※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第百六話
「曹操が来る・前編」

『本日も被害者は二万人に登り…プツン

ー徐州、ホウ城ー

陶謙「…もういい…。もうダメだ。我が国も…、民も…。」

側近「……。」

Co.kinを吸収した曹操の大殺戮行軍を抑える力は、徐州には無い。
陶謙「……、降りたいやつは降ってよい。あの曹操が受け入れるとは思えんがな。」


「随分、落ち込んでるね、陶謙さんよぉ。」

陶謙「そなたは誰だ?」
「公孫サンの援軍として来た、劉備ってもんさ。」

陶謙「随分遅いが、あの曹操を止められるとでも…?」


劉備「さあね、でもやるっきゃないんだろ?」

陶謙「やるっきゃない……?」


劉備「さあ、関羽、まずは戦場となりそうな場所を探さねーとな!」