※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第九十七話
「仕官願い」


劉備達は公孫サンから徐州救援の指示を受け、出立の準備を始めていた。


『徐州の民、大量虐殺。』

連日、トップニュースを飾るこの事件は、曹操の父を警護した徐州の兵が、職務を怠り、それを見殺しにしたことから端を発する。


曹操はその件の責任を徐州牧、陶謙に着せ、徐州の民を虐殺しながら侵攻していった。

劉備はその援軍として徐州へ派遣されるわけである。


劉備「ん?君はあの若武者君じゃないか。」

趙雲「劉備殿……、私も連れて行ってはもらえぬでしょうか。」


劉備「仕官かい?」

趙雲「はい。あなたを…、戦える場所を探しておりました。」

趙雲の若い顔が少し強張っていた。