村が「また適当な事言いましたでしょ」と言われている話題に登場した。
2016年夏からアニたま枠でアニメ腐男子高校生活のウェブラジオ『ラジオ腐男子高校生活 腐人類みな兄弟!!』のパーソナリティになる。
花澤香菜(はなざわかな)
大沢事務所所属声優で、中村とはアイマスDSと公式動画のディアリーステーション第4回、日笠とはインフィニットストラトス、アニメ版もしドラと「もしドラジオ」、ロウきゅーぶで共演している。中村とは雰囲気が似ているのか気が合うらしい。花澤の描く人物イラストの独特なタッチが気持ち悪いと言われている。THE IDOLM@STER STATION!!!第11回にゲストで呼ばれた際、ダンスが上手い沼倉にアクターズスクールというあだ名を付ける。もじゃ先輩とさくら君第1回の「クイズ・正解はさくらです」では、佐倉が「いつか飼い犬のチコが花澤の声で話し出して欲しいと願っている」と興奮気味に明かした。モモノキでは第126話のサンリオピューロランドで撮った携帯動画を見ながら騒いでいたら、前に居た一般人(と思っていたら花澤)が振り返って「日笠!」と言われた話題で初めて触れられた。
Panasonic(パナソニック)
日笠が第17話スペシャルミッションで次峰のカードとして使った英単語。
バナナケース
第35話収録日の前日、DJCD2収録後に映画「2012」を見終わった2人が映画館の下にある店舗で見ていた商品。そこで商品説明ではなく何の映画を見て来たか聞いてきた店員と話していた中村を置いて日笠はパワーストーンを見に逃げていた。ロンハールーム104回では諏訪部が出先で何か食べられるように丁度いい反り具合の畜光のバナナケースを買ったが台所で夜に光ってビックリしたと語り、石川は同じ事務所の江川央生が朝に1本だけ食べるバナナダイエットで17kg痩せたと語った。全ラまっぱ第1回のPTK(ピートーク)では(※所々効果音で伏せていたが)、浅沼晋太郎の誕生日プレゼントとして贈られた。
はみたん(泊一平)
アイムエンタープライズの社長になったよっぱさんに代わって日笠の担当になったマネージャー→株式会社クレアボイスの代表取締役。DJCD3の納涼船上収録の際に日笠が当初「歯磨き粉」と名付けたが、直後と第76話で「はみたん」と命名された。非常に酒に弱く、第81話で貪欲祭り前日の夜に中村からビールをグラス1杯飲んだだけで顔が真っ赤になった為にコップの水を7人分飲んだが、直後に寄ったコンビニでも2Lペットボトルの水を購入していたと報告される。常にミネラルウォーターのペットボトルを所持しており、第94話にて1日5Lの水を飲むと報告される。その後はトーキョーベースに常備された飲料水を全て飲んでしまった為に、ひみつ図鑑4,5のスペシャルミッションで2人が全国から水を調達する羽目になった。ひみつ図鑑4のOPとひみつ図鑑5のEDと第117話スペシャルミッションでは思わず発した声が収録されている。第126話どーでもニュースでリュックの紐は凄く短くしていると中村がばらす。そして第128話のスペシャルミッションにて、ついに司令官よりモモノキの公式ゆるキャラに認定された。DJCD5のイラストでは身体が歯磨きチューブ、髪と手足はアクアフレッシュのような着ぐるみで描かれている。第158話で日笠、ラジオ「カンピオーネ!」~日笠・日高はまつろわず~第4回では松岡禎丞が思わず発した苗字は「とまり」。
原由実(はらゆみ)
アーツビジョン所属声優で、中村とはアイマスで共演している。第86話にて寿司屋でトネケンを見かけた話題で一緒に寿司を食べに行った後輩として触れられる。アイステでは、(はみたん同様に)普段から水を大量に飲む事が話題に上っており、現場に2リットルペットボトルを持ち歩いたり、自分の部屋に24本まとめ買いした水が積んであると明かされる。
半目(はんめ)
日笠の場合は午前中半目で、中村の場合は写真を撮られる時に半目になる。
ぴーちゃん
