※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十三章「プライド」
前編


「ねぇ。私、あなたが好きなの。」

ハクの前に現れた少女はそう告げた。

カツン。カツン。

次第に少女はハクとの距離を詰めてゆく。優雅なその歩みは、どこか獲物を狙う蛇を連想させる。

カツン。カツン。

ハクは無意識の内に後ろに退いた。だが数歩下がったところで壁にたどり着いてしまった。

カツン。カツン。

少女は動揺するハクの様子を小動物を愛でるように眺める。

カツン。カツン―――

呂姫はハクの目の前に立ち、舐めるようにハクを見つめる。

黄金のしなやかな髪が、白く玉のような肌が、小さな甘い唇が、ハクの全てを魅了してゆく。
理性だけが、今のハクを保たせていた。

「そんな怖い顔しないで…ね?」

呂姫の細い両腕が首に回り、彼女は顔を近づける。銀の眼は蒼天のように澄んでいて濁ることを知らない。水晶の瞳に見据えられ、ハクは抵抗すら忘れていた。


―――とすん、と。
ハクの躯に呂姫の躯が重なる。やわらかい甘い香りが、耳元に聞こえる吐息が、確かに感じるぬくもりが、胸から伝わる小さな鼓動が、ハクの理性を次第に壊してゆく。



そして悪魔は囁いた。



「ねぇ……私と……一つに……」


呂姫は静かにその唇を近づけた。直に感じる彼女の吐息に、目前に迫る甘い唇に、ハクは本能に抗う術を失った―――



一切の抵抗も出来ずにハクは為されるままになる。
唇が近付く寸前、あたしは笑った。


―――大した事ないわね。大黒様も何でこんな奴に興味を持ったのかしら―――



直後。

「――――ッ!?」


あたしは床に倒れた。唇が触れ合う寸前に……ハクが突き飛ばしたのだった。

「―――――――」

ハクは無言のまま軽蔑するかのように睨みつけてくる。その眼は冷たく、恐怖さえ感じた。

「な、何よ…」

あたしは困惑していた。完全な拒絶。嫌というほどの敵対心。それを全身に浴びようとは夢にも思わないから。

「――お前は綺羅祭壇の回し者か」

彼の声は否定を許さない。彼はあたしの一瞬の油断を見抜いて、その裏にある策略をも見抜いていた。全てを悟った彼の前に、あたしは何も言えなくなる。

「こんな……人の心を踏みにじるような事までして……納得いかねぇ……!」

彼は怒りを露わにするかのように、握った拳で空を切った。その怒りは行きどころを無くして、声だけが教室に響く。


あたしは悔しかった。
あたしは自分に自信があった。今までこんな拒絶を受けたことなど、なかった。
認められない、受け入れられない。それが―――悔しい。

「…………」

彼はあたしをいないかのように無視して扉へと向かう。

あたしは悔しくて悔しくて、憎くて憎くて、…彼を叩きのめしたくなって。
気付けばあたしは、教室にあった傘で振りかぶっていた。



そしてまた気付いた時には、傘を弾かれ赤い模造刀を顔に突きつけられていた。

「お前らの頭に伝えろ。俺はお前らなんかには負けない。必ずやこの学校を治めてみせる、ってな!!」

彼はそう言い残して教室を去った。


―――ガタン。


何の音か理解するのに数秒掛かった。……それはあたしが床に崩れ落ちた音だった。
認めたくない。認めたくなかった。誘惑に失敗したことも、武が及ばなかったことも。そして、拒絶されたことも。
けれど現実は優しくなんかなくて、教室に惨めに崩れてるあたしと、情けなく骨が折れた傘が全てを証言している。

「……くぅ……」

彼が憎い。他人にこんな強い意識を持ったのなんて初めてで。
悔しくて悔しくて、制服をきつく握りしめてるあたしがいた。けど何も変わらない。現実も何もかも。握れば握るだけ皺が増えてった。



だけど。



一つだけ変わってしまっていた。



たった一つだけ。



fin