第108話スペシャルミッションに登場した、どんな言葉でも真似をするキュートなインコ。空気が読めずに所構わず喋ってしまうのがタマにキズ。メロンブックスのモモノキミュージアムで展示された。
日笠の兄
日笠の5歳上の兄で、番組内に出た情報では、第14話では肌が色白なので妹(陽子)より蚊によく刺される、第18話でドムドムバーガー岡山空港店を一緒に見た話、第20話EDともしドラジオ13回では8月16日が誕生日、第45話では身体が大きいので父に足払いされない、第58・79話では実家で飼っている猫・クロ君(クーちゃん)を唯一ピヨ彦と呼んでいる事しか判明していない。
日笠の父(日笠かつひろ)
実は第6話モモノキ日誌から話題が出ていた日笠陽子の父。誕生日は2月頃。第31話ヒーロー見つけーローで下の名前が判明した。備前焼収集の趣味を持つが、日笠がラジオでその事について語ったため、第11話ではその話に喜んで棚にあった備前焼を1つずつ取り出し白い紙を敷いた上で1個づつ光と角度を指定した写真を撮らされた上に、その備前焼のイラストと説明文を書いた紙を強引に日笠のカバンに突っ込んだ。半年後の第45話で年始に帰省した日笠が棚から備前焼が無くなっている事に気付いたが、盗難防止に隠したとのこと。喧嘩すると、よく足払いされるらしい。年末のけいおん!ライブ後に会った中村の印象によると、日笠の顔は父親似で体格は小柄らしく「確かに壺焼いてそう」とのこと。(実際には壺は焼いてはいない。)個人で映写機(プロジェクター)を持っているらしい。第99話によると、けいおん!!ライブの時に司令官と名刺交換をしたらしい。第112話では昔日笠が買って来た厚底の靴を「なんだこの靴は」と隣の駐車場に投げ捨てたと語られた。
日笠の母(日笠さとみ)
第10話の放送日だった6月11日が誕生日の日笠の母。第19話とクェイサーラジオ第8回で小学生の頃、ザリガニを捕ろうとして川のそばの沼(ドブ)にはまって溺れかけた娘を助けようと「陽子ー!」と叫びながら裸足で駆けて来たエピソードが明かされた。第25話で下の名前が明らかになったが、日笠は名前が同じ読みの佐藤聡美を「しゅが美」と呼び分けているようだ。クェイサーラジオ第18回反省会で最近はメールの末尾に「てへぺろ」を付けている事が明かされたが、顔文字が痛い!(>ω<)←みたいな感じで付けられている。第85話では「おでんの具は大きめに切った方がうまい」という持論があると明かされる。第99話のけいおん!!ライブの話題で「涙もろいのと歌が上手いのは私の遺伝」と中村に話したり、娘への挨拶もそこそこに「しゅが美ちゃん紹介して」と佐藤、豊崎に挨拶に行ったりしたとばらされる。
日笠陽子(ひかさようこ)/モモノキイエロー
普段はアイムエンタープライズ所属の声優。番組の1年目が終わる頃から中村には「日笠」と呼び捨てで呼ばれている。一般的なあだ名は「ひよっち」だが第22話とクェイサーラジオ第1回によると、小学生の時のあだ名は「ヒカサンコン」、中学・高校の頃とクェイサーラジオ内では「ゲル」。イラッとしている時の口癖は「ふざけんなー」、「気持ち悪い」等。ヒーローシアター第1話ではジャコマツ司令官の手紙によりラジカントーキョーベースに呼び出され、(嫌々)モモノキイエローになった。DJCD1で計測された能力は、(ボタンの)連射速度:10秒間に62回、俊敏性(反復横跳び):30秒間に36回、カレーを食べる速さ:58秒。ヒーローシアター第2話では記憶力を生かしてアルバイトの給与明細に書かれたNDの文字の存在と、「銀座の柳」の歌詞から榎本の手紙で指定された場所を当てた。ヒーローシアター第3話では榎本の依頼でドトール司令官を尾行した後に司令官(本物)と竹芝桟橋でバトミントンをしていたが司令官(本物)共々、偽司令官に襲われるが第4話ではそのことを覚えておらず笑い飛ばす。子供好きを自称しているが、中学でソフトボール部だった頃の話とDJCD2ピンクのアルバイト体験内では子供には避けられる傾向がある。ドラクエの夢告白と第47話どーでもニュースによると夢はお金もうけ。実はPSPゲーム『AKIBA'S TRIP』とPCゲーム『いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!』では中村と共演している。
ヒサカキョウコ
公開録音の際に、ホテルで日笠に渡された袋に書かれていた名前。第29話冒頭で早速中村にネタにされた。ただし一般人に知られるのを防ぐ為に事務所が用意した偽名でチェックインを行う場合もある。ロンハールーム第77回(2010年9月17日)で諏訪部はイベントの前乗りをしたホテルでファンに見つかってしまい、そのファンの前でチェックインした際に用意された「ナトリノリユキ」という偽名を小声でフロントに話したと語り、石川は十数年前に組んだ声優ユニット(E.M.U)のイベントでチェックインした際に阪口大助だけ本名で予約されていたと語った。
ピッチングマシン(バッティングマシン)
ラジカントーキョーベースに古くから存在するアミューズメント器具。しかし本来の用途で使用されることはほとんどない。第15・19・20・27・59・67話に登場した駆動音がとてもうるさいピッチングマシン。物の気持ちを代弁する第20話スペシャルミッションでは中村が担当し、話し声が煩く普段食べているのはお米とおにぎり(すぐに出してしまう)、得意技としてボールを投げた。第27話スペシャルミッションでは神戸に持っていく荷物に加えられ、第59話スペシャルミッションで久々の登場を果たしピンクの猫(中村)が日笠を攻撃する際に、第67話ではイエローの世界旅行・シカゴ編でギャングに扮したドトール司令が日笠を銃撃する際に使われた。その1クール後にANI-TAMA-ZOO Safari第2回にも登場した。メーカー不明の「フルスイング!!バッティングマシーンEX」の赤で、らしんばんのモモノキミュージアムで展示された。
ひよ古記
日笠の当初のブログタイトル案。第34話にて明かされた。
ひよっち、気持ちいい
真夏のリレートークCDで日笠が「(いい意味で)ウザい、キモい と言う代わりに 気持ちいい に言い換えれば」という提案。中村に強引に言わせておきながら「あたしのどこが気持ちいいの」と返して余計にウザがられる。
ぴょんぴょこぴょん
第9話で日笠がアドリブで考えた6月の挨拶。第104話で2年ぶりに使われる。
広橋涼(ひろはしりょう)
青二プロダクション所属声優で、中村とは「ルミナスアーク3アイズ・ルミナスアークラジオ放送部」、日笠とは「いちばんうしろの大魔王」での共演者。愛称は「ひろさん」等。第63話で小野大輔がルミナスアークラジオの台本にあった中村(繪里子)の表記を中村悠一と間違えていた件で触れられる。
ファイトだピョン
第28話でモモノキグリーンに促されて隊員達が2人を応援する時に使ったかけ声。第51話ではメロンブックス大阪日本橋店でひみつ集会の参加権10名分を得る為に店員に示すキーワードに使われ、第63話より同店の番組内CMに使われる。
ファイナル・エモーション
ひみつ集会と第55話スペシャルミッションで披露された、フリー音源に歌詞を付けた主題歌と同名の必殺技。日笠がくるっと回って身体をくの字に曲げて横方向にヒップアタックをする技。貪欲祭りではエネルギーが切れたモモノキロボにエネルギーを注入する時に使われた。
フォーメーションP
第29話ヒーロー見つけーローで紹介された「見殺し戦隊アフロ5」が脚の長さをアピールする時に使用する、音符をイメージした難易度4の仰向けになり腰に両手を当て両足を上げるフォーメーション技。日笠が挑戦したが、中村が他のフォーメーションを紹介している間にバランスを崩し、壁に貼ってあるm's(まるなげの番組限定ユニット)のポスターの題字の辺りを蹴ってしまう。中村が「日笠さんが植田佳奈さんを蹴りました」と話を大きくした為に日笠が謝罪文を書く破目になった。
Photoshop(フォトショップ)
第32話どーでもニュースで「魔法のブラ」の宣伝写真で胸の大きさの違いを「別人」とした日笠に対して、中村が主張した超谷間を作る画像ソフト。
副隊長(Charly/西原健太郎)
モモノキファイブの副隊長。番組中に時折入る笑い声の正体で、アニたまではモモノキ以外にも昌鹿野とSafariの構成作家。第15話スペシャルミッション内で役職が明かされた。ハーバーボンバイエーではアンビリーバボーケーブルを引っ張る役としてステージに登場した。第30話では9月が誕生日だが、担当番組のパーソナリティは誰一人としてお祝いしてくれなかった事を中村を通して語った。浜松町潜入大作戦と第56話スペシャルミッションでは「幼稚園スモック」+首にストロー(ゴムホース)を巻いて参加した。第74話によると、収録前に誕生日を(収録時期と第85・126話の発言によると)祝ってもらったらしい。1976年9月1日生まれで36歳。血液型はA型。Safari第27回OPによると同回の収録前に昼寝をしていたら車のバッテリーが上がってしまい、Safari関係者で車を押しに行った際に自家用車がポルシェと判明する。Safari第47回で2人から西やん(西ヤング)と呼ばれていた。Safari第110回では野中藍をエンジェルナンバーうらないで占った際に、野中と同じNo33の結果で大きな転機がある33歳の頃に10年付き合っていた彼女と破談になってしまった事を細谷からバラされる。
福原綾香(ふくはらあやか)
VIMS(アイムの子会社)所属声優でアイドルマスターシンデレラガールズのWEBラジオ・デレラジのパーソナリティの1人。デレラジ第4回のおまけコーナー『魔法が解けちゃった』でナンジャタウンの公録イベントタイトル案を模索する際に(忍者戦隊)カクレンジャーが好きなので『あれは何なんじゃデレラジ』という案を出す。
藤木、藤森、藤田
第30話、誕生日を迎えた隊長(藤林ディレクター)に対して、日笠が番組冒頭のトークを棒に振ってまでしてケーキを贈ったが、シェフ(パティシエ)もプレートの字を日笠に確認させたにも関わらず、そこには藤林ではなく藤木と書かれていた。この流れからわざと2年目に藤森、3年目に藤田とプレートに入れている。
藤田咲(ふじたさき)
アーツビジョン声優で、アニたまでは「藤田咲・田村睦心のなんやかんや」、文化放送では「転ばぬ咲のtwoway」のパーソナリティ。なんやかんやでの愛称はサキンヌで、番組放送時間の前にやっていた「永遠のタカラジェンヌ」から付けたサキジェンヌを略したもの。なんやかんや第15回では中村にキュート→給湯の流れで「ポット」と名付けられる。
ブラック日笠陽子
第36話で自称した心が荒んだ日笠陽子。手を繋いだカップルの間をぶった切る習性を持つ。第17話では日笠がディズニーシーに行った時の話題と、ひみつ図鑑1スペシャルミッション中の海辺で「カップル別れろ」と叫んでいた。
ブラック星博士
2014年春の公開録音に登場した、第10話ヒーロー見つけーローで紹介されたヒーローの敵役。普段戦っている明石市立天文科学館から新快速でやって来てダジャレ攻撃で会場を凍らせかけた。
フラワーゲート
モモノキに初登場して第85話・中村の誕生日回に使われたが、実はその後収録される2010年11月27日放送分で1000回を迎えた「林原めぐみのHeartfullStation」用に作られた運動会等で見られる、お花紙の花で飾られたゲート。その後は昌鹿野243回(収録は85話より前だが放送は後になる)、第92話のゲスト回、昌鹿野247回(鹿野の誕生日回)、ロンハールーム90回(石川の誕生日回)と105回(諏訪部の誕生日回)等でアサミさんによって貼り紙を付け替えて再利用されている。ロンハールーム105回では収録日前日の昌鹿野5周年生放送第3部にゲストで呼ばれた石川がスタジオ入りした際には「5周年おめでとう」より「ハードさんおめでとう」の方が貼ってあったと語り、諏訪部によってフラワーゲートと命名された。
プリキュア
04年から始まった日曜朝8時30分台の女の子向けアニメシリーズ。第17・62話ヒーロー見つけーロー、第35話OP、第44話で中村が好きなキュアレモネードの「はじけるレモンの香り」を話題に上げたり、日笠が好きなふたりはプリキュア(無印)1年目の主題歌が2年目にMaxHeartが付いただけで「コーラス入れただけでOPが出来ると思うなよ」と発言したりした。
ブログ
第1クールでは中村が番組HPの事を指した表現。第41話では中村が電車にお気に入りの手袋を置き忘れて落ち込んだ拍子にパソコンを買った話題で日笠に「ネット以外に使う事があるのか」と聞かれ「ブログ書いてるから」と返したが、以前から中村のブログは月1回程度しか更新されない事がネタになっている。中村は「リンクを追加したからブログ更新した」と言う為、日笠に「それは更新と言わない」と突っ込まれている。第109話では中村が「ブログ飽きてきた」と発言する。
ふわのつぼみ
実在の漫画家。第24話にて、Comic REX2009年10月号掲載ダキマクラブ内で爆笑日笠ギャグの「てへぺろ(・ωく)」を使用したことを事後報告した。同話にて「銭金戦士シュセンドー」、「てへぺろちゃん」、「悪の首領 クロレキーシ」を生み出し、初めて隊員の手によってコーナー1つを全面カットさせた実績を持つ。また、第38話ではテレフォンドラマデホーリーナイ イエロー編に恋人役として登場し、ふわふわ時間に突入した。(この時番組から贈られた何か素敵な物は1年経ってもまだ送られていないと本人のtwitterで明かされる)第42話では、日笠版クロレキーシを送らないことと引き換えにひみつ図鑑2を購入する権利を要求したが、中村からは日笠版クロレキーシを送るまで購入する権利がないと宣告された。第100話では隊員証を希望したが、「呼び名が変わったのは収録後にトイレで腹パンされたのでしょうか」の後に書かれていた事に中村がイラッとしたので却下された。
ベーコンレタス
第35話ヒーロー見つけーローで紹介されたヨナバルファイタースリーが芝生に寝転がった写真を見た日笠が、SLAM DUNKのアニメ版ED2世界が終るまでは…のラストシーンの話題中にした表現。Bacon Lettuce、略してBL。
ペーパータオル
別名は「紙ナプキン(生理用品ではない)」。主に中村が収録中に出るワキ汗を拭う時に使われる。第17話以降は輪ゴムを繋げたものを肩に通し、腋と輪ゴムの間に挟んで固定した。物の気持ちを代弁する第20話スペシャルミッションでは中村が担当した。
へけぇっ
ある隊員が今流行っている言葉として「てへぺろ」を使った所「何それ、ハム太郎?」と返されたことから、その後日笠がハム太郎のセリフを真似した「へけっ」が7月後半の挨拶になった。
ポートピィヤァーホール
2012年3月に神戸で行われるモモノキフェスティバルの会場。日笠が小島よしおの口調で発音して以降はこう言い続けている。
細谷佳正(ほそやよしまさ)
マウスプロモーション所属声優で、アニたまではANI-TAMA-ZOO Safariのパーソナリティ。Safariでの愛称は「ほそヤング」。趣味は占いだが、本当は占ってもらう方が好き。もしドラと妖狐×僕SSでは日笠と共演している。ラジオ章樫『整理整頓』第2回のOPトークではタイトルコール後に名乗るまで日笠が『佳正』の読み方を知らなかった事が判明した。
ほろろ(ふはははふららぁ)
日笠の笑い声。最初は第57話で指摘され(この時点ではふははふららぁ)、その後第122話のスペシャルミッションで「ほろほろ」、その後さらに「ほろろ」となり定着した。

おどろき戦隊 モモノキファイブ 用語集
-------------------------------------------------------------------------------------------
/ / / / / は / / / /
 
|